清水の頃・小学時代(一)


  梅雨雲や鈍行軋むチョコ苦し


 栃木県佐野市から一歩たりとも外に出たことのない一家が、静岡県清水市へ転居します。昭和三十七年六月十三日。前の晩は母方の叔父の家(母親の生家)に泊まり、駅までは誰の見送りもありませんでした。

 父親は、ごくまれに急行を利用するくらいで、特急電車などには絶対に乗りませんから、長距離とはいいながら、もちろん各駅停車の旅です。
 しかし当時はそれが当たり前だったようで、東京駅で乗り継いだ普通列車には、足利から清水へ転勤する父親の同僚の家族が乗り合わせていて、わたしはチョコレートをもらいましたが、すこしも甘くは感じられませんでした。
 新しい環境に移らなければならない不安と緊張を、そのときははっきりと意識しなかったまでも、やはり神経はおかしくなっていたようです。

 転居先は、幕末の剣客であり、明治の政治家でもある山岡鉄舟が再興したことで有名な鉄舟寺の近くにある四階建社宅の二階で、昨日の雨の名残りの大きな水たまりをよけて中に入りました。
 部屋は2DKの造りで、水道があって、お風呂もあります。わたしは清水でいきなり大金持ちになったような気分にひたり、カルチャーショックを受けました。

 新しい小学校に初めて向かう道の途中の角に大きな石があり、わたしが「この石を学校に向かう目印にしよう」と思った途端に、同行していた父親が、わたしが今脳裏に浮かべたことと、寸分違わぬことを口にしました。
 そしてその瞬間にわたしは「いつもこうだ。お父さんは、ぼくがわかっていることや、これからやろうとしていることを、いつも先に言って、そしてやってしまう」と思ったのです。今まで無意識にあった父親に対する反発が、このときに初めて意識化されました。

 ……まだ佐野にいた頃、神社で野球をやっていて右膝に怪我をして、大量の血が流れ、近所の人たちが家まで運んでくれましたが、母親は留守でした。そしてこのときにもわたしは「いつもこうだ。お母さんはぼくが困っているときに、いつもそばにいてくれない」と思ったのです。

 しかしわたしが五円玉をもてあそんでいるうちに誤って喉に詰まらせてしまったときに、母親は大慌てでわたしを背負い、医者まで運ぼうと、外へ駆け出しました。
 そしてそのときの振動で、わたしは五円玉を母親の背中に吐き出すことができましたが、わたしはこの一事があるので、母親とは折り合いをつけて暮らすことができました……。

 転向してすぐに夏になり、体育の水泳の時間となりましたが(あとにもさきにもこの小学三年のときに、わたしは生まれて初めてふんどしを締めました)。何回目かの授業のときから、わたしは奇妙な行動を繰り返すようになりました。
 それは(このプールは縦が二十五メートルで、横がその半分くらいでした)授業の終わりが近づきますと、わたしはプールの横を半分くらい泳いで、「大丈夫だ。ぼくはここまでなら確実に泳げるんだ」ということを何度も何度も確認するようになってしまったのです。

 自分でも「これはすこしおかしいなあ。こんなに何度もやることはないのになあ」と思いつつ、どうしてもその確認行為から抜けることができませんでした。
 わたしの生涯の病である強迫神経症が、このときに発病したのかもしれません……。
[PR]
# by aizan49222 | 2010-02-24 14:37 | 愛山自伝・俳句と短歌
ペットショップの猫
わたしが猫と親しく接するようになりましたのは二十年ほど前、その頃はさかんに結婚披露宴の司会をつとめておりましたが、引き出物でもらいました鰹節がだいぶたまり、その処理のために、鰹節をアパートの縁側に出しておいて、庭を横切る野良猫たちに食べてもらったことがきっかけですが、その後わたしは猫を題材にした新作講談を創るほどに(「野良猫」「ベラ」)猫に大きな関心をもつようになりました。

