二代目高野長英
《アイドルの酒》
 人気アイドルグループのメンバーの一人が酩酊のあげく女子高生に対する強制猥褻の疑いで書類送検され不起訴処分となりました。
 彼は「(アルコールに)依存しているわけではなく甘えているだけだ」
 といっているようですが、こういうふうにアルコールに依存しているわけではないと否認するのがアルコール依存症の大きな特徴で、この人の酒に問題があるのは明らかです。
 が、ここまで知名度のある人間が断酒会やAAといったアルコール依存症者たちの自助グループに入会して酒をやめ続けるということは現実離れした考えであり、医療機関にガッチリ守られるVIP治療だけでは、まずこの人の酒は止まらないでしょう。

《人間的レベル》
 今や「時の人」である傲岸不遜、傲慢無礼を絵に描いたような阿蘇(仮名)大臣が、囲み取材を受けながらテレビ朝日の記者の質問をあざ笑い、
「それでテレビ朝日の取材レベルがわかる」
 と言葉を吐き捨てましたが、この応対で、わたしはこの大臣の人間的レベルがわかりました。わたしと同レベルです(笑)。
 この人をたしなめる側近がいないのが、この人の不幸なのでしょう。

《二代目高野長英》
 脱走犯が捕まりましたね(『幕末の頃お上から逃げまわった高野長英の二代目ですね』といったのは釈場の定連(笑))。刑務官との人間関係のもつれが脱走の原因のようで「あと半年で出られるのはわかってたけど我慢できなかった」というセリフは泣かせます。
 他の受刑者にもからかわれていたといいますから、この脱走犯はいじめを受けやすい人なんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
by aizan49222 | 2018-05-02 14:24 | 愛山メッセージ


<< 5~6月スケジュール お待たせいたしました!「愛山・... >>