<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
四つの会のご案内
「神田愛山独演会」11/25(金)19:00
・らくごカフェ(地下鉄神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・愛山演題「清水次郎長伝(五)興津河原の間違い・上」他新作一席

 恒例の独演会です。講談の真打の資格とは古典に新作、硬軟両席、まったく違う読み物を読みわける技量があるかどうかとされています。その自己チェックをすることが、わたしにとっての独演会です。自主制作CDの販売もいたします。

「第17回コタン講談会」12/2(金)19:30
・ライブハウス四谷コタン(新宿区若葉1ー9金峰ビル101)
・2000円+ワンドリンクオーダー制(ブログプリント持参割引なし)
・「前講」神門久子・「(赤穂義士銘々伝)勝田新左衛門」「決められない男」神田愛山
…四ッ谷駅(四ッ谷見附交差点側)を出て新宿通りを上智大学とは反対の新宿方向に直進 5分程歩くと左側にジョナサンあり左折 すぐの角を右折 突き当たって左折 15m程先左側ビル1F

 東京のど真ん中のライブハウスでの講談会です。深い落ち着きが店内にはあります。変則的な講談席と思われるかもしれませんが、本寸法の芸を演じれば、小屋の造りは関係ありません。終演後に忘年会をいたしましょう(別途料金)。

「神田愛山・柳家喬太郎二人会」12/20(火)18:00
・お江戸両国亭
・2000円(全当日自由席・予約前売りブログプリント持参割引なし)
・好吉・春陽・「左甚五郎陽明門の間違い」神田愛山・「花筏」柳家喬太郎(仲入り)
 「おたのしみ」柳家喬太郎・「安心できない男」神田愛山

 今年は3・11……悪夢のような年でした。この「神田愛山・柳家喬太郎二人会」で鬱憤を晴らしてください。演芸ファンであることを誇りに思える一夜になります。それはお約束いたします。当日まで待ち焦がれていてください。

「愛山自宅講談会六畳庵」12/29(木)~1/3(火)14:00
(原則)愛山宅六畳間・2000円(ブログプリント持参割引なし)
12/29「(赤穂義士本伝)楠屋勢揃い」他オリジナル講談ショートショート
12/30「(赤穂義士外伝)忠僕元助」他オリジナル講談ショートショート
12/31「(赤穂義士銘々伝)二度目の清書」他オリジナル講談ショートショート
1/1「蜀山人」他結城昌治原作講談ショートショート
1/2「葛飾北斎と谷文晁」他結城昌治原作講談ショートショート
1/3「出世の高松」他結城昌治原作講談ショートショート

「芸人を座敷に呼べば高くつく。座敷にいけば安くなる」これが六畳庵のスローガンです。自宅講談会は講釈場のルーツです。お客さまが二人になれば開催します。
完全予約制。(問・申込)03ー3430ー6615愛山工房
[PR]
by aizan49222 | 2011-10-30 22:24 | 愛山メッセージ
11~12月スケジュール
(一般客入場可能会限定・諸事情による変更愛山休演及び予告なしの入場料値上げ等はご容赦願います(問)03ー3430ー6615愛山工房)

「愛山自宅講談会六畳庵」随時
・愛山二席・愛山宅六畳間・2000円(完全予約制・日時をご指定ください・最少催行人員2名・ご希望日の7日前までにご連絡願います・ブログプリント持参割引なし)

「本牧亭講談定席」11/7(月)8(火)12/5(月)6(火)13:00
・お江戸両国亭(JR両国駅東口(歩8分)大江戸線両国駅A5出口(歩6分)本所警察署隣・墨田区両国4ー30ー4)2300円(ブログプリント持参割引有り)日本講談協会会員交互出演

「講談新宿亭」11/14(月)昼13:00夜18:00
・新宿永谷ホール(西武新宿駅を職安通り方面へグリーンプラザそば・新宿歌舞伎町2ー45ー5新宿永谷ビル1F)1500円(ブログプリント持参割引なし)日本講談協会会員交互出演(愛山夜主任)

「講談広小路亭」11/18(金)12/19(月)12:00
・お江戸上野広小路亭(上野広小路交差点角・台東区上野1ー20ー10)2000円(ブログプリント持参割引なし)日本講談協会会員交互出演

「松丘亭寄席」11/23(水祝)17:00「333回記念会」
・3000円(懇親会付)多磨墓地永福寺~12/28(水)19:00・500円以上・多磨墓地永福寺(西武多摩川線多磨駅下車踏切渡り線路沿いに新小金井方面へ数分踏切そば・ブログプリント持参割引なし)神田愛山・林家時蔵・柳家蝠丸・瀧川鯉昇・三遊亭右左喜

「神田愛山独演会」11/25(金)19:00
・らくごカフェ(地下鉄神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)2000円(ブログプリント持参割引有り)愛山演題「清水次郎長伝(五)興津河原の間違い・上」他新作一席

