愛山・喬太郎二人会~露地野裏人座付き作者20年記念
《刎頚の友》
 阿蘇罪務大臣(仮名仮称)を妖怪と評した人がいましたが、たしかにあの傲慢ぶりは人間離れをしており、妖怪と呼んだほうがふさわしいかもしれません。
 が、それにしても壁草履大臣(仮名仮称)は、どうしてこの妖怪を切らないのか……。
 思うにそれは一種の共犯関係に似ていて、どちらかが警察に逮捕されて自供してしまいますと、今度は我が身が危なくなってしまいますから、お互いがお互いを負の結合によって支え合っている……のではないかと愚考いたします。
 その意味ではまさしく刎頚の友です。

《愛山・喬太郎二人会~露地野裏人座付き作者20年記念》
 露地野裏人さんは、わたしの座付き作者になって20年となります。
 今回はその記念として「ワシじゃワシじゃ」と「ポッタン」を仲入り後二席続けて聴いていただきます。
 いずれも裏人さんの代表作であり、こういうテーマの作品を講談として演じられるのはわたしだけだと自負しております。
 どうかお楽しみください。

『愛山・喬太郎二人会』
6/17(日)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2500円(当日自由席・予約不可・ブログプリント持参割引なし)
じゃんけん・神田春陽
「宗漢」柳家喬太郎
「偽甚五郎」神田愛山
(仲入り)
露地野裏人作講談ショートショート二題「ワシじゃワシじゃ」「ポッタン」神田愛山
「おたのしみ」柳家喬太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
by aizan49222 | 2018-06-13 10:11 | 愛山メッセージ


<< 番外神田愛山独演会~まっとうな... ある疑念 >>