<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
アマチュア講釈師への出演お誘い
 4/22(日)らくごカフェ昼席(13:30開演)において「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会」を開きますが、わたしのアマ弟子さん以外の方にも「道場破り」として高座を提供いたします。

持ち時間15~20分・参加費8000円(入場券4枚進呈)応募締切2月末日・募集人員3名・候補演題二席と共にお申し出ください。先着順。ただし未知の方や初参加の方には審査があります(別途審査料8000円)。審査員はわたしです。よろしければご参加ください。

(問・申込)03ー3430ー6615愛山工房
[PR]
by aizan49222 | 2012-01-27 16:55 | 愛山メッセージ
神田愛山独演会
 浴室の排水管詰まりを直しにきてくれた配管屋さんの、
「本当は毎日が望ましいのですが、せめて三日に一度くらいは、入浴後に栓を抜いて浴槽を洗ってください。そのくらいの割合で大量のお湯を排水管に通せば、石鹸(油)も溶けて、小さなゴミも流れ続け、それだけ排水管が詰まりにくくなります」
 というアドバイスを、これからは守ることにします。

 とにかく今までは一人暮らしの気楽さから半月に一度しか洗いませんでしたから(水道代倹約のためでしたが、ご婦人方の大顰蹙を買ってしまいました。「汚い!」というのです(笑))……。
 でもいくら詰まり予防とはいえ三日に一度は無理です。
 今までの五倍の水を使うことになってしまいますから、それはあまりにももったいなくて、わたしの感覚では、とてもできません。
 ま、せいぜい五日に一度というところで、ご勘弁をいただきましょうか……。

 ところが弱り目に祟り目とでも申しましょうか。排水管詰まりが直ったその日に、今度はシャワーからお湯が出なくなってしまいました。水しか出ません。
 古い型の風呂釜ですから、もはや耐用年数がきているのかもしれません。
 早速大家さんに修理を依頼しましたが、わたしも耐用年数が尽きないように、今年最初の独演会を、よろしくお願いいたします。

 次郎長伝は六席目で、いよいよ佳境。「興津河原の間違い」の後半です。

 そして木戸では、わたしの二つ目(神田一陽)時代の高座のCDを販売いたします(先着10名様限定・開場18:30・CD購入の予約不可)。

 カセットテープの音源をパソコンに落としてCDにしてもらいましたから、プレイヤーの仕様によっては再生できない場合がございますので、あらかじめご承知おきください。


「神田愛山独演会」1/27(金)19:00
・らくごカフェ(地下鉄神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・愛山演題「清水次郎長伝(六)興津河原の間違い・下」他新作一席


※自主制作CD販売
神田愛山自選講談集別巻8
清水次郎長伝(四)「仙右衛門の仇討と安五郎への掛け合い」清水次郎長伝(五)「興津河原の間違い(上)」2000円

神田愛山自選講談集番外編(3)
二つ目(神田一陽)時代「(S54年木馬亭)次郎長の生い立ち」「(同年同場所)庄太と安」2000円
[PR]
by aizan49222 | 2012-01-23 12:24 | 愛山メッセージ
日々是口実

《正月》けだるいだけです。どうしても好きになれません。

《甘党》お汁粉のあとのデザートに甘納豆もオツなもの。

《雨戸》冬になりますと、わたしは干した布団を取り込むときに(つまり2時頃に)さっさと雨戸を閉めてしまいます。雨戸を閉めた部屋に独りでいると、とても落ち着きます。外部を遮断することで精神的鎖国状態を味わえるからでしょう。

《コンピューターと将棋》八年前に引退した将棋の元名人が、またもコンピューターとの対局に敗れてしまいましたね。人間の尊厳を傷つけながら、文明が文化を破壊する世の中になってしまいました。

《風邪》お風呂場の排水管が詰まってしまい、早速アパート出入りの水道工事店へ電話をしたところ、何と従業員全員が風邪で寝込んでいて、いつ伺えるかわからないとのこと。本当に仲のよい?職場ですが「誰か一人くらいは丈夫なヤツを残しておけ!」ですよ。ったく、もう!

