2014年 12月 13日 ( 1 )
暮れの詐欺
 わたしは0120で始まるフリーダイアルから電話がかかってきましても(そのほとんどは営業ですから)一切固定電話の送受器をとることはないのですが、その日帰宅して着信履歴を見ると、同じフリーダイアルから4、5本の電話が入っておりました。
 さすがに気になり、その後かかってきた電話に出てみますと、落ち着いた感じの中年女性が、横文字が多い社名を名乗り、来るべき選挙に備えて意識調査をさせていただきたいと申します。
 その女性が名乗った横文字が多い社名には一カ所だけ『毎日』という日本語が含まれており、わたしは(これは毎日新聞の系列会社の業務かな)と、一瞬思いました。
 彼女は『お宅様のご家族の有権者の数と、職業を教えていただきたい』といい、その中から『私が選んだ人に電話口に出てもらい、意識調査をさせていただきたい』と命じてきました(依頼の口調ではなく、本当に命じてきたのです)。
 無作為に、勝手に電話をかけてきて『こちらで選んだ者を電話口に出せ』などという話がありましょうか!
 わたしはハッキリと断り、電話を切りましたが、その後夜遅い時間になっても、電話をかけてきます。
 もちろん送受器はとりませんでしたが、この瞬間、わたしは(これは選挙にかこつけた詐欺だな)と思いました。
 姑息なだましのテクニックではありますが『毎日』という単語が入った社名をちらつかせて、いかにも新聞社の系列会社と勝手に思いこませて信用させ、わたしの家族構成を探り出そうとしたのでしょう。
 いやしくも新聞社の系列会社が、ハッキリと調査協力を断った相手や、夜遅い時間帯に一般家庭に立て続けに電話をかけてくるわけがありません(翌日にも電話がありました)。
 わたしの家族構成を探り出して、次にどんなことを企んでいるのかまではわかりませんが、ことほどさように暮れの詐欺には、みなさまもくれぐれもご注意あれ(詐欺でなければ、あまりにも強引な行為です)!


『神田愛山・柳家喬太郎二人会』
12/25(木)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2000円(ブログプリント割引なし・全自由席・予約不可)
楽天
(真打昇進)神田春陽
~赤穂義士伝特集~
「カマ手本忠臣蔵」柳家喬太郎
「大高源吾」神田愛山
(仲入り)
「俵星玄蕃」柳家喬太郎
「二度目の清書」神田愛山












[PR]
by aizan49222 | 2014-12-13 20:25 | 愛山メッセージ