<   2016年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
7~8月スケジュール
(一般客入場可能会限定(日本講談協会定期公演・永谷商事主催公演除)諸事情による変更、代演、休演、ネタ変更、予告なしの入場料値上げ等はご容赦願います(問)03ー3430ー6615愛山工房)

※「ベラ 私小説掌編集」神田愛山著・B6版76頁(「ダンボールの位牌」「出身地」「ベラ」の三篇)1000円(税別)各会にて販売(除松丘亭寄席)。
出版社へ直接注文も可。
サイバー出版センター
TEL(03)3797ー3182
 

『ギャラリー講談会~神田愛山独演会』
7/2(土)14:00・17:30(二部制)
栃木県佐野市まちなか活性化ビル2F市民ギャラリー(JR・東武線佐野駅改札出て左 駅を背にして真っ直ぐ歩き数分正面のビル・佐野市高砂町2794ー1)
無料・予約0283ー20ー3044佐野市役所文化振興課
《昼》
「落語」立川幸之進
「(江戸の狂歌師)蜀山人」神田愛山
《夜》
「落語」立川幸之進
「(江戸の絵師)円山応挙の幽霊画」神田愛山

 
『講談カフェ昼席』
7/12(火)7/19(火)8/9(火)13:15
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ワンドリンク付・ブログプリント持参割引なし)
7/12(火)紅佳・神田真紅・神田松之丞・神田織音(仲入り)神田愛山
7/19(火)こなぎ・神田すず・一龍斎貞寿・神田春陽(仲入り)神田愛山
8/9(火)紅佳・神田真紅・神田春陽・神田織音(仲入り)神田愛山

 
『松丘亭寄席』
7/27(水)8/24(水)18:00
多磨墓地永福寺(西武多摩川線多磨駅下車線路沿いに新小金井方面へ数分踏切そば)
1000円(ブログプリント持参割引なし)
神田愛山・林家時蔵・柳家蝠丸・瀧川鯉昇・三遊亭右左喜
 

『神田愛山独演会』
7/29(金)19:30
らくごカフェ
2000円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題「徳川天一坊(十七)越前切腹」他一席

 
『神田愛山・宝井琴調~夏の会』
8/10(水)19:00
らくごカフェ
2000円(ブログプリント持参割引有)
「隅田川乗っ切り」琴調
「忠治の娘」愛山
(仲入り)
「若山牧水酒の歌」愛山
「五貫裁き」琴調


番外神田愛山独演会
『真夏の夜のミステリー』

おなじみの講談の意外な結末と真相!

8/21(日)18:00
らくごカフェ
2000円(ブログ持参割引あり)
愛山演題
清水次郎長伝
石松殺しは本当に都田三兄弟なのか!?
結城昌治原作
「森の石松が殺された夜」

徳川天一坊
天一坊は本当に偽のご落胤なのか!?
浜尾四郎原作
「殺された天一坊」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by aizan49222 | 2016-06-30 13:35 | 愛山出演スケジュール
引退しても続けたい会
 わたしが講釈師になった前後の昭和48~49年にかけて「結城昌治作品集」(朝日新聞社)全8巻が出版されました。
 が、わたしは人生の転換期の渦中にあり、そのことにウカツにも気づかず、その後数年経ってから古本屋で探し始め、1冊ずつバラで買い求めてきましたが、先日出かけた古書市で、最後の1冊を、ついに発見!刊行後42年かけて全冊を揃えました! 我ながらすごい!
 ネットの買い物では味わえない楽しみでありましょう。

 ……わたしが結城先生に初めてお会いしたのは二十代の半ばで、先生は五十代に入っておられましたが、その折りに同席した編集者に向かって「ぼくはもう半分は引退したつもりなんだよ」とつぶやかれたことを鮮明に覚えています。わたしは、
(先生、冗談じゃないですよ!もっともっと書いてくださいよ!)
 と心の中で叫び、実際に先生は亡くなられるまで書き続けられましたが、今のわたしはあのときの先生のお気持ちが実によく解ります。
 今はわたしが「引退したい」のです。限界が近づいています。
 そして「もうオレはダメだ」とニッコリ笑える日がきたら引退すると思います(このニッコリ笑えるかどうかが決断の大きな鍵になるはずです)。
 しかし矛盾した言い方を許してもらえば「引退しても続けたい会(笑)」が下記の二つとなります。
 この二つの会が、わたしの到達点なのです。
 ぜひお出かけ願います。
 
