<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
新発売自主制作CD
神田愛山自選講談集(17)荒井到作「井伊直弼伝」赤穂義士銘々伝「赤垣源蔵徳利の別れ」2000円

愛山主催会のみにて発売。通販はいたしません。パソコンで記録したディスクのためプレイヤーの仕様によっては再生できない場合がございます。
[PR]
by aizan49222 | 2012-11-28 14:52 | 愛山自主制作CD情報
神田愛山独演会
 以前、わたしが主催する会に対して、ある老人会の幹事さんから問い合わせの電話がありました。「料金を割引きしてほしい」というのです。
 幹事さんは、その会の開催を情報誌で知ったといいますから、「その雑誌を持参していただければ一割引きにいたしますよ。そういうふうに記載されているはずです」と応えると、「もっと割引きしてほしい。せめて半額にしてほしい」といいます。
 まるで駄々をこねている子供と同じです。
 さすがに「それはできません」とお断りいたしますと、「老人会といえば、どこでも特別扱いしてくれるのに!」と悪態をつけられたあげく、一方的に電話を切られてしまいました。
 どうやらこの老人会には「安いものがよいもの」という統一見解があるようで、いろいろなところにごり押しをして値切っている感じが、電話の向こうから伝わってきましたが、すくなくとも芸を鑑賞する姿勢ではありません。
 こういう組織は寄席に出かけるよりも「安売り買い物ツアー」を企画すべきです。
 わたしは客入りの悪さを危惧するあまり、いわれるがままに老人会特別割引きをしてまでも、こんな人たちに客席に座っていてほしいとは思いません。
 それではあまりにもみじめになってしまいます。
 わたしは客席の中に演芸ファンであった頃のわたしがいると仮定して、そのもう一人のわたしに恥ずかしくないような高座を、いつも心がけています。
 芸人は客を選べないといわれますが、わたしの心の中では選んでいます。

 ……なお今回の次郎長伝は十一席目ではありますが、いわゆる次郎長外伝「荒神山の間違い」(全六席)の一席目にもあたります。
 この「荒神山の間違い」は娯楽侠客伝の花形といってよく、往年の東映時代劇を意識して読み続けるつもりです。
 また開演時間を従来の19:00から19:30と遅くいたしました。
 お仕事帰りにぜひ、ぜひ、ぜひ。

「神田愛山独演会」11/30(金)19:30
・らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引あり)
愛山演題「清水次郎長伝(十一)蛤茶屋の間違い」他新作一席・自主制作CD販売
[PR]
by aizan49222 | 2012-11-23 19:14 | 愛山メッセージ
友人
《同じ靴》
 散歩の途中で駅前のベンチに座っておりましたところ、歩行補助車を押してきた老人が、わたしの隣に座りました。
 老人は見事な銀髪で品がよく、自分の老いを渋々ながらも認めているという印象を受けました。
 ……と、その老人の靴と、わたしの靴はまったく同じリハビリシューズであったのです。
 それは駅近くの店で販売している物で、軽いだけが取り柄の四桁の手前の値段で買えます。
 しかしわたしは相変わらずの一人暮らしですが、この老人にはセーターを着せてくれる付き添いの娘さんがおります。
 同じ靴を履いてはいても、この老人とわたしが歩んできた道は、天地の違いがあるようです。

《ブルーテント》
わたしは多摩川まで歩いて五分というところに二十年以上住んでいますが、この間初めて土手を散歩してみました。
すると今までは街中の道を行くと、ばかに遠いところだと思っていたある場所が、土手の一本道を行けば、かなり近道になるということを発見しましたし、釣り人と顔なじみになり、可愛がられている野良の黒猫が、なんとも微笑ましく、わたしの目に映りました。
 が、その先にはホームレスが寝起きをしているものか、ブルーテントが息を詰めたように張られてありました……。

《友人》
高校時代からの二人の友人の不運、不幸な話を立て続けに知らされました。
しかし彼らは今現実を直視して必死に堪えています。
わたしも彼らの真似をします。
 友人たちとの物理的距離は離れていますが、心理的距離はまったく離れてはいないと、今さらのように痛感しました。


「神田愛山独演会」11/30(金)19:30
・らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題「清水次郎長伝(十一)蛤茶屋の間違い」他新作一席・自主制作CD販売
[PR]
by aizan49222 | 2012-11-20 12:47 | 愛山メッセージ
コタツの季節
《秩父遍路にて二句と一首》

 母亡くしたる父子や秋巡礼

 忸怩たる還暦前の秋巡礼


f0213653_16334614.jpg











 秩父路や紅葉の中の遍路終へ宿の湯入りて足を撫でたる


《コタツの季節》
 いったいどんな調査法をとったのかは知りませんが、各家庭でコタツを出す平均的な日は11月25日と聞いたことがあります。
 が、我が家ではすでに出してあります。
 わたしはコタツが大好きで、コタツに入り、そのままじっと埋没して、好きな本を読み、演芸を聴き、映画鑑賞をしながら人生をまっとうしたいものだと、つくづく思います。
 ……以前は芸人の引退など夢にも思ってはいませんでしたが、今では時折脳裡をよぎるときがあります。


