<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
早耳情報「神田愛山・宝井琴調~夏の会」「神田愛山・柳家喬太郎二人会」
講談といえば女流講談といわれる時代になってしまいました。
現実は事実ですから、とても辛く、認めたくはありませんが、認めざるを得ません。
しかし女流講談とはまだ新しい芸能であり、ダンディズムを男性の骨格美で包む伝統講談とは似て非なるものなのです。
 そのことは両者の客質が、あまりにも違うことでも明らかです。
 琴調さんと一緒に遊んでいた若い頃は、まさか我々が伝統講談の最後の砦になろうなどとは夢にも思ってはおりませんでした。
 とにかく講釈場の雰囲気をお楽しみください。
 これが伝統なのです。
 これが講談なのです。
 ご来場伏してお願い申し上げます。

「神田愛山・宝井琴調~夏の会」
8/23(金)19:00

らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ブログプリント持参割引有り)
「小田原相撲」琴調・「高野長英」愛山(仲入り)「(講談私小説)ベラ」愛山・「政宗堪忍袋」琴調

わたしは少年の頃からの落語ファンであり、いまだにそれは変わってはおりません。
わたしが今お客の立場におりましたら、間違いなく柳家喬太郎の追っかけとなるでしょう。
喬太郎さんは、そのくらいに魅力のある落語家さんです。
 しかし立場上わたしが客席で喬太郎さんの追っかけをするわけにはいきません。
ですから楽屋で追っかけをすることに決めました。
それがこの二人会です。
十年は続いておりますが、演芸史に残る会との自負はあります。
 業種の違いも、先輩も後輩もありません。
 夏の夜の高座に古典と新作の火花が散ります。
 どうかお楽しみください。

「神田愛山・柳家喬太郎二人会」
8/27(火)18:00

お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・本所警察(解体中)隣・墨田区両国4ー30ー4)
2000円(全当日自由席・予約前売割引なし)
楽天・神田春陽・「死神」柳家喬太郎・「小夜衣草紙」神田愛山(仲入り)「(講談私小説)涙のほくほく線」神田愛山・「おたのしみ」柳家喬太郎
[PR]
by aizan49222 | 2013-06-28 13:29 | 愛山メッセージ
田中正造伝
 生まれ故郷の栃木県佐野市での「ギャラリー講談~神田愛山独演会」のご案内です。
 今回は政治家であり、社会運動家でもあった郷土の偉人田中正造の物語を申し上げることにいたします。
 この田中正造という人は、すこしも権力におもねることなく、日本で最初に公害という言葉が使われた足尾銅山鉱毒事件の解決に心血をそそいだ反骨の人です。
 一昨年の震災以降天災+人災被害は大きな社会問題となっており、没後百年の今、再評価を受けている人物が田中正造です。
 この「田中正造伝」で「鉢の木」「井伊直弼伝」に続いて、わたしの念願でありました「ご当地講談佐野三部作」が完成いたしました。
 子供の頃正造翁が分骨されたお寺で野球をやって遊んでいたわたしです。
 田中正造を語る講釈師は、まずわたしがよろしいでしょう。
 しかも講釈場のご定連も驚かれる、わたしにしては珍しい社会派講談。
 どうかみなさま、お聴きにいらしてください。

「ギャラリー講談~神田愛山独演会」
7/6(土)14:00・18:00(二部制)栃木県佐野市まちなか活性化ビル2F市民ギャラリー(JR・東武線佐野駅改札を出て左 駅を背にしてまっすぐ数分歩き正面に見えるビル・佐野市高砂町2794ー1)無料・完全予約制(予約先)0283ー61ー1164佐野市役所文化振興課
愛山演題「田中正造伝」(二部同一演題)
[PR]
by aizan49222 | 2013-06-18 10:34 | 愛山メッセージ
心医者
《二度目の梅雨入り》
 気象の専門家以外の誰の目からみても、五月下旬に出された「梅雨入り宣言」は間違いであったことは明らかでしょう。
 まったく雨が降りません。
 これは空梅雨以前の問題です。
 しかし気象予報士たちは現状を「梅雨の中休み」と言い続けています。
 雨が降り続いていればこその梅雨の中休みなのであって、雨が降っていないのですから、中休みもヘッタクレもありません。
 微笑ましいといえば微笑ましいのですが、苦肉の策の表現としか、わたしには思われません。
 本当は雨乞いをしたい心境でしょうに。
 それにしても梅雨入りとだまされて咲いたアジサイが気の毒です。
 まるで精彩がありません。

 ……と、今度彼らは「二度目の梅雨入り目前」という言葉を使い始めました。
 これには思わず吹き出してしまいましたが、だいぶ前に「梅雨明け宣言」を撤回し、梅雨が明けないままに、その年が暮れてしまったこともありましたが、仕事はこのくらい気楽にやったほうがよいのかもしれません。

