患いて三代続く豆腐屋の閉店告げる稚拙なる文字

《猛獣》

 国民をなめきった発言と傲岸不遜な態度をすこしも改めようとはしない某大臣は「オレはどんなことをしても許される」と考えている確信犯ではないでしょうか。
 政治家の家系に生まれ、取り巻きにへつらわれ、権力を餌にして育ってきた、まるで猛獣のような人だと思います。

《役人の耳》
 江戸時代の昔から役人が庶民の話を聞かぬのは、話をきかないわけではなく、最初から聞く耳をもっていないからでしょう。
 役人の耳に念仏です。

《プロレス》
 講談とプロレスは善玉悪玉がハッキリしていますし、プロレスのファイトは講談の武芸物に似ていて、双方相通じるものがありますが、わたしが見ていた頃のプロレスは「間(ま)で見せる芸」ですが、今のプロレスは「アクションで見せるショー」ですね。

『講談カフェ昼席』
4/10(火)4/17(火)13:15
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ワンドリンク付・ブログプリント持参割引なし)
4/10(火)いちか・神田真紅・神田あおい・神田春陽(仲入り)神田愛山
4/17(火)いちか・神田紅佳・一龍斎貞寿・神田織音(仲入り)神田愛山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


[PR]
by aizan49222 | 2018-04-05 15:17 | 愛山メッセージ


<< 成功した破滅型 権力の傲慢 >>