人気ブログランキング |
迫る独演会!歌舞伎ネタ二席
《心の設計》
 建築界のノーベル賞といわれるプリッカー賞を受賞した前衛建築家がインタビューに応えて曰わく「個人的感情は一切いわない。だからコングラッチレーションともいわないでくれ」ですと。
 世の中を斜に構えたシニカルな姿を見せたいのでしょうが、それならば最初からインタビューに応じなければよいのです。
 80をすぎているようですが、こういう甘ったれた学生のようなコメントはいい年をして笑われるだけです。
 プリッカー賞は受賞者の内面までも評価はしないらしく、建物を設計する建築家でも、自分の心の設計には失敗したようです(笑)。

《迫る独演会!歌舞伎ネタ二席》
 独演会が迫ってまいりました。「千代田の白浪(二)」の後席は「髪結新三」で、今回は歌舞伎ネタ二席を並べてみました。お楽しみください。
 ……「神田愛山の軌跡」今回販売分ダビング後、ラジカセが壊れてしまいました。酷使しましたからねえ(笑)。
 この作業は大変に貴重なものになるはずなのですが、いつまで続けるかわかりません。

『神田愛山独演会』
5/31(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~「千代田の白浪(二)唐草の富蔵」「髪結新三」
※「神田愛山の軌跡」(過去の高座収録カセットテープ)販売2000円 低音ノイズご容赦
(三十)結城昌治原作甲州遊侠伝『勝蔵と次郎長』(H14・12・23起死回生の会・お江戸日本橋亭)『勝蔵とおもん』(H15・2・16神田愛山の会・お江戸上野広小路亭)
(三十一)『訓練士』『いたずら電話』(H15・2・16神田愛山の会・お江戸上野広小路亭)結城昌治原作『妻よ永遠に』(H17・4・19講談倶楽部・お江戸両国亭)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

by aizan49222 | 2019-05-29 10:43 | 愛山メッセージ


<< 不遜な評論家 純文学と大衆演芸 >>