<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
至言
 人に危険を教えるはずの大地震に関する情報が氾濫し、その報道の表現方法と合わせて、さながらホラー物の小説や映画の如く、今や人の恐怖心を煽る脅しネタと化してしまっておりますが、ここにいたってもまだ性懲りもなく、やれどこそこで活断層が発見されたとか、やれ大地震がおこれば富士山の噴火は間違いないとか、やれ太陽の異常が確認されたとか、マスコミは次から次へと脅しネタを流し続けておりますが(わたしが子供の頃の漫画週刊誌に、よくこうした特集記事が組まれたものです)誰が何を調査し、発表しようと勝手ですが、昨年3・11を予知できなかった者共が、今さら何を騒いだところで、わたしは話半分として聞き流すことにしています。
また首都直下大地震がおきたと仮定して、その際の焼失倒壊建造物や死者数を予測していますが、何をどう説明されたところで、自然災害の被害を事前に計算できるとは、わたしには到底思えません。
 それにそういう数字をどうして公表するのか、公表する目的はどこにあるのかが、さっぱりわからないのです。

 ……過日四十代後半とおぼしき女性が電車の中で「私は東日本大震災以降地震の研究者も、マスコミも信用してはいません。しっかり子どもたちを育てるだけです」と連れの人に語っておられるのを耳にしましたが、至言だと思います。

 その女性が子育てならば、わたしはしっかりした講談を読むだけです。

 「講談カフェ昼席」をよろしくお願いいたします。昼下がりワンドリンク付の講談会です。午後の息抜きに、仕事の合間に、どうかふらりとお立ち寄りください。開場は12:45ですが、開演までは、わたしも客席でウロウロしています。

「講談カフェ昼席」5/8(火)5/15(火)13:15
・らくごカフェ(地下鉄神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ワンドリンク付・ブログ持参割引なし)
5/8(火)真紅・神田すず・神田春陽・宝井琴調(仲入り)神田愛山~
5/15(火)あっぷる・神田山緑・一龍斎貞寿・神田織音(仲入り)神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2012-04-29 10:24 | 愛山メッセージ
早耳情報「(講釈と浪曲でつづる、今日はとことん)天保水滸伝」「神田愛山・柳家喬太郎二人会」
 現在のアパートへ越してきた五年前に、東京ガスにすすめられてガス漏れ警報機を台所に設置はしたものの、それからというものは誤作動が気になり(誤作動するとアパート中に迷惑がかかってしまいます)いざ鳴り出したらどう対処したらよいのかも気になって(いろいろなパターンの警報音があるのです)そのことが一瞬でも脳裏をよぎりますと、たとえ真夜中であろうと床を抜け出して説明書と首ったけになり、対処法を確認したことは一度や二度ではありません。

 身の安全を考えて設置したはずのガス漏れ警報機が、頭痛の種になってしまったのです(東京ガスも、まさかこんなユーザーがいるなどとは夢にも思ってはいないでしょうが(笑))。

 で、丸五年経って更新を断念(買い取りもありますが、レンタルの場合は五年ごとの更新制です)ガス漏れ警報機を回収してもらいましたが、この話をAさんにしたところ、
「私はガス漏れ警報機は必要だと思いますよ。誤作動が気になって眠れなくなってしまうということよりも、設置しなかったばかりにガス漏れに気がつかなかったというほうが、よほど怖いでしょう。命にかかわることですから……。
 ガス漏れ警報機は人を脅かす装置ではなく、危険を教えてくれる装置なのですから、万一誤作動して鳴ってしまっても、ガス漏れしていなければ、それでよしとしましょうよ」
といわれてしまいましたが、人に危険を教える装置が、人を脅かす装置に、わたしの心の中で変質してしまったのですから、これはもう回収してもらう以外にはありません。

 いつ襲われるかわからないガス中毒死よりも、わたしは日々の精神の安定のほうを選択したのです。
Aさんは最後に「でもあなたのようにガス漏れ警報機の誤作動を気にする人もいれば、この機器は本当に鳴るのか、壊れてはいないのかと、毎晩心配している方もいらっしゃるでしょうねえ。本当に人の心はさまざまですよねえ」とおっしゃいました。


 ……以下二つの会の早耳情報です。まずは浪曲との共演。

「(講釈と浪曲でつづる、今日はとことん)天保水滸伝」6/17(日)15:00
・カメリアプラザ6F和室(JR総武線亀戸駅北口徒歩1分…江東区亀戸2ー19ー1亀戸文化センター)
・2500円(全席自由・60席限定・前売りブログ持参割引なし
・予約問03ー3430ー6615愛山工房)
「鹿島の棒祭り」玉川奈々福(曲師:沢村豊子)「笹川の花会」神田愛山
(仲入り)「平手の駆けつけ」玉川奈々福(曲師:沢村豊子)「三浦屋孫次郎の義侠」神田愛山

