<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
悲運なる武将語れる講談会雨のそぼ降る山の廃校
 温泉地として知られる新潟県松之山に行ってまいりました。廃校になった旧松里小学校体育館で開かれた「上杉房能公祭」に出演するためです。
 八代越後守護職であった上杉房能は今から五百年ほど前の下克上最初の犠牲者で「ご当地講談」として平成十四年にわたしがまとめました。
 すでに現地で何度か口演しておりますが、そのつど非常に演じやすく、地方のお客さんの芸の鑑賞力は確実に上がっていると感じたものです。
 それにしても当日は雨でしたが、廃校になった小学校に佇みますと、無性にものの哀れを感じるものです。
 上杉房能を語るには最適の会場であったかもしれません。

 ……寄席好きの旅館や民宿のオーナーがいらっしゃいましたら、ご一報ください。
 寄席好きのお客さんを集めてツアーを組んで、いつの日かお邪魔をしたいと思いますので。
 03ー3430ー6615(愛山工房)


『ベラ~私小説掌編集』
神田愛山・サイバー出版センター・1000円(税別)

サイバー出版センター
〒150ー0002東京都渋谷区渋谷2ー15ー1渋谷クロスタワー22階サイバー創研内
TEL(03)3797ー3182
http://www.cybersoken.com/cpc/
 書店には並ばない本ですので、出版社に直接お申し込みになられるか、もしくは愛山主催会、及びらくごカフェ(東京都千代田区神田神保町2ー3古書センタービル5F)にてお求めください。
[PR]
by aizan49222 | 2015-06-30 10:57 | 愛山メッセージ
神田愛山・柳家喬太郎二人会
 先日ある古本市で結城昌治先生の本を見つけました。
 もちろんわたしは先生の作品は(本に収録されていないショートショートを除いて)すべて読破しておりますが、同じ作品でも、わたしが所持していない装丁のものです。
 わたしは今度の『神田愛山・柳家喬太郎二人会』で結城作品を演じますので、まことに幸先のよい思いがいたしました。
 祝日がなく、しかも鬱陶しい季節に、すこしでも息抜きをしていただこうと、あえて6月に開く『神田愛山・柳家喬太郎二人会』です。
 この会は本当に貴重な会だとの自負があります。
 抽象的に一言でいえば「熟す会」です。
 わたしの著書「ベラ~私小説掌編集」も、木戸にて販売いたします。
 ご来場のほど伏してお願い申し上げます。


『神田愛山・柳家喬太郎二人会』
6/26(金)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2000円(ブログプリント持参割引なし・全当日自由席・予約不可)
楽天
神田春陽
「そば清」柳家喬太郎
「(花川戸助六伝)斬られ藤次」神田愛山
(仲入り)
結城昌治原作(講談ショートショート)「絶対反対」「秩父銘仙」神田愛山
「おたのしみ」柳家喬太郎
[PR]
by aizan49222 | 2015-06-23 01:30 | 愛山メッセージ
ベラ~私小説掌編集
f0213653_15324717.jpg
『ベラ~私小説掌編集』神田愛山・サイバー出版センター・1000円(税別)

※サイバー出版センター
〒150ー0002東京都渋谷区渋谷2ー15ー1渋谷クロスタワー22階サイバー創研内
TEL(03)3797ー3182
http://www.cybersoken.com/cpc/

 わたしが初めて私小説に触れましたのは、高校の教科書に載っていた梶井基次郎の「路上」ですが、一人称で己の内面を綴る私小説に、わたしはすっかり夢中となり(ハードボイルドが好きになったのも私小説の影響です)憧れの思い断ちがたく、自分でも20年ほど前から私小説を書くようになり、その作品を講談私小説として高座でも演じ続けてまいりました。
 今度の本には「ダンボールの位牌」「出身地」「ベラ」の三作を収めましたが、書店には並びませんので、出版社にお申し込みになられるか、もしくは愛山主催会及びらくごカフェ(東京都千代田区神田神保町2ー3古書センタービル5F)にてお求めください。
 またこれからはたえず数冊は持ち歩きますので、わたしの姿を寄席で見かけましたら、どうかお声をおかけください。
 何卒よろしくお願い申し上げます。












