人気ブログランキング |
夏のビッグイベント三連発!
《大臣の英語》
 阿蘇罪務大臣(仮名)のお世辞にもうまいとはいえない(笑)英語の挨拶を聞きましたが、この人は英語でも傲慢ですね(笑)。
 どうしてそこまで傲慢ぶりを発揮しなければいけないのか……。最近は怒りを通りこして哀れに思えてきました。

《夏のビッグイベント三連発!》
 家庭内暴力を受け続けて死の恐怖に囚われ、育て方を間違えてしまったと悔い、この状態が続けば間違いなく倅は他者を傷つけてしまうと判断、それならばいっそのことと、元高級官僚はわが子を成敗しました。
 そう、まさに成敗であり、これを親の慈悲といいます。
 しかし、その殺(や)らなければ殺られるといった状況は棚に上げ、専門家と称する連中は「そんなに自分を追い込まずに、どうして公的相談機関を訪れなかったのか」と相も変わらぬ理想論を繰り返しております。
 が、公的相談機関が頼りにならないことは、たとえばここのところ続く児童虐待に対する野田や札幌の児童相談所の対応をみれば一目瞭然ではありませんか。
 他の公的相談機関も推して知るべしです。
 まことに皮肉なことには元高級官僚は行政の無能を知ればこそ、彼らがふりかざす空虚な理想論ではなく、あえて切羽詰まった現実論で収拾を図ったのです。
 事ここに及んでそうする以外に道がなかったのです。
 それが証拠にすっかり覚悟を固めて諦観しているのでしょう、元高級官僚は押送される姿をマスコミに撮られても顔を隠しません。
 わたしはこの元高級官僚に罪と罵声を一身に浴びて刑場に向かう老武士の姿を垣間見ました。
 ……それにしても救いようのない事件が多すぎます。どうか下記の夏のビッグイベント三連発で憂さをお晴らしください。

『愛山・喬太郎二人会』
7/23(火)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2500円(当日自由席・予約不可・ブログプリント持参割引なし)
じゃんけん・神田春陽
「野ざらし」柳家喬太郎
「(結城昌治原作)骨の音」神田愛山
(仲入り)
「河村瑞軒」神田愛山
「おたのしみ」柳家喬太郎

『神田愛山独演会』
7/26(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~「千代田の白浪(三)藤岡藤十郎の生い立ち」他一席

『神田愛山・宝井琴調~夏の会』
8/1(木)19:00
らくごカフェ
2500円(ブログプリント持参割引有り)
「阿武松緑之助」琴調
「応挙の幽霊」愛山
(仲入り)
「川柳選者」愛山
「お民の度胸」琴調
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

by aizan49222 | 2019-06-11 10:14 | 愛山メッセージ


<< 新しい趣味 不遜な評論家 >>