 そしてお待ちかね。喬太郎さんとの二人会です。

「神田愛山・柳家喬太郎二人会」6/21(木)18:00
・お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5出口歩6分・本所警察署隣・墨田区両国4ー30ー4)
・2000円(全当日自由席・予約前売りブログプリント持参割引なし)
好吉・神田春陽・「短命」柳家喬太郎・「忠治の娘」神田愛山
(仲入り)「(若手講釈師銘々伝)ヨージ君」神田愛山・「おたのしみ」柳家喬太郎
[PR]
by aizan49222 | 2012-04-24 16:55 | 愛山メッセージ
神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会
《攻撃心》以前スーパーのレジで並ぶ人たちのマナー破りを注意している中年男性がおりました。
 たしかにその男性の指摘はもっともなことで、レジ待ちの人たちは曲がりくねった並び方をしており、まだ買い物中のお客さんの通行を妨害しています。これは注意されても仕方がありません。
 しかしわたしはこの男性に好感をもちませんでした。
 それというのもその男性の物の言い方と態度が、明らかに過剰な反応で、暴力的で、マナーを教えているというよりも、レジ待ちの人たちを激しく詰っているとしか、わたしの目には写らなかったからです。
 わたしはこのときに「この人はマナー遵守を訴えているかのようにみせかけて、実は自分の攻撃心を満足させているにすぎないのではないか」と思ったのです。
 しかもこの男性のいっていることは正論ですから、誰も逆らうことはできずに、彼は言いたい放題でありました。
 ……世の中にはさまざまな社会問題があり、その問題に反対する立場をとる人に、時としてこういうタイプの人を見かけます。
 この種の人たちは、その社会問題を解決しょうとして正論を述べているわけではなく、正論を隠れ蓑にして、己の旺盛な攻撃心を満足させているにすぎないのです。
 そしてこの人たちは己の旺盛な攻撃心にはまるで気づいておらずに、意識的には正義の徒なのであります。


《神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会》この会は、わたしの独演会の前方(まえかた)を、露地野の亭号がついているアマ弟子さんたちにまかせていると思っていただければよろしいのですが、今回は他の講釈師のところで学ぶ冨田はま松さんが道場破りとして特別参加されます。
 いわばプロはわたし一人の変則的なプロアマオープン戦で、多彩な番組になっております。
 講談初心者も、講談を学ぼうとなさっておられる方も、日曜日の昼下がりをどうぞごゆるりとおすごし願います。

「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会」4/22(日)13:30
・らくごカフェ(地下鉄神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
「ご挨拶」神田愛山・「(露地野裏人作)時効成立」露地野一文(神村昌志)・道場破り!「魚屋本多」冨田はま松(冨田洋三)・「姐妃(だっき)のお百~海坊主の祟り」露地野ぼん子(神門久子)~仲入り~「め組の喧嘩」「気になる男」神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2012-04-17 14:43 | 愛山メッセージ
(富山県)高岡講談会
《推理小説》平成八年に結城昌治先生がお亡くなりになられて以来、まったく読まなくなってしまった推理小説の虫が、またぞろ騒ぎ始めました。
 で、あの頃の思い出の作家たち(島田荘司以前)の未読の作品を(今ではとても新刊書店では入手できませんから)古本屋で探して読むことに決めました。
 現時点で、佐野洋、津村秀介、草野唯雄と読み進んでおりますが、ハードボイルドを中心に海外のものも読んでみるつもりです。
 ……わたしは昔の自分に還って安らぎを得たいのかもしれません。

《囲碁》子供の頃から将棋は指してきましたが、囲碁のほうはダメでした。興味はあったのですが教えてくれる人がいませんでしたし、将棋とは使う頭が違うのです。その感覚をつかむことができませんでした。
 で、今回が最後の挑戦です。テキストと対局相手はゲームソフト!
 ……前述した推理小説への思いがわたしの原点回帰願望ならば、囲碁は、わたしが過去に置き忘れてきたものを取り戻す作業なのかもしれません。
 わたしはもう新しいものなど、ほとんどどうでもよいのです。

《(富山県)高岡講談会》どうか富山県の方々「高岡講談会」をよろしくお願い申し上げます。今年で六回目になります。わたしのアマ弟子神門久子さんは高岡の出身で、そのご縁から始まった会です。会をサポートしてくださるスタッフも、神門さんの同級生たちで、本当に手作りの会なのです。わたしはこの会では「できるだけわかりやすい講談を」と心がけておりますが、回を重ねるにつれてお客さんの耳が肥えてきたことも確かです。ご来場をお待ち申し上げております。


