カテゴリ:愛山メッセージ( 486 )
博徒黒駒の勝蔵の最期
《久しぶりの秋葉原》
 先日知人に検索してもらった秋葉原の中古ワープロ屋に向かったところ、何とその住所には交番がありました(笑)。
 でもわたしのようなワープロ党が何人も首を傾げながら道を訊いてくるのでしょう。
 お巡りさんも心得たもので「ワープロ屋さんですか?」と、すぐに教えてくれました。
 しかしその店にはわたしが使っていた機種はあったものの付属品がなく、値段も高く、購入は保留しました。
 で、それから一年以上前の新聞記事にあった同じく秋葉原のガラケー屋を探したところ、わたしの探し方が悪かったのか、今度は該当住所の表示もなければビルもなし(笑)。
 久しぶりの秋葉原で散々な目にあい収穫なしで、すごすごと帰宅しましたが、でもいたるところに立って客寄せをしているメイド喫茶の女の子を見ているうちに「この子たちは何でこんなことをしてるんだろうと急に哀しくなってきたよ」と、ある人に話しましたら「そう思う人以上に喜ぶオヤジたちが多く、時給も高いし、スカウトされ待ちの女の子たちが多いんですよ」といわれてビックリ!
 久しぶりの秋葉原は実に勉強になりました(笑)。

《博徒黒駒の勝蔵の最期》
 今年最初の独演会が近づいてきました。
 全十二席読み続けてまいりました結城昌治原作「斬に処す~甲州遊侠伝」も、今回が大団円。
 権力に振りまわされ、権力に殺された博徒黒駒の勝蔵……その最期を、どうぞお見届け願います。

『神田愛山独演会』
1/25(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~結城昌治原作『斬に処す』より「甲州遊侠伝(大団円)勝蔵の最期(下)」他一席

※「神田愛山の軌跡」(過去の高座収録カセットテープ)販売あり 声こもり低音ノイズご容赦 2000円
(二十六)結城昌治原作甲州遊侠伝『勝蔵の度胸』(H14・5・19神田愛山の会・お江戸上野広小路亭)『勝蔵の長旅』(H14・9・16起死回生の会・お江戸日本橋亭)
(二十七)『作家の酒~葛西善蔵といふ男(上)(下)』(H17・5・28神田愛山の会・お江戸両国亭)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

by aizan49222 | 2019-01-21 23:51 | 愛山メッセージ
手書きチラシ
《成人式》
 成人式でバカ者たちが騒ぐのは一種のテロ行為ですから、外国ならば射殺されても文句はいえませんが、ここは日本。まして祝い事の席ですから穏やかに実刑厳罰にとどめておきましょう(笑)。

《開催権剥奪》
 JOC会長の贈賄容疑は、わが国のカルロス・ゴーンの逮捕拘留に対するフランスの報復措置であることは明らかですが、今度のオリンピックはロゴマークの盗作疑惑から始まり、さまざまにケチがついていますから、開催権を剥奪されても仕方がないところでしょう。
 しかしオリンピック中止の遠因は東京地検特捜部……これは面白いことになりますよ(笑)。

《手書きチラシ》
 自分の会のチラシ作成のためにワープロ機能だけ使っていたパソコンが壊れてしまい、この上は昔馴染んだ懐かしの東芝ルポを探そうと、知人に頼んでジャマゾン(仮名)を検索してもらって相場を調べ、翌日もう一度確認したところ、何と昨日は送料無料であったものが、わずか一日経っただけで500円になっていました。
 どういうトリックがあるのかは知りませんが、ネット通販というのはこんなにも胡散臭いものなのですか!?
 こんな悪徳商法の巣窟のようなところでは、とても購入はできません。
 が、そうなりますとわたしは二度とパソコンをいじる気はありませんし、弟子はとらない主義ですから代行してくれるスタッフもおらず、ワープロ入手が困難とあれば、これからの会のチラシは手書きにせざるを得ません。
「チラシは生涯手書きにしよう」
 ハッキリ決めました。
 ……思えばまだ二つ目であった神田一陽の頃昭和61年2月上野本牧亭で開いた初めての独演会のチラシは手書きでした。
 このときは字のうまい先輩の落語家さんに蕎麦一杯馳走して書いてもらったのですが(笑)どうやら手書きチラシが、わたしの原点であるようです。
 わたしの会は手書きに始まり、手書きで終わるのです(笑)。
 今後はお見苦しいチラシになりますが、ご寛容のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