《ま、いいや。何でもいいや。面倒だ》これをこれからの人生の口癖にして思考停止をすることに決めました。


「神田愛山独演会」1/27(金)19:00
・らくごカフェ(地下鉄神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・愛山演題「清水次郎長伝(六)興津河原の間違い・下」他新作一席

※自主制作CD販売予定
神田愛山自選講談集別巻8 清水次郎長伝(四)「仙右衛門の仇討と安五郎への掛け合い」清水次郎長伝(五)「興津河原の間違い(上)」2000円
神田愛山自選講談集番外編(3)二つ目(神田一陽)時代「(S54年木馬亭)次郎長の生い立ち」「(同年同場所)庄太と安」2000円
[PR]
by aizan49222 | 2012-01-18 13:43 | 愛山メッセージ
愛山自選講談集CD新発売
神田愛山自選講談集別巻(8)
清水次郎長伝(四)「仙右衛門の仇討と安五郎への掛け合い」清水次郎長伝(五)「興津河原の間違い(上)」2000円

神田愛山自選講談集番外編(3)
二つ目(神田一陽)時代「(S54年木馬亭)次郎長の生い立ち」「(同年同場所)庄太と安」2000円

愛山主催会のみにて発売。通販はいたしません。パソコンで記録したディスクのためプレイヤーの仕様によっては再生できない場合がございます。
[PR]
by aizan49222 | 2012-01-14 20:20 | 愛山自主制作CD情報
年頭句

ともかくも去年(こぞ)と今年の髭を剃る


 新年明けましておめでとうございます。
 年の初めに一年の計を立てるのは当然のことですが、以下新企画の会と中止の憂き目にあった会のご案内。


《講談カフェ》毎月第2、3火曜日(注1月は17日・3月は13日・8月は21日のみの開催)13:15
・らくごカフェ(地下鉄神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ワンドリンク付・ブログプリント持参割引なし)
 この会は本牧亭に次ぐ第二の講談定席を目論んだもので(らくごカフェオーナーのご厚意大。感謝)言い出しっぺのわたしが毎回トリをとる予定ですが(都合が悪いときは琴調さんにお願いします)超党派によるメンバーが交互出演いたします。いずれも釈界の現状に危機感を抱いている連中です。

《真打》神田愛山・宝井琴調・神田陽司・神田阿久鯉・神田織音
《二つ目》神田春陽・神田あおい・一龍斎貞寿・神田山緑・神田すず
《前座》神田松之丞・一龍斎貞鏡(2月より二つ目昇進)・神田あっぷる・神田真紅

 平日昼席の講釈場は日常を離れる夢の世界です。16:00前には終演させます。ご来場のほど伏してお願い申し上げます。


《大阪独演会》
例年通り春の某日に大阪で独演会を開こうとしたのですが、何とその翌日に東京でアマチュア講談界のビッグイベントがあり、いつもわたしの大阪独演会にお客として来てくれているアマチュア講釈師の方々が、そのイベント出演のために、前日に(つまりわたしが予定している大阪独演会の当日に)上京することを知りました。
 アマチュア講談界のビッグイベントはまことに結構なことではありますが、わたしは急遽大阪独演会の中止を決めました。
 わたしの大阪独演会は「せめて一年に一度でいいから、上方で江戸講談の灯りをともしたい」と、何のツテもない大阪で手弁当で開いている客入り20人前後の小さな独演会ですから、数人のお客さんが確実に来られないとわかっている日に、さすがに独演会を開くことはできません。
 数人のお客さんの欠席は、わたしの大阪独演会にとっては大打撃なのです。
 この会は日にちも決まっており、半ば定例化しておりますから、アマチュア講釈師の方々も日程を承知していてくれて、その前後にアマチュア講談界のビッグイベントを組まれることはないだろう、避けてくれるだろうと勝手に思っていたわたしが……甘かったのです。
 わたしの講談を楽しみにしてくださっている大阪の他のご定連たちにはまことに申し訳ないのですが、こうした事情ですから、今年の不開催もやむを得ません。わたしの力不足であり、不徳のいたすところです。お許しください。

 ……かくして今年も悲喜こもごものスタートを切りましたが、何卒よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by aizan49222 | 2012-01-06 10:41 | 愛山メッセージ