<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
早耳情報~講談私小説品川陽吉遺言シリーズ第二弾「講談界分裂」
 長い間被爆体験を語らなかった方が、余命を考え、これだけはぜひとも言い遺しておかなければならぬと、今初めて語り出したという話を伺いましたが、わたしの講談私小説品川陽吉遺言シリーズも、まったく同じ心境から発想しています。
 わたしが体験した講談界を揺るがした出来事を、ぜひとも客席に遺しておかなければならないと考えるようになったのです。
 前作「幻の襲名」に次ぐ第二弾の「講談界分裂」は、平成三年秋の講談界分裂から、主人公の講釈師品川陽吉の師である二代目品川陽山の死までをとりあげています。
 これは過去に一度だけ高座にかけて、そのまま封印をしてしまった作品ですが、今回その封印を解き、手直しをして、タイトルも改め、9月の独演会でお届けをいたします。
 どうか今のうちからの日程調整をよろしくお願い申し上げます。


『神田愛山独演会』
9/25(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ブログプリント持参割引有り)
※木戸にて拙著「ベラ」販売あり
愛山演題「徳川天一坊(十二)召し立て再吟味」「(講談私小説品川陽吉遺言シリーズ)講談界分裂」


神田愛山『ベラ 私小説掌編集』
B6版76頁・1000円(税別)
「ダンボールの位牌」「出身地」「ベラ」収載。
書店には並びません。愛山主催会か、らくごカフェ(東京都千代田区神田神保町2ー3古書センタービル5F)にて発売。出版社に注文も承ります(地方在住の方は、ぜひ電話をかけてください)。
《サイバー出版センター》
〒150ー0002東京都渋谷区渋谷2ー15ー1渋谷クロスタワー22階サイバー創研内
TEL03ー3797ー3182
[PR]
by aizan49222 | 2015-08-17 00:09 | 愛山メッセージ
プロ中のプロ「吉本新喜劇」
 花紀京先生が亡くなられました。わたしは中学の頃から、この先生と岡八朗先生の大ファンでした。
 そして平参平、原哲男、船場太郎といった方々……。
 わたしはこうした関西喜劇人のイメージがあまりにも強いものですから、今の吉本新喜劇は敬して遠ざけてきました。
 往年の吉本新喜劇の面白さにかなうわけがないと思っていたからです。
 ですから吉本新喜劇がテレビで見られる環境にありながら、今まで避けてきたのです。
 しかし今年の正月があまりにも暇でありましたがために、思いきって(敬して遠ざけてはきたけれど気になって仕方がなかった)吉本新喜劇にチャンネルを合わせてみて驚きました。
 いやその面白いの何の!
 わたしはたちまちのうちに病みつきとなり、それからというものは録画して何度も見るようになってしまったのです。
 とくにわたしは清水けんじさんが贔屓で、あの個性豊かな座員たちを舞台で仕切る腕前は、間といい、テンポといい、お見事の一語に尽き、まさに玄人好みの存在といえましょう。
 ……芝居の筋の流れからいって、その場を立ち去らなければならない中川貴志さんがつまらない理由ですぐに戻ってきて、清水さんが早く行けといっても、中川さんがまたすぐに戻ってきてしまうという、ただこの繰り返しだけで爆笑をとる……。
 このネタで見せるご両人の絶妙の呼吸は天下一品です。
 講談と喜劇、個人芸と集団芸という違いはあるものの、プロが唸る芸を見せるのが真のプロと定義するならば、わたしはプロ中のプロとは「吉本新喜劇」のことだと思っています。
 座員のどなたかとお会いしたい。
 本当にお会いしたい……。


神田愛山『ベラ 私小説掌編集』
B6版76頁・1000円(税別)
「ダンボールの位牌」「出身地」「ベラ」収載。
書店には並びません。愛山主催会か、らくごカフェ(東京都千代田区神田神保町2ー3古書センタービル5F)にて発売。出版社に注文も承ります(地方在住の方は、ぜひ電話をかけてください)。
《サイバー出版センター》
〒150ー0002東京都渋谷区渋谷2ー15ー1渋谷クロスタワー22階サイバー創研内
TEL03ー3797ー3182
[PR]
by aizan49222 | 2015-08-10 19:52 | 愛山メッセージ
元総理と現総理
《元総理》
 東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の元総理が新国立競技場の常識外の建設予算を責められて「国がたかだか2千5百億円も出せないのか」と臆面もなく発言したそうですが、この傲岸不遜さに拍手、拍手。ここまでくればお見事です。
 ……ところで今度は大会エンブレムの盗作問題が出てきたそうですが、ちなみにわたしがIOCの親玉でしたら、もはや日本でのオリンピック開催は認めませんね。
 まるで出来の悪い前座に寄席を開くのには不慣れな会場の設営をまかせているようで、まともな高座がつとまるかどうか心配で仕方がないからです。

《現総理》
 あるお宅の小学3年生の娘さんは「6年生のお兄ちゃんが戦争にいくのはイヤだ!」と、総理がテレビに映るたびに「総理!ふざけんじゃないぞ!お前が一人で戦争にいってこい!」と絶叫するそうです。いわば家庭内デモ(笑)。
 安保法案に関する総理の答弁は、中身をまったく理解しておらず、ただ暗記したものを丸読みしている前座講釈師と同じ口調という印象です。


神田愛山『ベラ 私小説掌編集』
B6版76頁・1000円(税別)
書店には並びません。愛山主催会か、らくごカフェ(東京都千代田区神田神保町2ー3古書センタービル5F)にて発売。出版社に注文も承ります(送料はご負担願います)。
《サイバー出版センター》
〒150ー0002東京都渋谷区渋谷2ー15ー1渋谷クロスタワー22階サイバー創研内
TEL03ー3797ー3182
[PR]
by aizan49222 | 2015-08-03 00:22 | 愛山メッセージ