人気ブログランキング |
カテゴリ:愛山メッセージ( 506 )
ぼく、イヌじゃないよ
 結城昌治先生には『終着駅』(中央公論社)という作品があり、もちろん単行本も中公文庫版も所持しておりますが、講談社学芸文庫からも出ており、かねて探しておりましたが、先日古本祭で発見購入。
 と、この巻末に先生の書籍リストが掲載されており、そこで35年前に河出書房新社から刊行された「ぼく、イヌじゃないよ」(絵マリー・ジョゼ・サクレ)という作品を見つけて驚いたの何の。先生が絵本まで出されていたとは……!?
 先生の全作品を読破していると思っていたわたしも、この一冊だけは知りませんでした。まったく迂闊なことでありました。
 すでにこの本を版元から取り寄せることは不可能になっておりますから、知人にネットで調べてもらい購入できたのは、まことに幸運というべきで、これを読まないうちは死んでも死にきれないところでした(笑)。
 その結城昌治原作の「骨の音」(夏の講釈場で最高の読み物との評判をとっています)を『愛山・喬太郎二人会』で「不可抗力」(何とも皮肉な結末となっています)を『神田愛山独演会』で申し上げることにいたします。
 夏が始まります。

『愛山・喬太郎二人会』
7/23(火)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2500円(当日自由席・予約不可・ブログプリント持参割引なし)
じゃんけん・神田春陽
「野ざらし」柳家喬太郎
「(結城昌治原作)骨の音」神田愛山
(仲入り)
「河村瑞軒」神田愛山
「おたのしみ」柳家喬太郎

『神田愛山独演会』
7/26(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~「千代田の白浪(三)藤岡藤十郎の生い立ち」「(結城昌治原作)不可抗力」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

by aizan49222 | 2019-07-16 17:38 | 愛山メッセージ
とにかく一度講談を聴きにいらっしゃい
 我が日本講談協会に『講談をやっていただけませんか』という問い合わせが多く寄せられているそうです。
 が、そのほとんどが『高座設営のイメージさえわきません』『講談師は誰でもいいです』というもの。
 つまり講談を聴いたことのない人たちが、どこかで講談という演芸の存在を知り、何の予備知識もないままに問い合わせをしてきたのであって、この手の対応が実に厄介なのです。
 まあ高座設営に関しては今後協会がHPに高座写真をupするそうですから、それを参考にしていただければよいわけですが、それにしても『講談師は誰でもいいです』という物言いは、あまりにも無礼です。
 わたしはこんな人が主催する会に出演はしませんが、それにしても怖いもの知らずに、よく問い合わせをしてこられるもので、いい度胸だと感心します(笑)。
 そんな実現性のない問い合わせをしてくるよりも、とにかく一度講談を聴きにいらっしゃい。話はそれからです。
 ……7/23から8/1にかけて、わたしの講談人生の到達点というべき三つの会を開きます。この会にお出でなさい。

『愛山・喬太郎二人会』
7/23(火)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2500円(当日自由席・予約不可・ブログプリント持参割引なし)
じゃんけん・神田春陽
「野ざらし」柳家喬太郎
「(結城昌治原作)骨の音」神田愛山
(仲入り)
「河村瑞軒」神田愛山
「おたのしみ」柳家喬太郎

『神田愛山独演会』
7/26(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~「千代田の白浪(三)藤岡藤十郎の生い立ち」他一席

『神田愛山・宝井琴調~夏の会』
8/1(木)19:00
らくごカフェ
2500円(ブログプリント持参割引有り)
「阿武松緑之助」琴調
「応挙の幽霊」愛山
(仲入り)
「川柳選者」愛山
「お民の度胸」琴調
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

by aizan49222 | 2019-07-03 21:04 | 愛山メッセージ
新しい趣味
《放送記者》
 山形、新潟の地震で特別番組を組んだ某局が状況確認のために当該支局を電話で呼んだところ、電話に出た支局の記者はキー局からの問い掛けにまともには答えられず、わたしの印象では酔っておられましたね。
 支局の人数と勤務態勢がどうなっているのかは知りませんが、地震発生が22:20頃で、恐らくは勤務時間外に駆り出されたのでしょうから、仮に酒気を帯びていたとしてもお咎めなしといたしましょう(笑)。
 ……また他の支局で、キー局からの「何か新しい情報は?」という電話に、いかにも面倒そうに「全然知りません」と答えていた記者がいたのには驚きました。
 この人も寝込みを起こされて不機嫌だったのでしょうが(笑)何も知らない記者に聞いちゃダメですよ(笑)。

