忸怩たる思い
《官房機密費》
 官房機密費は誰にいくら支払ったかなどは一切公開されないようですから、どうか官房長官、わたしにコーヒーとチーズケーキをご馳走してください。
 女流講釈師の実年齢をはじめとして、講談界の機密をお洩らし申し上げます(笑)。

《忸怩たる思い》
 すでに所持しているというのに、先日古本屋で結城昌治先生の「幻影の絆」という昭和39年の初版本を購入してしまいました。
 もっとも結城作品なら同じ本が何冊あっても構いませんが、これも可愛らしい老齢化がなせる業かもしれません(笑)……と、ここまで書いて気がつきました。
 わたしは二代目山陽65のときの弟子ですが、何とわたしが今年65になるのです!
 矍鑠(かくしゃく)としていた師の高座が脳裏に浮かび、我が身を省みて、まさに忸怩たる思いがいたします。
 ……結城昌治先生原作の「斬に処す~甲州遊侠伝」(昭和46・5~10月週刊アサヒ芸能連載)も、いよいよ佳境。全十二席の真ん中の坂にさしかかりましたが、師の書棚にもこの本はありました。
 ご来場のほど伏してお願い申し上げます。

『神田愛山独演会』
1/26(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ブログプリント持参割引あり)
愛山演題~結城昌治原作『斬に処す』より「甲州遊侠伝(六)金川の間違い」他一席
※下記自主制作カセットテープ(過去の高座収録)「神田愛山の軌跡」販売あり。各2000円。
(十四)『花川戸助六伝寺西閑心』H19・6・16講談倶楽部・お江戸両国亭『花川戸助六伝伝次殺し』H19・10・17講談倶楽部・お江戸両国亭
(十五)『花見の付け人』H13・4・30愛山の会・お江戸日本橋亭『卒園式』H16・3・28・六畳庵・自宅
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


[PR]
by aizan49222 | 2018-01-21 23:02 | 愛山メッセージ


<< 愛山、終活の会 羨ましき無宿人 >>