人気ブログランキング | 話題のタグを見る
令和五年歌い始め
《受信料返せ!》
 今年のNHK大河ドラマ「どうする家康」とかのスポットを見ましたが、相変わらず着物を着た現代劇で、これは時代劇ではありません。一目でわかります。
 どうしてこんなものを時代劇といっているのか。演出家と脚本家が、本当の時代劇を知らないんですよ。みなさんだまされないでくださいね。
 NHKよ、受信料返せ!

《ハードボイルド小説》
 40年以上前のアメリカのハードボイルド小説を、日本の女流作家の訳で読み続けていますが、これがつまらない。
 原作が面白くないというよりも、それ以上に女流作家の訳がダメなのでしょう。
 やはり女流作家にハードボイルドは書けないし、書けないくらいだからハードボイルドの魅力を伝えることはできないと痛感しました。
 読了できるかどうか自信がありません。

《令和5年歌い始め》
 わたしが1/6にカラオケで歌ったリストをあげておきます。こんなものを載せてもなんの参考にもなりませんが参考のためです(笑)。
1  東京は恋する 舟木一夫
2  東京の灯よいつまでも 新川二朗
3  ふたりの盛岡 和田弘とマヒナスターズ
4  北上夜曲 和田弘とマヒナスターズ
5  熱海の夜 箱崎晋一郎
6  足手まとい 森雄二とサザンクロス
7  若いお巡りさん 曽根史郎
8  エリカの花散るとき 西田佐知子
9  さすらい 克美しげる
10 霧の中の少女 久保浩
11  もう一度一から出直します 小林旭
12  加茂川ブルース フランク永井
13  城ヶ崎ブルース 黒沢明とロス•プリモス
14  お月さん今晩は 藤島恒夫
15  さざんかの宿 大川栄策
16  長崎の女 春日八郎
17  小島通いの郵便船 青木光一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

by aizan49222 | 2023-01-10 12:35 | 愛山メッセージ


<< 3月向じま墨亭『神田愛山』の会 講談の魅力はダンディズムと大人の童話 >>