「第6回高岡講談会」4/15(日)13:30(開場12:45)
・富山県高岡文化ホール(多目的ホール・JR越中中川駅下車徒歩3分・高岡市中川園町13ー1)
・1500円(ブログプリント持参割引なし・高校生以下500円)
・「蜀山人」神田愛山・大阪二題「木津の勘助」「姐妃(だっき)のお百~海坊主の祟り」神門久子・「将棋のご意見」神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2012-04-12 13:58 | 愛山メッセージ
大阪独演会早見情報と今月の講談カフェ
今年は断念したはずの大阪独演会ですが、やはりやりたくなってしまいました。で、やります。詳細は後日発表いたしますが、前講は旭堂南海さんにお願いをして、わたしが二席の構成は変わらず、自主制作CDも販売いたします。大阪のお客さんの心意気だけが頼りの手弁当の会です。当日は17:00頃からロビーでウロウロしておりますので、よろしければお話いたしましょう。今のうちからのスケジュール調整をお頼み申し上げます。

「神田愛山独演会IN大阪」7/20(金)18:45
・薬業年金会館5F和室(地下鉄谷町線谷町六丁目駅4号口隣)
・2500円(ブログプリント持参割引有り)
・「前講」旭堂南海・愛山二席・自主制作CD販売

また今月の「講談カフェ」もお忘れなく。昼席の講釈場は時間が止まります。優雅なものですよ。

「講談カフェ」4/10(火)4/17(火)13:15
・らくごカフェ(地下鉄神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ワンドリンク付)ブログプリント持参割引なし
~4/10(火)前座・神田山緑・一龍斎貞寿・宝井琴調
(仲入り)神田愛山
~4/17(火)前座・神田あおい・神田春陽・神田織音
(仲入り)神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2012-04-09 23:12 | 愛山メッセージ
携帯電話紛失騒動記
 三月三十一日土曜日のことでございました。この日は冬の嵐になるという予報が出ておりましたが、わたしは十一時半頃に外出。当初予定しておりました散歩を強風のためにあきらめて、買い物だけをすませますと、一時間後に帰宅いたしました。
 そして雑用を片づけて、古川柳の本を読み始めてから数十分後に、コタツの上の定位置に携帯電話がないことに気づきました。
 わたしは「まだジャンパーから出していなかったのか」と、軽い気持ちで買い物に着ていったジャンパーのポケットをまさぐったところ……ないのです!携帯電話がないのです!
 慌てて家宅捜索しても見つからず、わたしはいつもマナーモードに設定しておりますから、固定電話から自分の携帯電話に電話をしても着信ベルは鳴らずに、仮に室内にあったにせよ、どこにあるかはわからないとは充分に承知の上で、藁にもすがる思いでかけてみたところ、つながることはつながりましたが、すでに携帯電話の電源がオフにされている反応がありました。
 呼び出しベルが鳴らずに、いきなり留守録メッセージが流れてきたのです。
 そこで今度はスーパーに電話をして落とし物を調べてもらっても、再々度家宅捜索をしても見つからずに、わたしは急ぎヘイユー(仮名・わたしが契約している携帯電話会社)に電話して回線をストップさせ、それからいつの間にか降り出しました大雨の中を(まさに冬の嵐でした)アパートからスーパーまでの道を何度も往復して探しましたが発見できません(たとえ見つかったところで、雨のために携帯電話は壊れてしまっていることでしょうが)。
 万策尽きたわたしは駅前のヘイユーショップへ駆け込んで今後のことを相談いたしました。
 わたしに応対してくれた女性スタッフは実に冷静で、さまざまな可能性を教えてくれましたが「失礼ですが交番へは行かれましたか?」と尋ねてきました。
 が、わたしはうかつにも交番のことはまったく頭にはありませんでした。
 やはりわたしはかなり気が動転していたのです(それに交番へ行ったところで、どうせ届いているわけはないという人間不信の思いが、わたしの無意識にはありました)。
 で、女性スタッフのアドバイスを受けて、ダメで元々のつもりで交番へ行ったところ……親切な方が住所氏名を告げることなく届けておいてくれたのです!
 どうやらわたしは買い物をすませてスーパーを出たところで、携帯電話を落としてしまったようなのですが、とにかく強風の中を歩くことだけに神経を集中させていて、落としたことに気がつかなかったのです。
 わたしの携帯電話を拾ってくれた方は、まだ雨が降り出す前に交番へ届けておいてくれましたから、もちろん雨にも濡れずに損傷もなく、すぐに回線ストップを解除して、また元通りに使えるようになったという、神田愛山が人の親切に涙した「携帯電話紛失騒動記」と題しましたおめでたい一席。これをもって読み終わりといたします。

……ゴールデンウィークに「携帯電話発見祝六畳庵」を開きます。六畳庵とは、わたしの自宅六畳間で開く不定期開催の講談会のことです。4/28~5/7の間でお好きな日時(昼のみ・原則的には14:00)をご予約願います。最少催行人数2名様より。2000円。愛山二席。予約03ー3430ー6615愛山工房(締切は希望なされる日の一週間前)
[PR]
by aizan49222 | 2012-04-05 10:17 | 愛山メッセージ