今のわたしは週に二日ほど散歩がてらに三十分ほど歩き、大型ホームセンター内にあるペットショップの猫を見ることを楽しみにしております。

わたしは野良猫がいちばん好きですから、ペットショップにいる猫たちの血統がドウタラ、コウタラという難しいことはまるでわかりませんが、スコティッシュフォールドという猫が一目で気に入りました。

 このスコティッシュフォールドは、誰が見ても、猫の姿形です。すこしも気取っていません。色だって濃いグレーで、もうすこし薄汚くすれば、こんな野良猫はゴロゴロいます。茨城で生まれて、まだ三か月の男の子と女の子。姉弟の可能性が高いです。

わたしはこうしてその店を訪れれば必ず三十分は居座って猫を眺め、わたしと同じように猫に見入っている他のお客たちの横顔をみつめます。

 わたしは独り暮らしですから、慈愛に満ちた眼差しで、幸せそうに猫を眺めている人たちの顔を見て、初めて自分も幸福な気分に浸れます。ペットショップに集うお客さんたちが、わたしの疑似家族となります。

 ……今日もペットショップに行きましたが、何と見慣れたロシアンブルーとアメリカンショートヘアーのウインドウケースが空になっているではありませんか。

 ……きっと飼い主が決まったのでしょう。
 まだスコティッシュフォールドはいますが、わたしは急に淋しく、そして虚しい気分になってしまいました。
猫にとっては、人に飼われることが幸せなのか、それともペットショップのウインドウケースの中にいるほうが幸せなのか。

 それは誰にもわからないと思ったからです。
[PR]
# by aizan49222 | 2010-02-21 18:14 | 愛山メッセージ
4月追加スケジュール
「愛山・喬太郎二人会」
4/30(金)18時
お江戸両国亭(JR両国駅東口5分・地下鉄大江戸線両国駅A5出口 
           本所警察隣・墨田区両国4ー30ー4両国武蔵野マンション1F)
2千円(全当日自由席・予約前売ブログプリント割引なし)

こはる・神田春陽・「おたのしみ」柳家喬太郎・「天保水滸伝笹川の花会」神田愛山
(仲入り)「露地野ぼん子作高校三年生」神田愛山・「吉田御殿」柳家喬太郎


その他の3~4月愛山出演スケジュールは下記をクリック!
http://aizan49222.exblog.jp/12830205/
[PR]
# by aizan49222 | 2010-02-20 18:59 | 愛山出演スケジュール
佐野の頃(二)


  唐突に無花果落つる蛇這ひぬ


 わたしの生家は借家で、狭い庭にはガーベラの鉢が置かれて、共同の井戸があり、周りはとにかく狭い道でした。と、その日、遊びにいこうと家を出たわたしの目の前に、向かいの家の木から無花果が黒塀越しに落ちてきました。そしてその落ちた無花果の先に蛇がいたのです。
 その生で初めて見る蛇の姿は何とも不気味で、わたしはそれ以来巳年であるにもかかわらず蛇が苦手な動物となってしまいました。が、この路地裏を、近所のパン屋さんに嫁ぐ花嫁が、介添えのご婦人と共に挨拶まわりをしながら歩いていった、その絵に描いたような嫁入りの風景を、今でもはっきりと覚えています。


  来し方や氷つひたる雪だるま


 子供の頃のわたしはルガー拳銃を格好いいと思い、巨人と栃錦を応援し、漫画にも夢中になりました。しかしどうしてもうまく世の中に溶け込むことができません。とにかくすぐに対人関係で萎縮してしまうのです。

 ……我が家にテレビが置かれましたのは昭和三十五年、わたしが小学一年のときでした。母親が「テレビがきたよ」と、わざわざ学校まで知らせにきたのです。

 色々な子供番組がありましたが、わたしは「七色仮面」に夢中になりました。わたしの人生の中で、一番幸せだった場面は、あの番組を観ていたときです。そしてそれは未だに同じこと。できることならもう一度「七色仮面」を観てみたい。それは痛切な思いです。

