扇風機
 高校を出るまで、わたしは父親の会社の社宅に住んでおりましたが、冷暖房器具はコタツと扇風機だけでした。
 扇風機は首振り機能だけで、タイマーはついてはおりません。
 おまけに両親の部屋に1台しかありませんから、とても子供部屋まで、扇風機の風は届きません。

 そこでわたしは夏の夜になりますと、いつも濡らしたタオルと団扇を枕元に置いて寝ていました。
「大人になったら、扇風機をつけっぱなしで寝るんだ」
 と、毎日のように夢見ていたものです。

 しかし大学に進学して川崎で一人暮らしを始めたときも、親は冷暖房器具を買ってくれませんでしたし、講釈師になってからも無縁の品でした。
 ただでさえすくない収入はすべて飲みしろにまわし、コタツや扇風機を買う余裕は、とてもなかったのです。

 ですからわたしにとってコタツや扇風機は贅沢品なのです。
 今はおかげさまでタイマー付扇風機をフル回転させていますが、エアコンを買ったことがありません。
 コタツや扇風機を贅沢品と思っている人間にとり、エアコンなどは王侯貴族の持ち物なのです。

  ……このアパートの部屋の前の住人がエアコンを残していってくれましたが、やはり分不相応との思いが強く、とても使えません。
 使っていると料金が気になって冷や汗が流れてくるのです……。
 ですから来客があるとき以外には、エアコンは滅多に使用していません。
 わたしはすでに贅沢品の扇風機を使いまくっているのです。
 これ以上の贅沢は罰が当たります。
[PR]
by aizan49222 | 2010-07-20 21:49 | 愛山メッセージ


<< 神田愛山自選講談集(8)「小夜... 浴衣 >>