『神田愛山独演会』
1/25(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~結城昌治原作『斬に処す』より「甲州遊侠伝(大団円)勝蔵の最期(下)」他一席
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

by aizan49222 | 2019-01-17 17:50 | 愛山メッセージ
時代に逆行
《保釈金》
 保釈金の額が人によって違うのですが、あれは一体誰がどういう基準で決めているのですかねえ。
 それにあの金は後で本人に返しているのですか?それとも裁判所のボーナスになるのですか?
 ちゃんと説明しなきゃダメですよ。

《銀行の初心》
 みずもれ銀行(仮名)のATMから振込をしようとしたところ『現金はダメだよ。キャッシュカードかクレジットカードでないと振込できないんだ』との表示が出ました。
 銀行にお金を持っていって、それでどうして振込できないのですか!?用を足すことができないのですか!?
 それはATMにもよるんじゃないかといった人もいましたが、同じ銀行のATMでお金で振込めるATMもあればできないATMもあるでは、ますます混迷するばかりではありませんか!
 まったくもうシステムに翻弄されて、この銀行は銀行の初心を忘れてます。

《時代に逆行》
 ワープロ機能だけ使っていたパソコンが壊れてしまいましたので、もうこれで完全にパソコンとはオサラバ!
 パソコン全盛の前に長い間使用していたワープロ専用機東芝ルポを手に入れることにしました。
 で、それまではわたしの会のチラシを手書きにすることにしましたが、これはこれでかなり貴重なものだと自負しております(笑)。
 それにしても本当に時代に逆行する男でありまするよ(笑)。

『愛山・喬太郎二人会』
1/12(土)13:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2500円(自由席・予約不可・ブログプリント持参割引なし)
まん坊・神田春陽
「和田平助鉄砲切り」神田愛山
「錦の袈裟」柳家喬太郎
(仲入り)
「お楽しみ」柳家喬太郎
結城昌治原作「厄介な病気」神田愛山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


by aizan49222 | 2019-01-08 10:44 | 愛山メッセージ
新しき元号定む年明けぬ昭和の記憶慈しみたり

 新年明けましておめでとうございます。

 今年の演芸界は「愛山・喬太郎二人会」から始まります。文句はいわせません(笑)。
 ……わたしの「和田平助鉄砲切り」は亡師が落語の席でよくやっていた読み物で、わたしも素人の頃何度も客席で聴きました。亡師の持ち味である軽く重い落語的講談です。
 またトリネタの「厄介な病気」は結城昌治先生原作のショートショートですが、結城作品の講談化を志した初期の読み物で、高座にかけるのは久しぶりのこととなります。
 会のあとは新年会を手銭でどうぞ(笑)。
 平成最後の正月を「愛山・喬太郎二人会」で記憶におとどめください。
 ご来場伏してお願い申し上げます。

『愛山・喬太郎二人会』
1/12(土)13:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2500円(自由席・予約不可・ブログプリント持参割引なし)
まん坊・神田春陽
「和田平助鉄砲切り」神田愛山
「錦の袈裟」柳家喬太郎
(仲入り)
「お楽しみ」柳家喬太郎
結城昌治原作「厄介な病気」神田愛山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


by aizan49222 | 2019-01-01 00:59 | 愛山メッセージ
神田愛山・宝井琴調~冬の会
《似て非なるもの》
 神経質と強迫神経症。東京地検特捜部と悪徳商法。余命と余生。

《国民年金》
 わたしのまわりでは国民年金に加入している者がほとんどおりません。
 が、それが正解で、わたしは間違いなく払い続けた保険料を取り返すことはできません。
 つまりわたしは国の政策で損をさせられてしまうのです。
 わたしは個人事業を志す若者に国民年金加入を勧めません。

《神田愛山・宝井琴調~冬の会》
 来年1月に「愛山・喬太郎二人会」「神田愛山独演会」をお届けしたあとの2月は「神田愛山・宝井琴調~冬の会」でお楽しみください。
 わたしと琴調さんが講談定席上野本牧亭で修行した最後の講釈師です。
 これがわたしたちのアイデンティティなのです。
 肌身に染みついた伝承芸の味わい、講釈場の匂いを、どうかご堪能ください。
 講談初心者からご定連まで……いつも良質のお客さまで楽しい雰囲気に包まれる会となります。
 ご来場、お待ち申し上げております。