 また大喜利番組の走りである「お笑いタッグマッチ」も忘れられない思い出です。記憶違いもあるかもしれませんが、春風亭柳昇師の司会で、柳家小せん師、三遊亭小円馬師などが出演されていたことを覚えています。この「お笑いタッグマッチ」で、わたしは寄席の世界を初めて知りました。衝撃的な番組でした。


  定めにてふる里離る少年の心隠せるおどけのポーズ


 その日帰宅しました父親が「決まった」と一言いいました。寡黙で、無表情な、普段の父親には似合わない興奮した声です。父親の静岡県清水市への転勤が決まったのです。でもわたしには寝耳に水の話ではなく(家庭内で以前からからそういう話は出ていたのでしょう)そうか、やはり決まったのかと、子供心にも思ったことを覚えています。

 そしてそれからというもの、わたしは近所の人たちから「大変だねえ」と何度もいわれましたが、お別れの記念に母親の友人の家の庭で写真を撮ったときも、学校の教室でクラスメートたちに挨拶をしたときも、わたしは妙におどけたポーズをしてみせました。

 わたしは生まれた土地を離れなければいけないことに困惑していたのです。
 しかし自分の気持ちをどう表現してよいのかがわからない……。
 で、おどけたポーズをしてみせた……。
 それ以外にあのときの心理を説明できません。
 昭和三十七年六月に、わたしは栃木県佐野市を去りました。
 小学三年のときでした。
[PR]
# by aizan49222 | 2010-02-18 12:03 | 愛山自伝・俳句と短歌
書く講釈師
昨年の夏にパソコンが壊れて、新しい物を購入、設定、立ち上げるまでにひと月の間があり、そうすると当然それまでパソコンに費やしていた時間に穴があき、その空いた時間をうめるべく、読書の習慣が復活しました。

 吉村昭です。

この先生の作品を初めて読んだのは自由律の漂泊の俳人尾崎放哉を描いた「海も暮れきる」で、次に「長英逃亡」(高野長英はわたしの持ちネタにありますので参考のために読みました)。

 いずれも一読して、その丹念な取材と緻密な描写に驚嘆の念を抱いたものです。
 そしてさらに「破獄」(何度も刑務所から脱走した男の物語)「仮釈放」(仮釈放した者の、その後の人生)「殉国」(ある一兵卒の沖縄戦線)と読み続けて深い感銘を受けましたが、いつのまにかわたしは吉村昭から離れてしまいました。パソコンの将棋と麻雀ゲームに時間をとられるようになってしまったからです。もう六、七年は経ちましょうか。

 ですから半年前の夏が久しぶりの吉村作品との対面となりました。 「天に遊ぶ」(掌編小説集で、わたしは講談ショートショートをやりますから、大いに興味をもって手にしました)「桜田門外ノ変」ときて、あとはもう手当たり次第です。まるで堰を切ったかのように、古本屋で求めた本を、求めた順に読み続けます。

 この先生の真骨頂でありますドキュメント小説といいましょうか。記録文学といいましょうか。現代、時代物を問わず、事実と事実だけを作家の眼で淡々とつなぎ合わせて小説世界を構築する一連の作品群には本当に唸ります。

そして自然に、この先生は「書く講釈師」だなと思うようになりました。昔の講釈師は調べたものを高座で演じ、語ってきましたが、この先生は調べられたものを「語らず」に「書いた」のです。ですから吉村昭は「書く講釈師」ということになります。

ちなみにこの先生は昭和二年生まれで、お若い頃に肺結核を患われたそうですが、それはわたしが惚れきるまで惚れきり、面識を得、人生の師と仰ぎました結城昌治先生と同じ生年に病歴でありました。
どうやらわたしはこうして死と隣り合わせに生きてこられた作家の方々が描く世界に強く惹かれる傾向があるようです。

