神田愛山『ベラ 私小説掌編集』三篇
《ダンボールの位牌》
 倅をヤクザな稼業(講談師)にしてしまった母の死を克明に残しておきたかった……。それだけの思いで書きました。

《出身地》
 わたしは生まれ故郷と育ちの故郷が違っていて、育ちの故郷を出身地としてきた経歴詐称のような罪悪感を解消したかったのです。

《ベラ》
 孤高の講談師を気に入ってくれたメスの野良猫に捧げる作品です。今でも時折「彼女」のことを思い出し、ホロリとします。

 もちろん三編とも講談師の生態にふれる味つけをしておりますが、私小説は心を暴くことの業であり、為に命取りにもなりましょう。

『ベラ 私小説掌編集』神田愛山著
B6版76頁・1000円(税別)
サイバー出版センター TEL03ー3797ー3182


『講談カフェ昼席』
10/13(火)10/20(火)13:15
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ワンドリンク付・ブログプリント持参割引なし)
10/13(火)紅佳・神田真紅・神田松之丞・神田春陽(仲入り)神田愛山
10/20(火)こなぎ・神田すず・一龍斎貞寿・神田織音(仲入り)神田愛山
※拙著販売あり
by aizan49222 | 2015-10-09 14:39 | 愛山メッセージ


<< 天敵 宝井馬琴先生 >>