2011年 02月 12日 ( 1 )
相撲講談
 今度の角界の騒動で、相撲講談が演じ辛くなってきておりますが、わたしは偶然にも2/18「愛山・琴調二人会」4/15「神田愛山独演会IN大阪」での「め組の喧嘩」そして3/4四谷コタン講談会での「越の海の出世相撲」と、今度のことが表沙汰になる前から、すでに相撲講談のネタ出しをしております(共に寛政力士伝)。
 楽屋でも、もう相撲ネタはやれなくなったという者と、いやこういうときだからこそ一生懸命やろうという者と、やれなくなったら困るなという者に別れておりますが、わたしは、わたし自身相撲が好きだった子供の頃に立ち返り、古きよき時代の相撲噺を雑念を払ってお届けするつもりでおります。相撲講談の運命はお客さんが決めてくれることでしょう。

 ご来場のほど伏してお願い申し上げます。


「神田愛山・宝井琴調冬の会」2/18(金)19:00
・らくごカフェ(神保町交差点岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F(ビル裏口エレベーターよりお乗りください)
 千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・「蜀山人」愛山・「山内一豊の妻」琴調(仲入り)「肉付きの面」琴調・「め組の喧嘩」愛山
この会が存続の危機にさらされたら、それはそのまま伝統芸(ダンディズム)である講談の終焉につながります。わたしと琴調さんで守る「最後の講釈場」です。

「第14回コタン講談会」3/4(金)19:30
・ライブハウス四谷コタン(新宿区若葉1ー9金峰ビル101)2千円+ワンドリンクオーダー制(ブログプリント持参割引なし)
 四ッ谷駅(四ッ谷見附交差点側)を出て新宿通りを上智大学とは反対方向に直進5分ほど歩くと左側にジョナサンあり
 左折初角を右折突き当たりを左折15mほど先左側ビル~
・「前講」神門久子・「越の海の出世相撲」「(講談私小説)角袖」神田愛山
都心のライブハウスでの講談会は、とてもアンティークな匂いが漂います。異次元の空間です。

「神田愛山独演会IN大阪」4/15(金)18:45
・薬業年金会館5F和室(地下鉄谷町線谷町六丁目駅4号口隣)2500円(ブログプリント持参割引有り)
・「前講」旭堂南海・「め組の喧嘩」「強迫神経症の講釈師」神田愛山…自主制作CD販売
二十代の頃のわたしは大阪のお客さんが苦手だったのですが、今のわたしは大阪のお客さんとの再会が楽しみです。お互いが変わったのでありましょう。
[PR]
by aizan49222 | 2011-02-12 12:15 | 愛山メッセージ