<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
牛乳
《電気カミソリ》
 近所のジャマダ電機(仮名)で安売りのヒズミ製作所(仮名)の電気カミソリを購入しましたところ3か月半で充電できなくなり、値段が値段だけに保証書を使うのも面倒と、また同じ物を求めましたところ、今度も3か月半で充電できなくなってしまいました。
 ヒズミ製作所さんよ、これはいくら何でもひどすぎませんか!?
 せめて「この商品は3か月半限定使用」との表示を願います(笑)。

《牛乳》
 真夜中の突然の下痢に嘔吐という症状が、8月に3度もありました。
 べつに腐ったものを食べた覚えはないのですが、そのうちに(これは牛乳が原因なのかもしれない)と思い至るようになりました。
 昨年末から就寝前にミルクココアを飲む習慣ができたのですが、この牛乳が体質に合わなくなってしまったのでしょう。
 わたしは子供の頃から牛乳を飲むと鬱気分におちいり、ここ何年も口にしなかったのですが(ココアに溶かせば大丈夫だろう)と飲み始めたのがいけなかったのかもしれません。
 加齢にともなうストレスもあり、心身不調は未だに続いていますが「あなたは心身不調のほうが高座が輝いている」とほめてくれた人がいて、人間何が幸いするかわからないと痛感しました(笑)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


[PR]
by aizan49222 | 2018-08-27 21:56 | 愛山メッセージ
釈場狂歌
《不運な男》
 駅の1番線ホームに立ちますと必ず先に2番線ホームに電車がきます。
 2番線ホームに立ちますと必ず先に1番線ホームに電車がきます。
 交差点に立ちますと進むべき方向の信号は必ず赤です。

《サマータイム》
 二年後のオリンピックの暑さ対策のためだけというサマータイムを導入するのはやめてください!
 サマータイムを導入すると機器の修正や睡眠障害等大きな問題が生じるというのに、国民生活をオリンピックの犠牲にしないでください!
 開催時期をずらす以外に酷暑に対する解決策はないはずです。

《鰻丼》
 たまには贅沢に鰻丼でも食べようかと思いましたが、やはり一人一食の食費に2000円も3000円もかけることはできません。
 で、思いましたが、ひょっとするとグルメとは「食費に対する金銭感覚がずれている人」をいうのではありませんかね。
 ま、それならばそれで構いませんから、どうかわたしに鰻をご馳走してください(笑)。

《ペリリュー島》
 日本軍1万人が玉砕したペリリュー島。
 この激戦が漫画になっていることは知りませんでしたが、ペリリュー島から生還した元兵士の中には漫画家の取材に応じた者もいれば、戦争を知らない漫画家に戦争を描けるわけはないと、協力を拒んだ元兵士もいるといいます。
 たとえ考え方は違っても両者の亡き戦友を想う熱い気持ちは同じで強く胸を打たれます。

《釈場狂歌》
8月は6日9日15日心に沁みる「骨の音」かな(変常亭)

(注・6日は広島に、9日は長崎に原爆が投下された日で、15日は終戦の日。「骨の音」は結城昌治先生原作の戦争をテーマにした短編小説で、わたしが講談にしてご好評をいただいております。ご定連の変常亭さんから贈っていただきました)

『講談カフェ昼席』
8/21(火)13:15
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ワンドリンク付・ブログプリント持参割引なし)
いちか・神田真紅・神田春陽・神田織音(仲入り)神田愛山 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
by aizan49222 | 2018-08-18 22:03 | 愛山メッセージ
貞橘君の会
《老武士》
 翁長沖縄県知事が亡くなられました。米軍基地問題で国を相手に孤軍奮闘。
 わたしは政治信条を離れて、その姿に戦国時代の気骨ある老武士の面影を見ておりました。
 沖縄のアイデンティティを訴える静かな闘志の中に、壁草履大臣や滓陰謀長官(共に仮名)と刺し違える覚悟があったのかもしれません。
 志半ばで亡くなられ、さぞかしご無念なことでありました。
“惜しいつぼみは散りたがる。どうでもいい奴ぁ後に残る”
 合掌。

《貞橘君の会》
 釈界は貞橘、春陽、鶴遊あたりに後事を託すことになるでしょうが、主催する人から「貞橘君の会に出ていただけませんか」と依頼され快諾しました。
 わたしは貞橘君の師である一龍斎貞水先生には並々ならぬ恩義があり、そのお弟子である貞橘君のことは、かねて頭にありました。
 が、そうかといってわたしは今まで貞橘君の高座を一度として聴いたことがありません。
 しかし顔なじみの定連に聞く貞橘君の高座は評判がよく、何よりも感心したのは「男性講釈師であるというハンディを乗り越えて頑張る」という女流講釈師を痛烈に皮肉ったクスグリです。素晴らしいセンスです。
 どうかわたしと貞橘君の初競演をお楽しみください。

講談貞橘会(第80回特別企画)
8/25(土)13:30・らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
予約料金2500円(問・予約)03ー6268ー9818らくごカフェ
出演:一龍斎貞橘
ゲスト:神田愛山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


[PR]
by aizan49222 | 2018-08-12 11:23 | 愛山メッセージ
無宿人
《カジノ》
 日本のカジノに参入するのは米国大統領の有力な支援者たちで、彼らは与党のパーティー券を買ってくれていると街の噂で聞きましたが(週刊誌に書いてあったそうです)やはりカジノ法案の裏には何かあると思いましたよ。
 それにしても法律を金儲けの道具に使うとは……まだ講釈師のほうが節操があります(笑)。

《感性》
 先日某若手女流講釈師が、わたしに「(あまりにも女流が増えすぎてしまった講談界の現状をみて)比率が間違ってると思います」とつぶやきました。
 ……この女流はモノになります。

《無宿人》
 一切の社会保証は受けませんから、税金もとらないでください。
 わたしは人間社会の戸籍を離れた無宿人になりたいのです。
 無宿人こそ芸人の正しい生き方ではないかと思います。
 それがわたしの人生の結論です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
by aizan49222 | 2018-08-04 14:13 | 愛山メッセージ