《新しい趣味》
 新しい趣味ができました。
 「非常食の収集」です(笑)。
 受け渡しは下記の会の楽屋で(笑)。
 ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます(笑)。

『愛山・喬太郎二人会』
7/23(火)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2500円(当日自由席・予約不可・ブログプリント持参割引なし)
じゃんけん・神田春陽
「野ざらし」柳家喬太郎
「(結城昌治原作)骨の音」神田愛山
(仲入り)
「河村瑞軒」神田愛山
「おたのしみ」柳家喬太郎

『神田愛山独演会』
7/26(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~「千代田の白浪(三)藤岡藤十郎の生い立ち」他一席

『神田愛山・宝井琴調~夏の会』
8/1(木)19:00
らくごカフェ
2500円(ブログプリント持参割引有り)
「阿武松緑之助」琴調
「応挙の幽霊」愛山
(仲入り)
「川柳選者」愛山
「お民の度胸」琴調
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

by aizan49222 | 2019-06-21 11:29 | 愛山メッセージ
夏のビッグイベント三連発!
《大臣の英語》
 阿蘇罪務大臣(仮名)のお世辞にもうまいとはいえない(笑)英語の挨拶を聞きましたが、この人は英語でも傲慢ですね(笑)。
 どうしてそこまで傲慢ぶりを発揮しなければいけないのか……。最近は怒りを通りこして哀れに思えてきました。

《夏のビッグイベント三連発!》
 家庭内暴力を受け続けて死の恐怖に囚われ、育て方を間違えてしまったと悔い、この状態が続けば間違いなく倅は他者を傷つけてしまうと判断、それならばいっそのことと、元高級官僚はわが子を成敗しました。
 そう、まさに成敗であり、これを親の慈悲といいます。
 しかし、その殺(や)らなければ殺られるといった状況は棚に上げ、専門家と称する連中は「そんなに自分を追い込まずに、どうして公的相談機関を訪れなかったのか」と相も変わらぬ理想論を繰り返しております。
 が、公的相談機関が頼りにならないことは、たとえばここのところ続く児童虐待に対する野田や札幌の児童相談所の対応をみれば一目瞭然ではありませんか。
 他の公的相談機関も推して知るべしです。
 まことに皮肉なことには元高級官僚は行政の無能を知ればこそ、彼らがふりかざす空虚な理想論ではなく、あえて切羽詰まった現実論で収拾を図ったのです。
 事ここに及んでそうする以外に道がなかったのです。
 それが証拠にすっかり覚悟を固めて諦観しているのでしょう、元高級官僚は押送される姿をマスコミに撮られても顔を隠しません。
 わたしはこの元高級官僚に罪と罵声を一身に浴びて刑場に向かう老武士の姿を垣間見ました。
 ……それにしても救いようのない事件が多すぎます。どうか下記の夏のビッグイベント三連発で憂さをお晴らしください。

『愛山・喬太郎二人会』
7/23(火)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2500円(当日自由席・予約不可・ブログプリント持参割引なし)
じゃんけん・神田春陽
「野ざらし」柳家喬太郎
「(結城昌治原作)骨の音」神田愛山
(仲入り)
「河村瑞軒」神田愛山
「おたのしみ」柳家喬太郎

『神田愛山独演会』
7/26(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~「千代田の白浪(三)藤岡藤十郎の生い立ち」他一席