[PR]
by aizan49222 | 2015-06-14 15:30 | 愛山メッセージ
武士の家
 弟弟子の山裕が亡くなりました。42才の厄年に脳内出血で倒れ、還暦の年に鬼籍の人になりました。肺炎です。
 山裕は癖のない優等生で、誰にでも好かれ、わたしとは正反対のタイプでした。
 わたしはこの男に賞も真打も、すべてにおいて先を越されてきましたが、まさか死ぬことまでも先を越されるとは夢にも思ってはおりませんでした(わたしのほうが一つ年上です)。
 苦労知らずの華やかな前半生であっただけに、後半生の車椅子での闘病生活は痛ましい限りでしたが、大勢の会葬者に送られての旅立ちは、まさに以て瞑すべしと申せましょう。
 ところで講談界の現状は武士の家に例えられます。
 つまり武士の家では、どんなに女の子に恵まれてもダメです。
 家督を相続するのは男ですから、何よりも男の子の誕生が待たれます。
 今の講談界は女の子(女流講釈師)にだけ恵まれ、男の子(男性講釈師)の数が激減しており、家督相続(伝統の継承)が危ぶまれている武士の家と同じなのです。


 神田愛山・柳家喬太郎二人会でも、拙著「ベラ~私小説掌編集」(1000円(税別)サイバー出版センター 03ー3797ー3182)は販売いたします。
 木戸にてお求めください。
 よろしくお願い申し上げます。


『神田愛山・柳家喬太郎二人会』
6/26(金)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2000円(ブログプリント持参割引なし・全当日自由席・予約不可)
楽天
神田春陽
「そば清」柳家喬太郎
「(花川戸助六伝)斬られ藤次」神田愛山
(仲入り)
結城昌治原作(講談ショートショート)「絶対反対」「秩父銘仙」神田愛山
「おたのしみ」柳家喬太郎
[PR]
by aizan49222 | 2015-06-09 11:04 | 愛山メッセージ
情報流出
 かねてより不祥事が続いている日本年金機構が、またやってくれました。
 125万件の情報流出です!
 しかも職員が不審なメールを開けてしまったがために、添付されていたウイルスに侵されてしまったというお粗末さ。
 危機感のカケラも見あたりません。酔っぱらいに金を預けているようなものです。
 仮にわたしの情報が流出してしまっていたとしたら、もはやどうしようもないでしょう。
 わたしは6/1日19:00からのNHKニュースで、このことを知りましたが、問い合わせ殺到で相談窓口の電話がつながりません。
 19:20から20回はかけましたが、結局21:00で時間切れ。
「このフリーダイアルによる受け付けは、ただ今の時間はお休みさせていただきます」
 とは言語道断!
 こんな事態を巻き起こしておきながら、本来ならば徹夜態勢で相談に応じなければならないはずでしょう。
 総理もおざなりのコメントを残しただけで、さっさと記者団に背を向けてしまいました(この前の野党議員に対するヤジのように「早く質問しろよ」とはいいませんでした。質問を避けました)。
 面倒になってしまったのでしょうね。
 や~れ、やれ。
 何事にも悲観的なわたしは、もはや年金の受給はあきらめましたが(国民年金未加入の方は本当に賢明です)誰が管理するのかは知りませんが、マイナンバー制度も情報が流出して必ずこういうことになりますから、やめたほうがいいですよ。


 ……講談カフェ昼席でも拙著「ベラ~私小説掌編集」は販売いたします(こういう情報は、どんどん流出させましょう。みなさまのご協力を仰ぎます(笑))。
 ご来場のほど何卒よろしくお願い申し上げます。


『講談カフェ昼席』
6/9(火)6/16(火)13:15
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ワンドリンク付・ブログプリント持参割引なし)
6/9(火)紅佳・神田真紅・神田松之丞・神田織音(仲入り)神田愛山
6/16(火)みのり・一龍斎貞寿・神田あおい・神田春陽(仲入り)神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2015-06-02 14:09 | 愛山メッセージ