神田愛山独演会~変常の健常化
『神田愛山独演会』
9/28(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2300円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題~結城昌治原作『斬に処す』より「甲州遊侠伝(十)勝蔵の仇討ち(下)」露地野裏人作「厄除け大師」

 今度の独演会をよろしくお願い申し上げます。
 甲州遊侠伝の今回の件(くだり)は無宿人たちの胸の奥をえぐられるような寂しさを、どこまで表現できるかが勝負になります。
 後席は久しぶりに座付作者露地野裏人さんの新作ネタ下ろしですが、この方の作品を演じるにあたりいちばん苦労するのが「変常の健常化」なのです……といってもおわかりにはなられないでしょうね(笑)。ま、気軽にお聴きください。
 またわたしの過去の高座を収録したカセットテープ「神田愛山の軌跡」も販売させていただきます。
 しかしとにかく古い音源ですので低音・ノイズは平にご容赦願います。各2000円。

神田愛山の軌跡(二十二)『小松の農業祭』(H16・1・25講談倶楽部・お江戸両国亭)『三方ケ原』(H19・1・1六畳庵・自宅)
(二十三)『キッチンドリンカー』『ギャンブラー』『ストーカー』(H14・5・19愛山・陽司叔父甥会・お江戸上野広小路亭)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


[PR]
by aizan49222 | 2018-09-24 22:11 | 愛山メッセージ


<< お上の理不尽 黒駒の勝蔵、この誇り高き男 >>