人気ブログランキング | 話題のタグを見る
名吟
《名吟》
 わたしの座付作者である露地野裏人さんから昨年の暮れに句が寄せられました。

  生きてゐるただそれだけの年の暮れ

 下の句を「年始め」にしても「春の宵」にしても「お盆かな」にしても、いかようにしても意は通ります(笑)。名吟です。

《麒麟がくる》
 今年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の紹介スポットを10秒ほど見ましたが、セリフ回しが、とても時代劇のものとは思われません。
 毎度申し上げる通りに今の時代劇は着物を着た現代劇にすぎません。
 それにしても長谷川一夫先生の「赤穂浪士」と緒形拳さんの「太閤記」が、本当に懐かしいですねえ。

『愛山・喬太郎二人会』
1/28(火)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2500円(当日自由席・予約不可・ブログプリント持参割引なし)
西村・神田春陽
「(寛政力士伝)越の海」神田愛山
「御慶」柳家喬太郎
(仲入り)
「おたのしみ」柳家喬太郎
「(菊池寛原作)敵討母子連れ」神田愛山

『神田愛山・宝井琴調~冬の会』
2/21(金)19:00
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2500円(ブログプリント持参割引有り)
「(寛政力士伝)谷風の情相撲」愛山
「銘刀捨丸」琴調
(仲入り)
「(赤穂義士銘々伝)三村の薪割り」琴調
「(結城昌治原作)無宿人勝蔵」愛山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

by aizan49222 | 2020-01-24 12:18 | 愛山メッセージ


<< 名優への礼儀 本年も「講談カフェ昼席」をよろ... >>