<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
二つ目時代(二)
  己が身を蔑み責めて切れ目なき自縄自縛の悪しき酒呑む

 弟弟子に本牧亭講談奨励賞を先獲りされてしまった頃、新劇の若手女優たちが(ある者は個人的ツテで、ある者は演出家に連れられて)芝居の勉強のためにと、師匠の元へ講談を習いにやってくるようになりました。
 要するに素人弟子ですから(わたしは師匠からそう聞かされていました)ここまでは何の問題もありません。
 ところがそのうちに彼女たちは講談を演じる女優としてマスコミにとりあげられるようになり、いつのまにか本職の講釈師を名乗るようになってしまったのです。
これには驚きました。
 話が微妙に食い違ってきています。
 しかしそれならばそれでこちらも今までのように彼女たちをお客さま扱いして遠慮することはやめにして、きちんと楽屋の基礎から教え、本職の芸人として仕込まなければなりません。
 それが彼女たちのすぐ上の兄弟子としてのわたしのつとめになります。
 が、その当時の彼女たちはあくまでも女優としての仕事を優先させておりましたから(その日の最後まで前座として残らずに、女優業のために途中で帰ってしまうこともありました)楽屋仕事も心ここにあらずといった状態で、わたしとしても兄妹弟子としての連帯感は生まれずに、どう接してよいのかがわかりません。
 こんな彼女たちの存在が許されたのは女流講釈師の育成をライフワークとする師匠の厚い庇護があったからです。
 師二代目神田山陽は大手出版取次業の若旦那として生まれ、最初は講釈場の定連で、講談界最大のお旦(スポンサー)でありましたが、そんな師匠が病膏肓本職の講釈師となってしまったために、特例として前座修業は免除されました。
 ですから師匠は己の体験もあることですし、当然つまなければならない本格的な前座修業を、彼女たちがつんでいないことには無頓着だったのです。
 前座という肩書きをつけて、すこしばかりの前座仕事を経験させただけで満足してしまったのです。
 しかしそんな楽屋事情はどこ吹く風。
 彼女たちは世の認知を受けて女流講釈師として市民権を得、その後の釈界(講談界)の流れを大きく変えてしまうことになりますが、とにもかくにも「本牧亭講談奨励賞事件」とあわせて、この「女流講釈師の誕生」が、わたしの人生を大いに狂わせる因(もと)になりました。
 伝統の世界に闖入してきた異端者たちが脚光を浴びてしまった、いわば庇を貸して母屋をとられてしまったようなものですから、わたしは面白いわけはありません。
後輩たちがわたしを追い抜き、そして売れていきます。
 わたしは大いに妬み、怨み、酒に溺れ、不始末を重ね、破門寸前、再起不能とまでいわれるようになりましたが、「断酒せよ」という師匠の命令のもとに実家へ強制送還されたわたしは、このままでは死ねない。もう一度勝負してやろうと思いました。
『ぼくも一緒にいってあげるから、二人で山陽先生のところにわびにいこうよ』
『兄(あん)ちゃん、世の中は敵ばかりじゃないんだぞ』
『僻むだけ僻んだら、そのあとは自分の体験を喋りまくれ』
 と励ましてくれた先輩の落語家さんたちの厚情に報いるために、また面識を得ることができた作家の結城昌治先生の作品をもう一度高座にかけるためにも、わたしは何としても酒をやめなければなりません。
 わたしは世の中に対する煮えたぎる復讐心を断酒エネルギーに転化して酒を断ち、十三か月後に復帰が許されました。
 その後わたしは入門以来十三年目で真打に昇進しましたが、思えば二つ目時代は悪夢のような十年でした。

(時系列に従った自伝は今回が最終回。次回からは俳句と短歌の発表が主となります)
[PR]
by aizan49222 | 2012-08-28 10:33 | 愛山自伝・俳句と短歌
残暑お見舞い申しあげます
《五十路の手習い》
 昔ながらの点火燃焼式の蚊取り線香は渦巻きの途中から折り取れるということを教えてもらったのは、今夏のことでありました。
 それまでは一度火をつけたら燃えつきるまで、そのままにしておきました。
 そうしなければいけないものだと思っていたのです。
 ですから昔ながらの蚊取り線香は長時間在宅しているとき以外は使えないなとも思っていました。
 この折り取りのことを教えてくれた人は、いかにもあきれたという顔をして、わたしを見つめておいででした……。

