引退ロード「終活の会」
《泰明小学校の制服》
 ブランドの制服採用に関する校長の記者会見を見ましたが、恐らくこの男は遊び人ですよ(笑)。小学校の校長がメガネレンズに紫を入れてどうするんですか(笑)!?
 それにしても生徒がアルマーニならば先生方は何を着るんですか?シャメルですか(笑)?

《唾棄すべき共同体》
 東京の西のはずれの小次郎不忠税務署(仮名)に出かけて確定申告をすませましたあと、女性署員に「あなた方の長官が国有地払い下げに関する書類を廃棄してしまったというのに、どうして我々はきちんと書類を揃えて提出しなければならないのですか?」と質問したところ「そのこと(佐川事件)と確定申告は関係ありません」というつれない返事が返ってきました(笑)。
 両者に関係はないというこの女性署員の態度はあまりにも自覚がなさすぎます。
 我々に納税の義務があるならば、税務署員は佐川事件についてきっちり説明しなければならない義務があるのですよ。
 こうして責任問題から逃げまわる姿勢は国税庁長官から下っ端の税務署員にいたるまで一貫していますね。
 やはりとても民間では使い物にならない連中で、唾棄すべき共同体です。
 この上は「佐川を出せ」とアピールしている市民運動の全国規模の展開を期待する以外にはありません。
 平成、確定申告の乱です。

《引退ロード「終活の会」》
 今度の「終活の会」が引退ロードの第一歩になることは間違いないでしょう。
 しかしこの引退ロードがどの程度の年数になる道のりなのか、それはわたしにもわかりません(笑)。
 声帯治療中の身の上で、お聴き辛い高座は平にご容赦いただきますが、懸命につとめることだけはお約束いたします。
 ご来場のほど伏してお願い申し上げます。

『愛山、終活始めます。聴いておくなら今。―講談は、ダンディズムである。神田愛山』
愛山演題
結城昌治原作「始末屋卯三郎暗闇草紙初不動地獄の証文」
講談私小説「ある講釈師の最期」
助演:玉川奈々福(浪曲一席)
2/24(土)13:00・浅草木馬亭(台東区浅草2ー7ー5)自由席・予約3000円・当日3500円
予約:ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp 090ー7001ー6867
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


[PR]
by aizan49222 | 2018-02-18 22:18 | 愛山メッセージ


<< 定年と引退 第二の変声期で臨む「愛山、終活の会」 >>