神田愛山・宝井琴調~冬の会
《似て非なるもの》
 神経質と強迫神経症。東京地検特捜部と悪徳商法。余命と余生。

《国民年金》
 わたしのまわりでは国民年金に加入している者がほとんどおりません。
 が、それが正解で、わたしは間違いなく払い続けた保険料を取り返すことはできません。
 つまりわたしは国の政策で損をさせられてしまうのです。
 わたしは個人事業を志す若者に国民年金加入を勧めません。

《神田愛山・宝井琴調~冬の会》
 来年1月に「愛山・喬太郎二人会」「神田愛山独演会」をお届けしたあとの2月は「神田愛山・宝井琴調~冬の会」でお楽しみください。
 わたしと琴調さんが講談定席上野本牧亭で修行した最後の講釈師です。
 これがわたしたちのアイデンティティなのです。
 肌身に染みついた伝承芸の味わい、講釈場の匂いを、どうかご堪能ください。
 講談初心者からご定連まで……いつも良質のお客さまで楽しい雰囲気に包まれる会となります。
 ご来場、お待ち申し上げております。

『神田愛山・宝井琴調~冬の会』
2/1(金)19:00
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2500円(ブログプリント持参割引有り)
「偽甚五郎」愛山
「野狐三次、木っ端売り」琴調
(仲入り)
「富くじ千両当たり」琴調
「(三河義士伝)敵の倅」愛山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


by aizan49222 | 2018-12-23 00:07 | 愛山メッセージ


<< 1~2月スケジュール 次の質問どうぞ >>