《あやしい人》
 その大気不安定の日、アパートの廊下で傘を雨よけにして座っている数人の子供たちのかたわらを通り抜けてしばらくいきますと、わたしが今立ち去った後ろから「あの人あやしい人」といっている女の子の声が聞こえてきました。
 わたしがそばを通ったことで中断してしまったそれまでの会話の続きを、子供たちがまた始めて、女の子がいった「あやしい人」とは、それまでの会話に登場してきた人物のことであって、わたしのことではないのかもしれませんが、しかし真偽はわかりません。
 よほど確認のために戻ろうかと思いましたが、その女の子にあいづちをうつことなく、無言でいてくれた他の子供たちが、大きな救いとなりました。

《討死》
 わたしはメガネに、メガネをはずしてもぶらさげたままでいられるメガネ掛けを付けているのですが、先日メガネをぶらさげて外を歩いておりましたら、メガネ掛けが(紐ではなく金属製のようなものですから)日に焼けて、まるで焼きごてのように首筋に食い込んできました。いやその暑いの何の!
……道に落ちて死んでいるセミを見ますと、この猛暑に武運つたなく討死をしてしまったのではないかと思います。

《自分の顔》
若い頃から写真が嫌いでした。自分の顔を正視することが苦手なのです。自分に自信をもてない何よりの証拠でしょう。
……床屋へ行きますと、否が応でも正面の大きな鏡が目に入ります。加齢した自分の顔が写っています。
一瞬だけ……これからはしっかり見据えることにしました。
[PR]
by aizan49222 | 2012-08-21 14:02 | 愛山メッセージ
今月の講談カフェ昼席
《発想の因(もと)》わたしは室温34度になっても冷房はつけません。が、さすがに避難はします。
 地域センター、衣料品店、古本屋、大型スーパーの休憩所と散歩コースを巡り(話こそしませんが、行く先々で顔なじみができました。いずれも時間をもてあました定年退職者と思われますが、わたしは彼らの目にはどう写っているのでしょうか)体を冷やしてから帰宅します。
 すると室温が一度くらい低くなっており、夜になると30度までは下がります。
 そして就寝時になっても30度のままですと、ここではじめて冷房をタイマーセットして休みます。
 ところが今夏も節電協力のために就寝中にエアコンをつけることなく熱中症で亡くなられた老夫婦がいらっしゃいました。
 まことに痛ましいかぎりです。
 電力会社の節電の呼びかけに協力したあげく熱中症で亡くなるなどと、一体誰がこんな人生の結末を予想しましょうや。
 まさに無念やるかたなき思いでありましょう。
 わたしはこういう人たちの怨みつらみを晴らしてやりたいのです。
 それがわたしの新作講談を創る発想の因になります。

《講談カフェ》今月は第三火曜日のみの興行です。夏休みの方もいらっしゃいましょう。なんとしてもお出かけ願います。
 数少ない若手男性講釈師神田松之丞の二つ目昇進を、まだ祝っておられない方は、とくに、ぜひ……。

「講談カフェ昼席」8/21(火)13:15
・らくごカフェ(地下鉄神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ワンドリンク付・ブログプリント持参割引なし)
真紅・一龍斎貞寿・(二つ目昇進)神田松之丞・神田織音(仲入り)神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2012-08-14 20:25 | 愛山メッセージ
二つ目時代(一)

  梅が香におくられきたる前座明け

 昭和五十二年二月。湯島天神では梅祭りが開かれておりました。 この日上野本牧亭昼席の一門会に楽屋入りした師匠は、コートを受け取ったわたしに向かって「君を五月から二つ目にするから、そのつもりで支度をしたまえ」と笑顔でいってくれました。
 客観的状況からみて、そろそろオレにも二つ目の声がかかるかなとは思っておりましたが、入門以来三年三か月の二つ目昇進は、まずは順風満帆な船出といえましょう。
 二つ目になるということは、前座とは違い、楽屋での自由行動が許され、半人前とはいいながらも、芸人として認められたということですから、こんなに嬉しいことはありません。体が震えました。
 しかし喜びもつかの間、これから三か月の間に挨拶用の名入りの手ぬぐいと黒紋付きの支度をしなければなりません(講釈師も落語家も二つ目になってはじめて紋付き、羽織、袴の着用が許されます)。
 手ぬぐいは寄席文字の橘右龍さんに一切合切をまかせましたが、問題は黒紋付きです。
 手ぬぐいを作るだけで精一杯で、とても黒紋付きをあつらえるまでの予算は捻出できません。
 そこで窮余の一策、わたしは高校時代からの友人Cに相談しました。
 彼は静岡で社会人を経験したあと、東京の大学へ入りましたが、大変に世話好きな男で、『何とかしよう』といってくれ、東京で暮らしている友人たちに声をかけて、祝儀を集めてくれたのです。
 わたしはその祝儀を受け取ると有楽町の古着屋へ行って、化繊ではありますが、わたしの家の紋が入った黒紋付きを購入することができました。
 このときの黒紋付きは今でも高座で着用していますが、袖を通すたびに二つ目昇進時の一連の出来事と、友人たちの顔を思い出します。

