<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
自主制作CD新発売!
神田愛山自選講談集別巻(14)
清水次郎長伝(十六)「仁吉の焼香場」
徳川天一坊(一)「名君と名奉行」
2000円

愛山主催会のみにて発売。通販はいたしません。パソコンで記録したディスクのためプレイヤーの仕様によっては再生できない場合がございます。
[PR]
by aizan49222 | 2013-11-27 18:46 | 愛山自主制作CD情報
神田愛山独演会
 わたしが今、芸人志望の演芸マニアであった中学生の頃に戻ったと仮定して、講釈師を志すかといったら、志しません。
 釈界(講談界)はもはや女流講談という新しい芸能に席巻されてしまっており、その女の世界に飛び込んでいく勇気は、とてもわたしにはありません。
 しかしお客の立場となって本格講談の牙城を守り続ける男性講釈師の高座は聴き続けるでしょうし、毀誉褒貶の激しい神田愛山の独演会にも通い続けると思います(笑)。
 この人のいう「講談の魅力はダンディズム」という言葉に、とても共感できるからです。
 ですから今回もまた出かけようと思ってます。


「神田愛山独演会」
11/29(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F
…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題「徳川天一坊(一)名君と名奉行」他一席
[PR]
by aizan49222 | 2013-11-24 16:52 | 愛山メッセージ
神田愛山独演会~伝統の匂い
 客席でよく姿を見かけるアマチュア講釈師(以下アマ講)のAさんから「多くのアマ講さんたちは、講談の型だけがほしいのであって、伝統はいらないのですよ」といわれました。
 内部告発に近いこの言葉は、講談のテクニックを学びに講師の元には通いますが、講談を聴きに講釈場には現れない多くのアマ講さんたちを痛烈に皮肉っているのです。
 講談がうまくなりたいと思ったら、講談を聴かなければダメです。
 これは当然のことでしょう。
 また講談の伝統は講釈場の客席に座ってはじめて体感できるのです。
 自分の身に伝統の匂いが染みるのです。
 その講釈場に通わず、伝統の匂いが漂わないアマ講さんたちの講談は、素人芸としての芸にまでも昇華されないでしょう。
 Aさんは「アマ講さんたちと、プロの講談の先生方の個々の芸の違いを話したいのに、それができないのですよ」ともいわれましたが、その通りだと思います。
 ちなみにわたしの独演会に来場されるアマ講さんは、Aさんを含めた数人のみです……。


「神田愛山独演会」
11/29(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題「徳川天一坊(一)名君と名奉行」他一席
[PR]
by aizan49222 | 2013-11-15 15:35 | 愛山メッセージ
神田愛山独演会~「徳川天一坊」ピカレスクロマン
 今回の独演会より我が二代目神田山陽一門のお家芸「徳川天一坊」を連続で申し上げることにいたします。
 この講談は古典の中でも最高難度の読み物です。
 全二十席ですが、今回はその一席目。外伝のような物語からスタートを切ります。
 回を進めていく先々途中からお聴きになられても、充分にご堪能いただけるように演じますが、やはり一席目から聴いていただくことに越したことはありません。
 天一坊と名を改め、徳川八百万石を手中に収めんものと企んだ一人の若者。紀州の修験者源氏坊階行(げんじぼうかいぎょう)。
 希代の大悪党といわれますが、わたしはこの天一坊を憎むことができません。
 まさにピカレスクロマンであります。
 あの江戸川乱歩先生が、師の「徳川天一坊」に惚れ切り、『これぞまさに探偵小説』との評価を与え、講釈場に通いつめたとの逸話が残されております。
 師がさも嬉しそうに、わたしに語ってくれました。
 その「徳川天一坊」を、わたしの六十回目の誕生月に開く独演会から読み進めていくというのも、これも何かの因縁かもしれません。
 「徳川天一坊」を聴かずして、講談の醍醐味は解りません。
 極論すれば講談とは「徳川天一坊」のことなのです。
 わたしの還暦祝いに付き合ってやるかとの思し召しで、ご来場のほど伏してお願い申し上げる次第です。


「神田愛山独演会」
11/29(金)19:30
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題「徳川天一坊(一)名君と名奉行」他一席
[PR]
by aizan49222 | 2013-11-07 16:42 | 愛山メッセージ
11~12月スケジュール
(一般客入場可能会限定(日本講談協会定期公演除)出演者諸事情による変更、代演、愛山休演及び予告なしの入場料値上げ等はご容赦願います(問)03ー3430ー6615愛山工房)

「講談カフェ昼席」
11/12(火)11/19(火)12/10(火)12/17(火)13:15
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ワンドリンク付・ブログプリント持参割引なし)
11/12(火)真紅・神田松之丞・神田あおい・神田春陽(仲入り)神田愛山
11/19(火)真紅・神田あっぷる・神田すず・一龍斎貞寿(仲入り)神田愛山
12/10(火)紅佳・神田あっぷる・神田松之丞・神田あおい(仲入り)神田愛山
12/17(火)みのり・神田すず・一龍斎貞寿・神田春陽(仲入り)神田愛山

「講談落語たっぷり会」
11/14(木)12/26(木)12:15
お江戸日本橋亭(地下鉄三越前駅A10中央通神田駅方面初角右折数分・中央区日本橋本町3ー1ー6)
2000円(ブログプリント持参割引有り)
11/14(木)寸志・立川幸之進・神田春陽・立川吉幸・神田愛山・立川談幸(仲入り)宝井琴調・「柳田格之進」主任・三遊亭竜楽
12/26(木)寸志・立川幸之進・神田春陽・立川吉幸・三遊亭竜楽・神田愛山(仲入り)立川談幸・「浜野矩随」主任・宝井琴調

「講談広小路亭」
11/18(月)12/20(金)12:00
お江戸上野広小路亭(上野広小路交差点角)
2000円(ブログプリント持参割引なし)
日本講談協会会員交互出演

「松丘亭寄席」
11/27(水)12/25(水)19:00
多磨墓地永福寺(西武多摩川線多磨駅下車線路沿いに新小金井方面へ数分踏切そば)
1000円以上(ブログプリント持参割引なし)
神田愛山・林家時蔵・柳家蝠丸・瀧川鯉昇・三遊亭右左喜

「神田愛山独演会」
11/29(金)19:30
らくごカフェ
2000円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題「徳川天一坊(一)名君と名奉行」他一席

「ギャラリー講談~神田愛山独演会」
11/30(土)14:00・18:00(二部制)
栃木県佐野市まちなか活性化ビル2F市民ギャラリー(JR・東武線佐野駅改札を出て左へ階段を下り 駅を背にして数分正面に見えるビル・佐野市高砂町2794ー1)
無料完全予約制・予約0283ー61ー1164佐野市役所文化振興課
愛山演題「(真田三代記)真田幸村、犬伏の別れから大坂入城」(各部同一演題)

「第21回コタン講談会」
12/6(金)19:30
ライブハウス四谷コタン(新宿区若葉1ー9金峰ビル101)
2000円+ワンドリンクオーダー制(ブログプリント持参割引なし)
「前講」神門久子・「(赤穂義士外伝)鍔屋宗伴」「(露地野裏人作)初夢の女」神田愛山
四ッ谷駅(四ッ谷見附交差点側)を出て新宿通りを上智大学とは反対の新宿方向に直進 5分程歩くと左側にジョナサンあり左折 すぐの角を右折 突き当たって左折 15m程先左側ビル1F
[PR]
by aizan49222 | 2013-11-04 21:31 | 愛山出演スケジュール