他山の石
 わたしは結束信二さんが脚本を書き、栗塚旭、島田順司、左右田一平さんたちが出演する「新選組」以外には興味、関心はありません。
 が、それでも以前、ある新選組のドラマが制作されたときに、その脚本家だか、演出家の方がいわれた「実際の新選組隊士と同じ年齢の俳優を使った」というコメントには、ずいぶん驚かされたものです。
 たとえば江戸時代の二十才を表現するためには、三十才の俳優に演じさせないことには、とてもではありませんが、江戸時代の二十才を表現することはできないでしょう。
 江戸時代の人のほうが、現代人よりもはるかに成熟度が早いからです。
 これはすこし安易な制作方針だなと、そのときは思いましたが、他山の石といたします。


「神田愛山独演会」5/31(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ブログプリント持参割引あり)
愛山演題「清水次郎長伝(十四)仁吉の離縁場」他一席

下記自主制作CDも販売いたします。
神田愛山自選講談集別巻(12)
「清水次郎長伝(十二)三本椎の木お峯の茶屋」
「清水次郎長伝(十三)飯田の焼き打ち」
2000円
ただしパソコンで記録したディスクのためプレイヤーの仕様によっては再生できない場合がございますので、あらかじめお断り申し上げます。
[PR]
by aizan49222 | 2013-05-29 18:21 | 愛山メッセージ


<< 悪夢 自主制作CD新発売 >>