『神田愛山・宝井琴調~夏の会』
8/1(木)19:00
らくごカフェ
2500円(ブログプリント持参割引有り)
「阿武松緑之助」琴調
「応挙の幽霊」愛山
(仲入り)
「川柳選者」愛山
「お民の度胸」琴調
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

by aizan49222 | 2019-06-11 10:14 | 愛山メッセージ
不遜な評論家
 文芸評論家の木村某がだいぶ古い文庫の解説で山本周五郎先生の短編『おもかげ抄』を…この作者の初期の作品にみられる講談調がやや鼻につく憾(うら)みはあるが…と評した一文を眼にしました。
 講談を愚弄した何とも不遜な文章で、これから先(もちろん周五郎作品は愛読しますが)木村の解説は一切読むまいと決めました。
 こんな男に評されて周五郎先生もお気の毒です。

『神田愛山・宝井琴調~夏の会』
8/1(木)19:00
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2500円(ブログプリント持参割引有り)
「阿武松緑之助」琴調
「応挙の幽霊」愛山
(仲入り)
「川柳選者」愛山
「お民の度胸」琴調
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


by aizan49222 | 2019-06-04 08:58 | 愛山メッセージ
迫る独演会!歌舞伎ネタ二席
《心の設計》
 建築界のノーベル賞といわれるプリッカー賞を受賞した前衛建築家がインタビューに応えて曰わく「個人的感情は一切いわない。だからコングラッチレーションともいわないでくれ」ですと。
 世の中を斜に構えたシニカルな姿を見せたいのでしょうが、それならば最初からインタビューに応じなければよいのです。
 80をすぎているようですが、こういう甘ったれた学生のようなコメントはいい年をして笑われるだけです。
 プリッカー賞は受賞者の内面までも評価はしないらしく、建物を設計する建築家でも、自分の心の設計には失敗したようです(笑)。

《迫る独演会!歌舞伎ネタ二席》
 独演会が迫ってまいりました。「千代田の白浪(二)」の後席は「髪結新三」で、今回は歌舞伎ネタ二席を並べてみました。お楽しみください。
 ……「神田愛山の軌跡」今回販売分ダビング後、ラジカセが壊れてしまいました。酷使しましたからねえ(笑)。
 この作業は大変に貴重なものになるはずなのですが、いつまで続けるかわかりません。

『神田愛山独演会』
5/31(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~「千代田の白浪(二)唐草の富蔵」「髪結新三」
※「神田愛山の軌跡」(過去の高座収録カセットテープ)販売2000円 低音ノイズご容赦
(三十)結城昌治原作甲州遊侠伝『勝蔵と次郎長』(H14・12・23起死回生の会・お江戸日本橋亭)『勝蔵とおもん』(H15・2・16神田愛山の会・お江戸上野広小路亭)
(三十一)『訓練士』『いたずら電話』(H15・2・16神田愛山の会・お江戸上野広小路亭)結城昌治原作『妻よ永遠に』(H17・4・19講談倶楽部・お江戸両国亭)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

by aizan49222 | 2019-05-29 10:43 | 愛山メッセージ
純文学と大衆演芸
《ケガ》
 野球の一流選手はケガをしないものと聞いていますが、大谷君は本当にケガが多いですねえ。そのうちに命取りにならないことを願うばかりです。

《純文学と大衆演芸》
 すこし前に芥川賞をとって騒がれた作家の本を図書館の廃棄図書で入手しましたが、15分で読むのを断念しました。
 言葉の上っ面をなぞっている観念だけの文章で、何がいいたいのかさっぱり解りません。腹が立ちました。
 つくづく純文学と大衆演芸は水と油と感じた次第。
 ……で、今度の独演会をよろしくお願いいたしますという告知になるわけです(笑)。

『神田愛山独演会』
5/31(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~「千代田の白浪(二)唐草の富蔵」他一席
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

by aizan49222 | 2019-05-23 10:12 | 愛山メッセージ
愛山・喬太郎二人会
《あのオレンジ色の憎い奴》
 年金制度に不満をもち総務省の看板にオレンジ色の墨汁のような液体をかけたオジサンに拍手、拍手。
 どうせ大した罪にはなりますまいから、次は日本年金機構を頼んます(笑)。
 そのお礼として夕刊フジ発刊時のキャッチコピーを謹んで捧げます。
『あのオレンジ色の憎い奴』
 古いなー(笑)。