「講談カフェ昼席」11/20(火)13:15
・らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ワンドリンク付・ブログプリント持参割引なし)
真紅・一龍斎貞寿・神田春陽・宝井琴調(仲入り)神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2012-11-13 16:36 | 愛山メッセージ
昔へ還る……
《国民年金》
詳しいことはまったく理解していないのですが(ダメじゃん)国民年金業務のナントカカントカを委託されたカントカナントカというところから「国民年金保険料の納付はおすみでしょうか」という電話が、わたしが払っていても、よくかかってきます。
 つまり先方はこちらの最新情報を知ることもなく、ただ催促のためだけの催促をしてくるわけですから、まったくムダな仕事をしていますし、だいいち失礼きわまりない話です。
 社会保険庁の一連の不祥事が発覚したのは、まだ記憶に新しいところですが、わたしは国民年金は国民が国に支払わなければならないミカジメ料だと思っています。
 ですからただ払い続けるだけで、見返りなどは求めない……。
 そう思って国民年金の将来はあきらめることにしています。
 古来より曰わく、泣く子と地頭には勝てないのです。

《ファックス》
わたしの固定電話は古い型で、留守電機能がついていません。
 ファックス機能はありますが、購入後10年して、そのファックスが半壊してしまいました。
 受信は大丈夫なのですが、送信がダメになってしまったのです。
ですから今までファックスで送っていた諸々を郵送に切り替えました。
もし受信もダメになってしまつたら……そのときはファックスなしを宣言して、今の電話機が壊れるまで使うと思います。
わたしは各種機能がついた高価な電話機を、そう何度も簡単に買い換えられるほどの身分の者ではありません。
 わたしの生活は、昔へ、昔へと還っています……。

「神田愛山独演会」11/30(金)19:30
・らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
愛山演題「清水次郎長伝(十一)蛤茶屋の間違い」他新作一席・自主制作CD販売
[PR]
by aizan49222 | 2012-11-08 14:06 | 愛山メッセージ
パソコン無用の世代
《涙目》
加齢のために、ここのところ歩幅が狭くなっており、後からきた人にどんどん追い抜かれてしまいますし、身が縮んでしまったようにも感じられます。
 しかし習慣となっている散歩をやめるわけにはいきません。引きこもりになってしまいます。
 そしてその日散歩の途中でいつも立ち寄る衣料品店で(本日限り三枚組ブリーフ500円)の表示を見つけたときの嬉しさといったらありませんでした。
 安すぎます!即購入。
しかもその商品は元々3割引でありましたから、500円からさらに150円を引いてくれたのです。
わたしは思わずレジのおばさんを伏し拝みそうになってしまいました。
 おまけにその日は大好物の柿を(表面にすれ、キズあり)7個入り298円で買うことができましたし、あまりの幸せに涙目になってしまいました。

《パソコン無用の世代》
わたしと同世代の男性が、携帯からスマホに換えようとショップに行ったところ「もう一度熟慮なさってはいかがでしょうか」とスタッフにいわれてしまったそうです。
が、これはスタッフの親切心で、つまり年配者にとってのスマホ操作は難解をきわめ、せっかく携帯からスマホに換えても、その操作方法がわからずに、また携帯に戻ってしまう人が大半であるということなのです。
しかも今度発売されたWindows8は、その操作感覚が、とてもスマホに似ているというではありませんか!
もしそれが本当の話だとしたら、もはや完全にお手上げです。
 わたしはメカに強い同世代の人たちには「わたしたちの代表として、とことんパソコンと付き合ってください」とエールをおくりますが、そうでない方々には「もう現代文明とはおさらばしましょうよ」と申し上げたい気持ちでいっぱいです。
インターネットは犯罪の温床です。中途半端な理解のままにパソコンをいじるととんでもない目にあってしまいます。
 パソコンで第二の人生を楽しくすごしましょうなどという宣伝文句に踊らされることなく、第二の人生だからこそパソコンには手を出さないほうが無難だと思います。
わたしの世代や、わたしよりも上の世代は、パソコンなしでも充分に生きていける世代のはずです。


「講談落語たっぷり会」11/8(木)12:15
・お江戸日本橋亭(地下鉄三越前駅A10中央通神田駅方面初角右数分・中央区日本橋本町3ー1ー6)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
竜楽休席、二つ目もたっぷり…寸志・立川こはる・立川幸之進・神田春陽・立川談幸(仲入り)
宝井琴調・「真田の入城」主任・神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2012-11-02 16:21 | 愛山メッセージ