人気ブログランキング | 話題のタグを見る
敵前逃亡
 「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会」が大盛況のうちに終わりました。寸評をつけます。

「(徳川四戦記)三方ヶ原軍記」高木洋子……初出演の高木さんは、他の講師にもついておられるようですが、わたしに教わったことにより、講談を習うということがどういうことか、一席の読み物を仕上げていくことがどういうことかが、ハッキリとお解りになったことでしょう。大変に結構でした。

「(結城昌治原作)七人目」露地野一文(神村昌志)……一文さんの講談は実に聴きやすいです。アドリブが効き、クスグリもウケていましたネ。キャリア2年で、これだけやれればたいしたものです。次の課題はオリジナルの新作です。

「(明治白浪女天一坊)爆烈お玉」露地野ぼん子(神門久子)……ぼん子さんは間違いなく、プロの女流二つ目の実力があります。

 ……ある高名な外国のピアニストが、コンサートを前に急病帰国。
 わたしは彼のピアノを聴きそびれてしまいましたが、パンフレットによりますと、彼は長時間の移動が嫌いで、10年前に来日したときにも「もう日本を訪れることはない」といっていたようですから、そんな諸々の心労から倒れてしまったのでしょう。
 出社拒否や不登校と同じく明らかな敵前逃亡だと思います。
 が、わたしにはその彼の気持ちが痛いほどよくわかります。

わたしは幼稚園に通い始めた頃から世の中に対する恐怖心があり、それがそのままわたしの根本精神となってしまいましたから、たとえば「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会」のように、自分が主催してリスクを背負う会などは、失敗することばかりを想定して、その数日前から吐き気をともなう大緊張に囚われ、心身共に萎縮してしまいます。
 そして毎回すっぽかすことばかりを考えますが、実行できずに今日まできています。
 わたしはコンサートをキャンセルしたピアニストよりも度胸がありません。

 で、性懲りもなく、また独演会のご案内です。

「神田愛山独演会」11/26(金)19時
・らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F
 (ビル裏口エレベーターよりお乗りください。降りて左)千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・愛山演題「鼠小僧次郎吉伝(三)箱根の湯治場」他新作一席
by aizan49222 | 2010-10-26 17:32 | 愛山メッセージ


<< 11~12月スケジュール 言動と行動 >>