年明くる急くな騒ぐな控へおれ
 新年明けましておめでとうございます。
 昨年は半年に及ぶ歯科治療に肉親の入院、厄介な生活雑事と、まさに凶事続きの一年でありました。
 しかも年末の大掃除では腰を痛めてしまうありさまです。
 最後の最後までお天道様にいじめられてしまいました。
 今年もややこしい年になることは間違いないのですが、わたしの仕事初めは1/4「競演!清水次郎長伝~愛山・喬太郎・奈々福」の会となります。
 が、これがなんと予約客だけで満員札止め、当日券をお出しできないという、年の始めにふさわしく幸先のよい会となりました。
 この会の情報を予約締切後に知った方には、まことに申し訳ない限りなのですが、こればかりは仕方がありません。
 こういうことは誰にも予測できないはずです。
 その代わりといってはなんですが、わたしの還暦祝の会は、まだお席に余裕がございます。
 どうか、ご予約ください(笑)。
 とにもかくにも今年も己に鞭打つ以外にはありません。
 何卒よろしくお願い申し上げます。


「神田愛山還暦祝講談会(懇親会付)」
1/25(土)17:00
赤坂日本料理「峰村」(地下鉄千代田線赤坂・乃木坂駅より・港区赤坂7ー11ー7栗原ビルB1 赤坂小学校そば・ホテルマロウドイン赤坂前・栗原酒店下)
6000円(講談会・懇親会料金含・完全予約制・20名限定)
(問・申込)03ー3430ー6615愛山工房
神田松之丞・神田春陽
「(赤穂義士伝)二度目の清書」「(講談私小説)角袖」神田愛山
※角袖(かくそで・着物に着る和風コート)
by aizan49222 | 2014-01-01 01:28 | 愛山メッセージ


<< 昭和47年春 忸怩たる還暦の年暮れにけり >>