《唾棄すべき連中》
 2人の園児を亡くした大津の交通事故は痛ましい限りです。
 が、この事故はどんなに注意しても防ぎきれない事故があるという典型的な例で、保育士さんたちには何の非もありません。
 それを「幼稚園の安全対策はどうなっているか」などと、被害者の心情を逆なでし、いかにも幼稚園側にも過失があるような質問をあびせかけ、コメントを出さざるを得なくなるまで遺族を心理的に追い詰めるマスコミには本当に腹が立ちます。
 唾棄すべき連中です。

《愛山・喬太郎二人会》
 お待たせいたしました。愛山・喬太郎二人会のご案内です。この会から夏が始まります。愛山、喬太郎をご堪能ください。

『愛山・喬太郎二人会』
7/23(火)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2500円(当日自由席・予約不可・ブログプリント持参割引なし)
じゃんけん・神田春陽
「野ざらし」柳家喬太郎
「(結城昌治原作)骨の音」神田愛山
(仲入り)
「河村瑞軒」神田愛山
「おたのしみ」柳家喬太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



by aizan49222 | 2019-05-10 17:12 | 愛山メッセージ
鰻弁当の味
 先日の45周年記念会は昼夜共大勢の方にご来場をたまわりました。本当に有難うございました。
 帰宅してから差し入れでいただいた手なづけ中の野良猫のエサを庭に置き、これまた差し入れでいただいた鰻弁当を食べているうちに、この鰻弁当の味が、わたしが45年かけて辿り着いた到達点だと思えるようになりました。
 改めて己の分といいますか身の丈を再認識した次第です。
 わたしはよくも悪くもこの程度の講釈師なのです。
 重ねて御礼申し上げます。

《日本一の大バカヤロー》
 実の娘に乱暴した父親に無罪判決を下した裁判長。

《日本一のエロ局》
 少女に乱暴した男の行為を克明に読み上げた305CH日テレNEWS24。

《日本一の嘘つき職場》
 携帯電話ショップ。

《日本一の横柄男》
 経済悪友会代表。日本焼香会議所会頭(共に仮名)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


by aizan49222 | 2019-04-24 11:37 | 愛山メッセージ
45周年記念会~ささやかな金字塔
 いよいよ45周年記念会が近づいてまいりました。
 もはやまな板の上の鯉の心境なのですが、自分へのご褒美に先日の富山行きで食事代を節約して浮かしたお金で(我れながら何とセコい男であることか(笑))安い帽子を2個購入しました。
 よく『そんなに帽子があったって頭は一つしかないんだよ』と笑われますが、帽子だけが酒もタバコもやらないわたしの唯一の贅沢なのです。
 とまれ45周年はわたしのささやかな金字塔です。
 昼の部の二席は講談の王道。夜の部の講談私小説はわたしの核(コア)。
 まな板の上の鯉が、みなさまのご来場を深くお待ち申し上げております。

『神田愛山45周年記念会』
4/21(日)二部制
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・千代田区神田神保町2ー3)
各部2300円(ブログプリント・チラシ持参・電話予約割引有り(03ー6268ー9818らくごカフェ)
《昼の部》13:30
『神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会』
「ご挨拶」神田愛山
「谷風の情相撲」玉井亀鶴(玉井正隆)
「西行鼓ケ滝」露地野ぼん子(神門久子)
(仲入り)
「三十三間堂誉れの通し矢」露地野裏人作「厄除け大師」神田愛山
《夜の部》18:00
『神田愛山独演会』
長講講談私小説(原点回帰)
「酒の染み」から「真剣師」神田愛山
下記販売
※「神田愛山の軌跡」(過去の高座収録カセットテープ)各2000円 低音ノイズご容赦
(二十八)結城昌治原作『吃安の島抜け』(H14・10・20起死回生の会・お江戸日本橋亭)『金川の間違い』(H14・11・23愛山の会・お江戸上野広小路亭)
(二十九)『フリー宣言の秋(上)』『(下)』(H14・11・23愛山の会・お江戸上野広小路亭)
※愛山自主制作CD在庫一掃自選講談集(5)赤穂義士銘々伝「二度目の清書」露地野裏人作「温かい年賀状」2000円
※短編小説集「ベラ」1000円
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


by aizan49222 | 2019-04-17 11:43 | 愛山メッセージ