『神田愛山・宝井琴調~冬の会』
2/1(金)19:00
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2500円(ブログプリント持参割引有り)
「偽甚五郎」愛山
「野狐三次、木っ端売り」琴調
(仲入り)
「富くじ千両当たり」琴調
「(三河義士伝)敵の倅」愛山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


by aizan49222 | 2018-12-23 00:07 | 愛山メッセージ
次の質問どうぞ
《日本年金機構》
 客(カスタマー)の悪質なクレームで従業員が苦しむカスタマーハラスメントが深刻な問題になっているそうですが、悪質なクレームをつけてやりたくなるほど、ひどい応対を客にする業者もいますよ。
 年金受給申請書類の書き方で日本年金機構に電話で問い合わせをしたところ、同じ質問をしても、オペレーターによって答えが真っ二つにわかれてしまいます。
 これには驚きました!
 日本年金機構は年金受給申請書類の記載に正しい答えを持ち合わせていないのです。
 おまけに年金事務所に提出に出かけましたところ、わたしを担当した社会保険労務士は添付書類の基礎知識さえ持ち合わせておりませんでした。
 無能、三流、ガラクタ……と、ありとあらゆる罵声を浴びせてやりたくなりますが、こんな組織と人材に頼るようでは、この国の年金制度は、もはや崩れかかっているのでしょう。

《次の質問どうぞ》
 対ロ政策に関する記者からの質問を「次の質問どうぞ」といって四度も無視した(おそろしく酒癖の悪そうな顔をしている)大臣にいってやりたいですねえ。
「次の大臣どうぞ」

『愛山・喬太郎二人会』
1/12(土)13:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2500円(自由席・予約不可・ブログプリント持参割引なし)
まん坊・神田春陽
「和田平助鉄砲切り」神田愛山
「錦の袈裟」柳家喬太郎
(仲入り)
「お楽しみ」柳家喬太郎
結城昌治原作「厄介な病気」神田愛山

『神田愛山独演会』
1/25(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~結城昌治原作『斬に処す』より「甲州遊侠伝(大団円)勝蔵の最期(下)」他一席
※「神田愛山の軌跡」(過去の高座収録カセットテープ)販売あり 低音ノイズご容赦

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

by aizan49222 | 2018-12-17 15:01 | 愛山メッセージ
二つの年賀の会
《高輪ゲートウェイ》
 山手線新駅名の高輪ゲートウェイはいただけませんね。「高輪」だけでよいのですよ。
 高輪ゲートウェイでは他の山手線の漢字だけの駅名とのバランスが崩れてしまいますし、何よりもナンデモカンデモ横文字という風潮は感心しません。
 それにたとえば上位3位までの候補の中から審査員の決戦投票で駅名を選ぶというなら話はわかりますが、130位の高輪ゲートウェイに決めたというのは、これは先に結論ありきで、何か裏があると勘ぐられても仕方がありませんね。
 これでは公募する意味がありません。

《鯨骨生物群集》
 鯨骨生物群集(ゲイコツセイブツグンシュウ)とは死んだ鯨の肉を海底で貪る生物をいうそうですが、この言葉を聞いた途端に厚化粧子(あつばけしょうこ)口利大臣(仮名)の名前が頭に浮かびました。
 大臣におかれましては国民の目が届かないところで、さぞかし利権という名の美食を漁っておられることでありましょうな。
 ご同慶の至り。

 ……正月にお届けする二つの会。わたしからの年賀のつもりです。

『愛山・喬太郎二人会』
1/12(土)13:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2500円(自由席・予約不可・ブログプリント持参割引なし)
まん坊・神田春陽
「和田平助鉄砲切り」神田愛山
「錦の袈裟」柳家喬太郎
(仲入り)
「お楽しみ」柳家喬太郎
結城昌治原作「厄介な病気」神田愛山

『神田愛山独演会』
1/25(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~結城昌治原作『斬に処す』より「甲州遊侠伝(大団円)勝蔵の最期(下)」他一席
※「神田愛山の軌跡」(過去の高座収録カセットテープ)販売あり 低音ノイズご容赦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

by aizan49222 | 2018-12-08 15:03 | 愛山メッセージ
佐野独演会
《法律と人道》
 守るべきものは法律よりも人道と考えるのが大衆で、守るべきものは人道よりも法律と考えるのが法曹関係者ですから、裁判が現実離れして血が通わないのは当然のことであり、血を通わせてはいけないと考えるのが『彼ら』です。