……たまにはパソコンを休みましょうよ。本を読みましょうよ。べつに罰はあたりませんよ。
[PR]
# by aizan49222 | 2010-02-14 11:38 | 愛山メッセージ
神田愛山の講談読み物帳 開設!
 わたしは野良猫が好きで、これまでにも何匹か手なづけてきましたが、今の住まいは野良猫と遊べる環境にはなく、すこし欲求不満になりかかっておりましたが、その思いが、猫の代わりに鳥を手なづけてやろう。巣箱を庭に置いてやろうという発想につながったのかもしれません。

 で、早速地元のホームセンターに行って718円の巣箱を買ってきました。一番安かったのは600円のものでしたが、これは一間で狭く、まるで独房のような感がしましたので、二間ある718円のものにしたわけです。

 しかしわたしには鳥に関する知識など何もありませんし、カラスに荒らされても困りますので、餌を置くつもりもありません。ただ巣箱をセットするだけ。
 これで本当に鳥が入居してくれるのでしょうか?
 このブログも、読んでくれる人がいるかどうかもわからないのに、とりあえずこうして開設だけはしたのです。
 つまり巣箱を求めた発想とまったく同じなのであります。

 ……昨年末に田辺一鶴先生が亡くなられました。わたしが先生の講談を初めて聴きましたのは、もちろん出世作となりました「東京オリンピック」。NHKテレビの放送で、子共心にも、ずいぶんにぎやかな講談だなと思った記憶があります。高座を離れても非常にお喋りな先生で、その頃の講釈場の若き定連で、後に漫才師となりました高峰天童(故人)を喫茶店に誘い込み、天童に一言も喋らせることなく、自分の好きな将棋の話を口角泡を飛ばして二時間語り込んだという有名な話が残されています。

 しかし、その別れ際、さすがに天童が一言。
「先生、私は将棋をまるで知らないんです!」
いつも重い鞄を抱えて、トンカツが埋没するかと思うほどにビチャビチャとソースをかけ、先生の複雑な生い立ちを聞かされて、あの破天荒な高座は、その複雑な生い立ちに原因があったのではないかと分析できたのは、お亡くなりになられる数ヶ月前のことでありました。楽屋でずいぶん将棋を指しましたが、将棋だけは本格派で(失礼)その内にふらりとお邪魔して、お稽古をお願いしようと思っていた矢先の訃報でありました。

 先生は大勢のアマチュアの方に講談を教えておられましたが、わたしも教えています。
その発表会の席へ、ぜひともご来場下さいませ。


「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会~結城昌治作品集」
2/28(日)13:30
らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点・岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F)
2千円(ブログプリント持参割引有り)
「結城噺」神田愛山
「遺書」露地野一文(神村昌志)
「替玉計画」露地野ぼん子(神門久子)
「ものぐさ太郎」「葬式婆さん」神田愛山
[PR]
# by aizan49222 | 2010-02-11 14:24 | 愛山メッセージ
3月~4月のスケジュール
「自宅講談会六畳庵」
愛山宅(狛江市)2千円(割引なし)
日時完全予約制…2人以上でお申込みの方限定
(お申込みは必ずお電話で03ー3430ー6615愛山工房)


「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会~結城昌治作品集」
2/28(日)13:30
らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点・岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F)2千円(ブログプリント持参割引有り)
「結城噺」神田愛山・「遺書」露地野一文(神村昌志)・「替玉計画」露地野ぼん子(神門久子)・「ものぐさ太郎」「葬式婆さん」神田愛山