《カタツムリ》
 カタツムリは移動性に乏しい動物で、ごく狭い範囲を這いずるだけで、そのまま生涯を終えてしまうそうです。

 ……わたしは「カタツムリ講釈師」です。


《心医者》
 作家で精神科医(アルコール依存症の権威)のなだいなだ先生が亡くなられました。
 わたしが真打に昇進したときの口上書に挨拶文を書いてくださった先生です。
 その後共著で対談本を出させていただきました。
 なだいなだと肩を並べられた嬉しさは、今でも忘れられません。
 こちらの言っていることを、すべて包み込んでくれるやさしさと温かさのある先生で、まさに「心医者」でした。
 わたしの愛山という名前を「それは明治時代の壮士山路愛山からきているのではないかな」と指摘してくださり、わたしの持ちネタである「蜀山人」にもアドバイスをいただきました。
 新宿と北鎌倉のお宅にお邪魔したことがありますが、共に坂の多い地形で、そのことを話しましたら「そうかね」と穏やかに笑われた、その笑顔が忘れられません。
 酒に病み、なだいなだに助けられた大勢の方々と共に、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by aizan49222 | 2013-06-11 10:36 | 愛山メッセージ
入手困難なもの
 その日の朝、パソコンを立ち上げようとしたところ、パソコンの電源は入ったのですが、いつも待機状態にしてあるモニター画面が真っ暗で、電源も入ってはいませんから驚いたの何の!
 すぐに後輩の○司君(特に名を秘す。メカのセミプロ。幕末物を得意とする)に緊急電話連絡!
 状況を説明し、言われるがままに、テスト、チェックを繰り返したところ、○司君は「モニターの寿命ですね」という判断を下しました。
 が、○司君にも都合があり、我が家に来て彼の目で直接モニターをみてくれるのはひと月後になります。
 それまではもちろん放っておきますが、テスト、チェックの最中、やむを得ず、仕方がないこととはいいながら、二度も長押しでオフにしてしまいましたから、今度はパソコンが壊れてしまった可能性もでてきてしまいました。
 や~れ、やれ。
 まったく弱り目に祟り目です……と、ここまで原稿を書いたその日の深夜、何とモニターが復活したではありませんか!
 しかもモニターに電気コードのプラグがしっかりはめ込まれていなかったという、至極単純、お粗末な理由からでした。
 もちろん○司君の指示に従い、朝方チェックはしたところだったのですが、ほんのわずか抜けているだけでしたから、外見では気がつかなかったのです。
 深夜に書いているブログ原稿の手を休め、コーヒーをレンジで温めている時間待ちのついでに、ヤケのヤンパチと、気まぐれにプラグを強く押し込んでみたら……電源が入ったのです。
 過日掃除機をかけたときに、パソコンデスクを移動させましたが、そのときに抜けたものと愚考します。パソコンも無事でした。

 ……このモニター騒動の最中、パソコンと決別をしてワープロ専用機に代えようかとも考え、知人にネット検索を頼んだのですが、当然とはいえ今の世の中ワープロ専用機は入手困難となっていますね。
 まるで女流講釈師(パソコン)に市場を奪われてしまった男性講釈師(ワープロ専用機)のようです……。

「講談カフェ昼席」6/11(火)6/18(火)13:15
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ワンドリンク付・ブログプリント持参割引なし)
6/11(火)真紅・神田松之丞・一龍斎貞寿・神田織音(仲入り)神田愛山
6/18(火)真紅・神田すず・神田あおい・神田春陽(仲入り)神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2013-06-07 15:09 | 愛山メッセージ
悪夢
 ……わたしは病気療養中の知人を見舞うべく、目的地に向かっている電車を途中下車してしまいました。
 何故途中下車してしまったのかの理由はわからないのですが、とにかく途中下車してしまったのです。
 そして用足しをすませて踏み切りを渡って駅に戻り、もう一度電車に乗ろうとしたのですが、今度はどのホームから乗ったらよいのかがわからなくなってしまいました。
 だいぶ夜もふけており、駅以外の風景はまるで見えません。
 濃い闇の世界です。
 わたしはすっかりパニックになってしまいました。
 気ばかりが焦って、構内にたたずむ何人かにわたしが乗る電車のホームを尋ねてみたのですが、誰にもわかりません。
 いやわたしが乗るホームがわからないどころか、この人たちは自分たちが乗る電車のホームさえわかっていないのでした。
 しかもこの人たちは一様に口が重く、黒づくめの服装をしており、下半身には霧がかかっています。
 世間から隔離されている印象を受けました。

 ……この人たちは死者であり、わたしは死者に自分が進むべき道を尋ねていたのだと気がついたのは、もちろん夢から覚めてからのことでした。

 鬱陶しい季節となりましたが気晴らしに「コタン講談会」をよろしくお願い申し上げます。

「第23回コタン講談会」6/7(金)19:30
ライブハウス四谷コタン(新宿区若葉1ー9金峰ビル101)
2000円+ワンドリンクオーダー制(ブログプリント持参割引なし)
「前講」神門久子・「(寛政力士伝)谷風の情相撲」「(講談私小説)安心できない男」神田愛山
…四ッ谷駅(四ッ谷見附交差点側)を出て新宿通りを上智大学とは反対の新宿方向に直進 5分程歩くと左側にジョナサンあり左折 すぐの角を右折 突き当たって左折 15m程先左側ビル1F
[PR]
by aizan49222 | 2013-06-04 16:45 | 愛山メッセージ