  一門の弟弟子に敗れたり六畳一間冬の壁蹴る

 本業以外に観光バスに乗車しての名所旧跡案内の仕事の他に、結婚披露宴とキャバレーの司会が、わたしの営業品目に加わりましたが、二つ目に昇進して数年後、わたしは、その一年を通して努力精進のあとが顕著であった若手講釈師におくられる本牧亭講談奨励賞を、弟弟子に先に獲られてしまいました。
 このときの悔しさといったらありませんでした。
 まさに天を呪い、地を恨みました。
 これが他の一門の後輩ならば、政治的配慮ということで、まだ我慢もできますが、一門の弟弟子に賞を先獲りされてしまったのです。
 わたしはうぬぼれなどではなく、今でもあのときのオレは芸といい、ネタ数といい、けっして弟弟子に負けてはいなかったと思っていますが、このときの落選が大きな心の傷となり、わたしは翌年この賞を受賞しましたが、喜びなどはありませんでした。
 それどころか神経を逆なでされてしまったような強い屈辱感を覚えたものです。

 ……わたしの二つ目昇進は、すこしも順風満帆ではありませんでした。
[PR]
by aizan49222 | 2012-08-07 16:56 | 愛山自伝・俳句と短歌
夏のスケッチ~暑中お見舞い申しあげます
《続・夏の日のミステリー~消えたバージョンアップ》わたしが三年前に導入したウイルスセキュリティソフトは、初期費用がかかるだけで更新が無料であるという、ただそれだけの理由で購入しました(実際にはその後オプションをあれ買え、これ買えといってきますが、一切無視をすればよいのです)。
 更新時の面倒な手続きを避けたのです。
 購入後、このソフトは他社製品と比べて機能的には見劣りがすると本で知りましたが、べつに気にもとめませんでした。
 仮にも量販店に並べられていたソフトなのですから信用と実績のある会社の製品なのでしょうし、機能の見劣りなどは更新無料のメリットに比べれば我慢できると思ったのです。
 機能的には真打の力はなくても、真打に近い二つ目の技量があれば充分だという判断です。
 ところが先日「バージョンアップをしてください。ディスクトップの○○○をクリックしてから画面操作をしてください」とのメッセージが出たにもかかわらず、肝心要の○○○の表示はディスクトップには見当たりませんでした。
まだバージョンアップという商品が届いていないというのに、どうして「バージョンアップをしてください」とのメッセージが出たのかが、わたしには理解できないのです。
わたしの探し方が足りないのかもしれませんが、そんなに奥深くたどっていかなければ発見できないものならば、わたしのようなパソコン初心者には無理ですし、とても大衆的なソフトとはいえないでしょう。
 ……やはりこの会社の真打昇進は無理なようです。

《松本薫》いやあ松本薫さんは実に素晴らしい女性柔道家ですねえ。試合前の野性味あふれる戦闘的な目が何とも魅力的です。
 あの目を見た瞬間、ここのところ萎えていたわたしの精神に活が入りました。
 これからは楽屋で彼女のウォーミングアップを真似してから、高座に上がろうかなあ。 高座も客席との真剣勝負の場ですからねえ。
 とにかく松本薫には完全に脱帽です。

《デモ》近頃のデモはデモというよりも主義主張を建て前にした路上パフォーマンスに近いですね。中には仮装行列と間違えている輩もいて、わたしはこういう連中を見た途端、このデモは本物ではないなと思ってしまいます。
[PR]
by aizan49222 | 2012-08-03 14:45 | 愛山メッセージ