《佐野独演会》
 師走恒例の佐野独演会のご案内です。
 今回は赤穂義士伝不朽の名作「二度目の清書」と座付作者露地野裏人作「厄除け大師」の二席です。
 裏人さんの作品は一風変わっていて、その一風変わっているところを一般のお客さんに解るように演じなければいけないところに大きな苦労があります。
 その意味でこの方の作品を面白いと思い、高座にかけられるのはわたし以外にはいないでしょう。
 今回の「厄除け大師」も台本ができた後高座にかけるまで数年かかりました。
 15:30終演予定です。近県の方は日帰り可能でしょう。ぜひ、お運びください。

『ギャラリー講談会~神田愛山独演会』
12/8(土)14:00
栃木県佐野市まちなか活性化ビル2F市民ギャラリー(JR・東武線佐野駅改札出て左(南口)駅を背にして真っ直ぐ歩き数分正面のビル・佐野市高砂町2794ー1)
無料・予約0283ー20ー3044佐野市文化立市推進課
「落語」立川寸志
「(赤穂義士伝不朽の名作)二度目の清書(きよがき)」神田愛山
~仲入り(休憩)~
「ご当地講談!(露地野裏人作)厄除け大師」神田愛山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


by aizan49222 | 2018-12-02 11:12 | 愛山メッセージ
近づく独演会!
 いよいよ独演会が近づいてまいりました。
 結城昌治先生原作の甲州遊侠伝も残り二席。古典の侠客伝では演じられなかった権力に翻弄されるアウトローたちが哀れです。
 後席は赤穂義士伝不朽の名作「二度目の清書」これを演じてみたいと思わない者は講釈師にならないほうがよろしいし、またこの読み物を面白くないと感じるお客さんは、そもそも講談とは縁のない人たちです。
 いわば講談のリトマス試験紙のような読み物(笑)。
 ……今回販売する神田愛山の軌跡(わたしの過去の高座を収録したカセットテープ・低音ノイズご容赦)はH14~15年にかけてお江戸上野広小路亭の独演会で連続で読みました甲州遊侠伝です。
 満を持してのご提供となります。
 今年最後の独演会。ご来場のほど伏してお願い申し上げます。

『神田愛山独演会』
11/30(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~結城昌治原作『斬に処す』より「甲州遊侠伝(十一)勝蔵の最期(上)」「(赤穂義士銘々伝)二度目の清書」
※神田愛山の軌跡(二十四)結城昌治原作甲州遊侠伝『無宿人勝蔵』(H14・3・21神田愛山の会・お江戸上野広小路亭)『勝蔵の賭場荒らし』(H14・4・21~同)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

by aizan49222 | 2018-11-26 15:31 | 愛山メッセージ
「甲州遊侠伝」残二席
《代表句》
 炬燵を出しました。例年より数週間遅いですから、やはり今年は暖冬なのでしょう。

  炬燵入り円生聴きたくなりにけり

 高校時代の作品で、わたしの代表句です(笑)。

《逃れる道》
『だらしなく、気楽に、頑張るな!』
 神経症から逃れる道は、これしかないでしょう(マジ)。

《「甲州遊侠伝」残二席》
 日大アメフト事件で学生は傷害容疑で書類送検されるものの、監督とコーチは捜査書類は送られますが立件見送りという、庶民感情を逆撫でするような結論が出たようです。
 まさに法律の常識は世の非常識で、法律は一体誰の味方なのか……。
 そしてこうした法社会の網の目からこぼれ落ちてしまった連中が、江戸時代の無宿人です。
 ……幕末の動乱の中で博徒黒駒の勝蔵が何故勤王方につき、そして処刑されてしまったのか……。
 時代ハードボイルド結城昌治原作「甲州遊侠伝」は残二席。
 くれぐれもお聴き逃しなきように。

『神田愛山独演会』
11/30(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~結城昌治原作『斬に処す』より「甲州遊侠伝(十一)勝蔵の最期(上)」「(赤穂義士銘々伝)二度目の清書」
※「神田愛山の軌跡」(過去の高座収録カセットテープ)販売あり 低音・ノイズご容赦
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 


by aizan49222 | 2018-11-17 17:31 | 愛山メッセージ