人気ブログランキング |
神田愛山・柳家喬太郎二人会
大変お待たせをいたしました。いよいよ高い評価をいただいている神田愛山・柳家喬太郎二人会の日にちが迫ってまいりました。
当日は18:00から18:30までは前座、二つ目さんに時間をつないでもらってお客さまのお席を暖め、それからが二人会の幕開けとなります。
双方古典と新作を一席ずつ。十年来変わらぬ構成です。じっくりと二人を聴き込んでください。演芸ファンであることを誇りに思っていただきます。「この会は寄席の宝ですね」と、ご定連からいわれたことが何よりの自慢です。
 ……蛇足ながら、わたしの読み物の解説をしておきます。

「左甚五郎陽明門の間違い」甚五郎ネタは講談落語共通の「竹の水仙」「三井の大黒」でおなじみですが(落語に「水呑みの龍」はないようですが、講談に「ねずみ」はありません)この「陽明門の間違い」を聴かれると吹っ飛びますよ。皆さま方がイメージしておられる甚五郎物とは、まるで違います。わたしは侠客伝のつもりで読んでいます。甚五郎がどうして左甚五郎といわれるようになったかという凄惨な一席です。ぜひこれからの客席での話のタネにお聴きください。
「安心できない男」アメリカのテレビドラマ「名探偵モンク」そして古典落語の「水屋の富」に倣い、講談で強迫神経症を笑いのうちに紹介したいと思い、この一席を創ってみました。もちろんモデルはわたし自身です。

今年は天変地異に人災と、最悪の一年でした。せめて最後は神田愛山・柳家喬太郎二人会で締めくくってください。年の瀬の夜の深い闇もオツなものです。


「神田愛山・柳家喬太郎二人会」12/20(火)18:00
・お江戸両国亭(JR両国駅東口徒歩5分・地下鉄大江戸線A5出口・本所警察隣・墨田区両国4ー30ー4)
・2000円(全当日自由席・予約前売りブログプリント持参割引なし)
・好吉・春陽・「左甚五郎陽明門の間違い」神田愛山・「花筏」柳家喬太郎(仲入り)
 「おたのしみ」柳家喬太郎・「安心できない男」神田愛山
by aizan49222 | 2011-12-14 15:27 | 愛山メッセージ


<< 諸々 談志師匠、お疲れさまでございました >>