「第11回四ッ谷コタン講談会」
3/5(金)
ライブハウス四ッ谷コタン・2千円(割引なし)+ワンドリンクオーダー制(新宿区若葉1ー9金峰ビル101)
「前講」神門久子「高野長英」「(露地野裏人作)マイホーム」神田愛山
…四ッ谷駅(四ッ谷見附交差点側)を出て新宿通りを上智大学とは反対方向に直進5分程歩くと左側にジョナサンがあり左折すぐの角を右折突き当たって左折15m程先左側ビル

「講談新宿亭」
3/10(水)(昼)12:30(夜)17:30
新宿永谷ホール(西武新宿駅を職案通り方面へグリーンプラザ先・新宿区歌舞伎町2ー45ー5新宿永谷ビル一階)各1500円(割引なし)
愛山(夜の部トリ)他日本講談協会会員交互出演

「黒門町本牧亭講談定席」
3/13(土)15(日)4/10(土)11(日)
日本料理本牧亭(台東区上野1ー11ー9黒門小学校そば)2300円(割引外)
愛山他日本講談協会会員交互出演

「講談広小路亭」
3/18(木)4/19(月)12時
お江戸上野広小路亭(上野広小路交差点角)2千円(割引なし)
愛山他日本講談協会会員交互出演

「講談・落語たっぷり会」
3/19(金)4/22(木)12:45
お江戸日本橋亭(地下鉄三越前駅A10出口中央通神田駅方面初角右数分)2千円(ブログプリント持参割引有り)
「般若のお作」神田愛山・立川談幸・宝井琴調・三遊亭竜楽

「松丘亭寄席」
3/24(水)4/28(水)19時
多磨墓地永福寺(西武多摩川線多磨駅下車線路沿いに白糸台方面へ5分踏切そば)500円以上(割引なし)神田愛山・林家時蔵・柳家蝠丸・瀧川鯉昇・三遊亭右左喜

「神田愛山独演会」
3/26(金)19時
らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点・岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F)2千円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題「天保水滸伝(六)平手造酒の最期」他新作一席
…自主制作CD発売!

「神田愛山独演会IN大阪」
4/16(金)18:45
薬業年金会館5F和室(地下鉄谷町線谷町六丁目駅4号口隣)2500円(ブログプリント持参割引有り)
「前講」旭堂南海・「天保水滸伝笹川の花会」「(露地野裏人作)ポッタン」「(露地野ぼん子作)修学旅行」神田愛山
…自主制作CD発売

「第4回(富山県)高岡講談会~神田愛山とアマ弟子(地元出身)の会」
4/18 (日)13:30
高岡文化ホール(多目的ホール…高岡市中川園町13ー1越中中川駅徒歩3分)1500円(高校生以下500円)
「高野長英」神田愛山・「長短槍試合」「(菊池寛原作)敵討ち母子連れ」神門久子・「葛飾北斎と谷文晁」神田愛山
[PR]
# by aizan49222 | 2010-02-11 13:36 | 愛山出演スケジュール
佐野の頃(一)


 命萌ゆ父鯉のぼり作りをり


 わたしは昭和二十八年に栃木県佐野市で生まれました。物心は三才の頃につくといわれていますが、わたしの脳裏に残っている最初の記憶が、冒頭の句となります。眠りから覚めた(意識が生まれた)わたしの目の先に鯉のぼりを作っている父親の姿があったのです。母親が手伝っていたことも覚えています。

 しかしそのときのわたしに鯉のぼりなどがわかろうはずはなく、あのとき父親は鯉のぼりを作っていたのだということがハッキリわかりましたのは、父親は将棋を指しますが(アマ有段者)父が指した将棋の棋譜が地元新聞に掲載されて、その切抜きを読んだ小学校高学年のときです。父親の職業は(後に工員に転じますが)鯉のぼり製造業となっていました。

 
 厄除けの寺にて遊びしあの頃は友の匂ひに水のうまさよ


 わたしの生家の隣が神社で、子供たちの格好の遊び場となっていましたが、近所にあったお寺の境内でも、よく野球をやって遊びました。佐野の人たちが「春日岡さん」といって親しんでいた春日岡山転法輪院惣宗官寺。佐野厄除け大師のことです。社会運動家田中正造の墓もあり、この寺でラジオ体操に参加した思い出もありますが、今では全国区の知名度になっていて、本当に驚いています。

