人気ブログランキング | 話題のタグを見る
年忘れコタン講談会
 わたしが初めて鬱気分を鬱として意識しましたのは、小学一、二年の頃に近所を歩いていて、どこからか童謡の「春よ来い」(作詞・弘田龍太郎 作曲・相馬御風)が流れてきたときのことです。
 この歌を聴いた途端に、わたしは学校へいくのはイヤだ、人に会うのはイヤだという思いに囚われてしまいました。
 春という言葉が新学期を連想させたからでしょう。
 大正後期に創られた名曲に間違いはありませんが、わたしはいまだにこの歌が苦手です。
 心の病との付き合いはそれ以来ですが、今朝も漠然とした焦燥感を引きずって目が覚めました。

 が、これが普通。わたしにとっては当たり前の朝なのです。
 わたしの楽屋の友人に「厄介事に巻き込まれ、どんなに不快で面倒な状況にあろうと、夜はぐっすり寝られるよ」という男がいて、人から「おまえは今ぐっすり寝てる場合じゃないだろう」といわれ、自分でも「そうだ。その通りだ。おれは今ぐっすり寝てる場合じゃない……とは思うけど、それでもやっぱりぐっすり寝られる」というのです。
 とても健康で、そして強い男だと、つくづく思います。

 ……暮れに入ります。赤穂義士伝の季節です。この読み物は講談の中でも別格扱いを受けます。
 ぜひとも忙中の閑をみつけていただきまして「コタン講談会」へのご来場をよろしくお願い申し上げます。

 なお終演後お時間のある方は打ち上げをいたしましょう。そのまま客席へお残りください(別途料金)。

「第13回コタン講談会」12/3(金)19:30
・ライブハウス四谷コタン(新宿区若葉1ー9金峰ビル101)
・2000円+ワンドリンクオーダー制(ブログプリント持参割引なし)四ッ谷駅(四ッ谷見附交差点側)を出て
 新宿通りを上智大学とは反対方向に直進5分ほど歩くと左側にジョナサンあり左折初角を右折突き当たって左折15mほど先左側ビル~
・「前講」神門久子・「(講談ショートショート)あの時の男」「(赤穂義士銘々伝)赤垣源蔵徳利の別れ」神田愛山
by aizan49222 | 2010-11-26 10:38 | 愛山メッセージ


<< 名探偵モンク(Ⅰ) 誕生日の独演会 >>