 
『神田愛山・柳家喬太郎二人会』
6/30(木)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2000円(自由席・予約不可・割引なし)
けん玉・神田春陽
「禁酒番屋」柳家喬太郎
「(天保水滸伝)三浦屋孫次郎の義侠」神田愛山
(仲入り)
「(露地野裏人作)ご近所大戦」神田愛山
「おたのしみ」柳家喬太郎

 
『神田愛山・宝井琴調~夏の会』
8/10(水)19:00
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ブログプリント持参割引有)
「隅田川乗っ切り」琴調
「忠治の娘」愛山
(仲入り)
「若山牧水酒の歌」愛山
「五貫裁き」琴調

※「ベラ 私小説掌編集」神田愛山著・B6版76頁(「ダンボールの位牌」「出身地」「ベラ」の三篇)1000円(税別)販売あり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by aizan49222 | 2016-06-23 11:30 | 愛山メッセージ
変常物(造語)
《政府地震調査委員会と地震予知連》
 今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率を発表して人心を撹乱し、国民を脅すだけ脅したあとに「これはあくまでもメド」はないですよ。無責任もはなはだしい。屁の突っ張りにもなりません。
 ……函館で大きな地震がありましたが、今回も地震予知連は無能でしたね。

《次の番》
 JTBの顧客個人情報流出!次はマイナンバーの番ですよ。間違いないですよ。知りませんよ。
 マイナンバーで国民管理などという暴挙は総務省のオバサマ大臣が孫子の代まであやまっても許されるものではありません。

《変常物(造語)》
 今度の「神田愛山・柳家喬太郎二人会」で、わたしの「(天保水滸伝)三浦屋孫次郎の義侠」は究極のダンディズム。演じていて身が震えます。
 また「(露地野裏人作)ご近所大戦」は、こうした台本をもらっても、他の講釈師はやらないでしょう。いや、できないでしょう。変常物(造語)という新ジャンルです。ま、お聴きください。

 
『神田愛山・柳家喬太郎二人会』
6/30(木)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2000円(自由席・予約不可・割引なし)
けん玉・神田春陽
「禁酒番屋」柳家喬太郎
「(天保水滸伝)三浦屋孫次郎の義侠」神田愛山
(仲入り)
「(露地野裏人作)ご近所大戦」神田愛山
「おたのしみ」柳家喬太郎
※「ベラ 私小説掌編集」神田愛山著・B6版76頁(「ダンボールの位牌」「出身地」「ベラ」の三篇)1000円(税別)販売あり
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by aizan49222 | 2016-06-17 14:45 | 愛山メッセージ
佐野での独演会
《マスゴミ》
 舛添さんの記者会見の席上「あなたをやめさせるにはどうしたらよろしいのでしょうか」と言葉を投げた記者がいましたが、これはいけません。
 質問ではなくて、明らかな個人攻撃になっています。
 わたしのブログではないのですから、公式の場で、こういう発言は控えましょう(笑)。
 だいいちどうして一介の記者に都知事がやめさせられなければならないのですか!?
 その記者は記者であることで人の生殺与奪の権利があるとでも思っているのでしょうか!?
 ……思っているのでしょうね。思っていればこその発言にほかならないでしょう。
 マスコミの中には時としてこうしたコの字をゴと濁らしたほうがふさわしい「マスゴミ」のような人物がまぎれこんでいますから油断がなりません。
 

《佐野での独演会》
 今年も生まれ故郷の佐野での独演会の季節となりました。
 佐野の皆さんは何卒隣近所の方をお誘いの上お出かけ願います。 呑龍幼稚園から天明小学校3年の昭和37年6月まで金井上町に居た佐藤清高こと神田愛山です。
 また佐野は東京からも楽に日帰り可能で、昼夜の合間にはお話もできます。
 ぜひ、ぜひ、ぜひ。
 