 ……こうして外見上はごく普通に友だちと遊んでおりましても、わたしは耐えず緊張し、怯え、不安感に苛まれていました。学校も仮病をつかって早退してしまい、登校拒否の走りでもありましたし、とにかく世の中が怖くて仕方がないのです。

 しかしそうかといってこんな風な性格が形成されてしまった直接の出来事があったわけではありません。
 生まれついての内因性の鬱があるのか、それとも両親に一度としてほめられたことがなく、また甘やかされずに育てられたことに端を発しているのかはわかりませんが、ごく自然の成り行きでこうなってしまいました。
[PR]
# by aizan49222 | 2010-02-11 13:29 | 愛山自伝・俳句と短歌
神田愛山プロフィール
f0213653_15404991.jpg
二代目神田愛山略歴  本名:佐藤清高

昭和28年11月26日栃木県佐野市出身 駒沢大学中退
昭和49年2月神田山陽に入門一陽
昭和52年5月一陽のまま二つ目昇進
昭和62年4月二代目神田愛山を襲名真打昇進
昭和56年1月第四回本牧亭講談奨励賞授賞
平成13年6月第六回小説新潮「体験小説」入選

《得意演目》
(連続講談)清水次郎長伝・双蝶々廓日記・千代田の白浪・花川戸助六伝・白子屋政談・
赤穂義士伝・徳川天一坊・怪談他一席物多数

(新作講談)講談私小説(連続講釈師品川陽吉伝)・講談ショートショート・露地野裏人
作品・荒井到作品・露地野ぼん子作品

(文芸講談)結城昌治作品・菊池寛作品(メンタル講談)アルコール依存症や神経症等心
の病をテーマにした作品集

《著書》
「酒とバカの日々」木耳社 平成元年4月刊
「アル中酩々伝」 五月書房 平成元年10月刊
「酔って件の如し」五月書房 平成2年10月刊
「どうしょうもないわたし…の酒 」五月書房 平成4年10月刊
「バイ菌は悩まない」五月書房 平成9年11月刊・なだいなだ共著


連絡先TEL.03-3430-6615  愛山工房


プロフィール写真f0213653_15281590.jpgf0213653_15294729.jpgf0213653_1531768.jpgf0213653_15315417.jpgf0213653_15325437.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
# by aizan49222 | 2010-02-11 13:25 | 愛山プロフィール
自主制作CD情報
「神田愛山自選講談集」

(自主製作CD・自宅収録・各2千円・パソコンで記録したディスクのためプレイヤーの仕様によっては再生できない場合がございます)通販はいたしません。

・愛山主催会のみにて発売

(1)「(寛政力士伝)谷風の情相撲」「(講談私小説)酒の染み」

(2)「蜀山人」「気になる男」

(3)「(難波戦記)真田の入城」「あの時の男」

(4)「(赤穂義士銘々伝)大高源吾」「(講談私小説)真剣師」

(5)「(赤穂義士銘々伝)二度目の清書」「(露地野裏人作)温かい年賀状」

(6)「般若のお作」「(露地野ぼん子作)修学旅行」

(7)三家三勇士「三十三間堂通し矢」講談私小説「強制送還」


(別巻1)「天保水滸伝(一)繁蔵相撲の啖呵」「天保水滸伝(二)鹿島の棒祭り」

(別巻2)「天保水滸伝(三)ボロ忠売り出し」「(四)笹川の花会」

(別巻3)天保水滸伝(五)「潮来の遊び」天保水滸伝(六)「平手造酒の最期」

[PR]
# by aizan49222 | 2010-02-11 12:47 | 愛山自主制作CD情報