 
『ギャラリー講談会~神田愛山独演会』
7/2(土)14:00・17:30(二部制)
栃木県佐野市まちなか活性化ビル2F市民ギャラリー(JR・東武線佐野駅改札出て左 駅を背にして真っ直ぐ歩き数分正面のビル・佐野市高砂町2794ー1)
無料・予約0283ー20ー3044佐野市役所文化振興課
《昼》
「落語」立川幸之進
「(江戸の狂歌師)蜀山人」神田愛山
《夜》
「落語」立川幸之進
「(江戸の絵師)円山応挙の幽霊画」神田愛山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by aizan49222 | 2016-06-14 11:11 | 愛山メッセージ
陽司へのメール
 おい、陽司よ。元気にしてるか。天国の暮らしには慣れたか?先に逝ってる師匠や山裕と会でも始めたか?
 娑婆は都知事が自業自得とはいいながら、ひどい目にあってるぞ。
 そうか、あの世でも評判か。
 でも舛添さんはあれほどのマスコミの攻撃を受けながらも、よく素面で対応してるよ。
 これは並みの精神力ではない。それだけは感動もので、心底見習いたいと思うよ(笑)。
 でも家族旅行の経費を政治資金で支払うのは許されないことで、研修と称する慰安旅行の金を会社の経費で落とすのは許されるんだよな(笑)。
 とくにバブル最盛期の頃など、重役連はずいぶん会社の金を私的に流用していたそうだし、当局に捕まらないように横領との一線もちゃんと心得ていたそうだよ(笑)。
 みんな自分たちのやっている悪事を舛添さんに肩代わりさせて攻撃し、そうすることによって自分たちの罪が帳消しにされたかのように錯覚してるだけだよな。
 こうした心の適応機能を、たしか心理学では投射とかいったはず……。
 それからおれは今月末日をもってインターネットのプロバイダーとの契約を解約するよ。
 手続きはもう完了してある。
 インターネットに接続すると理解不能のアクシデントが多くあり、そのつどいつも君に電話して対応策を教えてもらってたよな。
 その君もいなくなってしまったし、もうネットを続けるのは限界だよ。
 高齢者や神経症者はネットなどやらないほうがいい。間違いなく寿命が縮んだよ。
 でもこれでようやくネットストレスから解放される……。
 このブログは知人のパソコンから公開してもらってるから大丈夫。
 や~れ、やれ。
 ……またメールをするよ。もちろんガラケーでな(笑)。
 じゃあな。
 

『講談カフェ昼席』
6/14(火)6/21(火)13:15
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ワンドリンク付・ブログプリント持参割引なし)
6/14(火)紅佳・神田真紅・神田あおい・神田春陽(仲入り)神田愛山
6/21(火)みのり・神田松之丞・神田すず・神田織音(仲入り)神田愛山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by aizan49222 | 2016-06-09 16:23 | 愛山メッセージ
介錯人
 徳川に忠誠を尽くし、五稜郭で果てた旧幕臣の兵士たちに、わたしはどうしても伝統芸の崩壊、男性講釈師たちの末路を合わせみてしまいます。
 五稜郭に押し寄せる官軍が女流講談となります。
 時代の波が、お客が、女流講談を好むのであれば、それはそれで仕方がないことでありましょう。
 政権交代です。
 しかしいくら敗軍の将とはいいながら、越前北の庄の城に火を放ち自刃した柴田権六勝家のように、せめて散りぎわだけは毅然としていたい。
 で、ひょっとするとわたしは「神田愛山・柳家喬太郎二人会」で、喬太郎さんに、伝統芸に殉ずるわたしの介錯を頼んでいるのかもしれません。
 この人の介錯ならば、喜んで散れるでしょう。
 この会を始めて15年は経っていると思いますが、今さらのように気がつきました。
 毎回介錯人をつとめてくださる喬太郎さんにはご苦労なことです(笑)。
 いいかげんに「早く死ね!」でありましょう(大笑)。


『神田愛山・柳家喬太郎二人会』
6/30(木)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2000円(自由席・予約不可・割引なし)
けん玉・神田春陽
「禁酒番屋」柳家喬太郎
「(天保水滸伝)三浦屋孫次郎の義侠」神田愛山
(仲入り)
「(露地野裏人作)ご近所大戦」神田愛山
「おたのしみ」柳家喬太郎
※「ベラ 私小説掌編集」神田愛山著・B6版76頁(「ダンボールの位牌」「出身地」「ベラ」の三篇)1000円(税別)販売あり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by aizan49222 | 2016-06-06 12:01 | 愛山メッセージ
自主制作CD情報
神田愛山自選講談集別巻21

「徳川天一坊(十四)英昌院」
「徳川天一坊(十五)紀州調べ(上)」

通販はいたしません。愛山主催会のみにて販売。
パソコンで記録したディスクのためプレイヤーの仕様によっては再生できない場合がございますので、あらかじめお断り申し上げます。2000円。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by aizan49222 | 2016-06-03 14:38 | 愛山自主制作CD情報