「講談落語たっぷり会」11/29(火)12/16(金)12:15
・お江戸日本橋亭(地下鉄三越前駅A10出口中央通神田駅方面初角右数分・中央区日本橋本町3ー1ー6)2000円(ブログプリント持参割引有り)11/29(火)こはる・幸之進・春陽・吉幸・神田愛山・立川談幸(仲入り)宝井琴調・「芝浜」主任・三遊亭竜楽~12/16(金)こはる・幸之進・春陽・吉幸・三遊亭竜楽・神田愛山(仲入り)立川談幸・「(赤穂義士外伝)小田小右衛門」主任・宝井琴調

「第17回コタン講談会」12/2(金)19:30
・ライブハウス四谷コタン(新宿区若葉1ー9金峰ビル101)2000円+ワンドリンクオーダー制(ブログプリント持参割引なし)「前講」神門久子・「(赤穂義士銘々伝)勝田新左衛門」「決められない男」神田愛山…四ッ谷駅(四ッ谷見附交差点側)を出て新宿通りを上智大学とは反対の新宿方向に直進 5分程歩くと左側にジョナサンあり左折 すぐの角を右折 突き当たって左折 15m程先左側ビル1F

「神田愛山・柳家喬太郎二人会」12/20(火)18:00
・お江戸両国亭・2000円(全当日自由席・予約前売りブログプリント持参割引なし)好吉・春陽・「左甚五郎陽明門の間違い」神田愛山・「花筏」柳家喬太郎(仲入り)「おたのしみ」柳家喬太郎・「安心できない男」神田愛山

「年末年始愛山自宅講談会六畳庵」12/29(木)~1/3(火)14:00(原則)
・愛山宅六畳間・2000円(ブログプリント持参割引なし)愛山二席
[PR]
by aizan49222 | 2011-10-25 15:16 | 愛山出演スケジュール
神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会
 わたしはインターネットで宿の予約はしませんし、買い物もしません。個人情報がもれることを恐れるからです。
 自分が興味をもつ数人のホームページやブログを覗き、多少の検索はやりますが、わたしはその程度のことにしかインターネットを使ってはいません。

 ですからお願いですから、バージョンアップか何かは知りませんが、まるで必要としないよけいな機能をつけて、もうこれ以上パソコンを難しく、そしてストレスの元凶にしないでください。
 わたしのような万年初心者が悲鳴をあげているのです!

 ……パソコンをWindows7に換えた方が「XPやVistaとはまったく勝手が違いますね」といっておられましたが、その話を人づてに聞いたある方が「何だかパソコンと携帯の使い方を覚えているだけで、人生が終わってしまいそうですね」と呟いておられました。
 現代社会を痛烈に批判した名言だと思います。


「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会」10/23(日)13:30
・らくごカフェ(地下鉄神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)

・「ご挨拶」神田愛山
「(露地野ぼん子作)取扱説明書」露地野一文(神村昌志)……「今までの自分をかなぐり捨てないと、とても取扱説明書は演じられませんネ」と、稽古のあとにいみじくも神村さんがおっしゃられた通りに、この読み物はいかにも作者が主婦ならではの作品に仕上がっております。神村さんを知る方は、取扱説明書を演じられる神村さんの平素とは違う豹変ぶりに驚かれるかもしれません。しかしそれが芸事を習うということなのです。自己再発掘なのです。それにしてもわたしのアマ弟子さんが創った講談を、別のアマ弟子さんが演じる……。感無量の思いであります。
「河村瑞軒」露地野ぼん子(神門久子)……この読み物は別名「お盆のお金儲け」といわれる面白おかしい一席ですが(ですから難しいのです)わたしの師匠二代目神田山陽の十八番中の十八番で、まだ中学生の頃のわたしが初めて聴いた師匠の講談が、ラジオから流れてきたこの「河村瑞軒」でした。
「(難波戦記)真田の入城」「川柳選者」神田愛山……わたしが前座の頃、師匠が本所の地域寄席で演じた一席が「真田の入城」で、師匠もこの読み物にはかなりの自信をもっていたらしく、その日の楽屋で「君は必ずこれを覚えなければいけないよ」との厳命を受けました。「川柳選者」は講談ショートショートで、サラリーマン川柳をつなぎあわせたら、こんな一席になりました。
[PR]
by aizan49222 | 2011-10-19 23:19 | 愛山メッセージ
またもパソコンが……
 その日の朝、ウイルスセキュリティーソフトがアップデートをしてくれなくなりました。
 画面に表示が出て「ダウンロードデータのベリファイに失敗した」そうです(パソコン用語は本当に理解不能です。もうすこしわかりやすい言葉で説明できないものですかねえ。わかりやすい言葉で説明できないということは、パソコン業界の人がパソコンを理解していないという何よりの証拠です)。
 「(故に)パソコン時刻の設定を確認の上再度お試しください」ともありますから、早速確認いたしましたところ、時刻設定に誤りはありません。

 で、再チャレンジ。
 でもダメでした(再度試しても失敗したらどうすればよいのかの表示はないのです。実に不親切ですねえ……というよりも、そういう状態の対処法がないのか、あるいは想定外なのかもしれません。つまりが見切り発車のコメントなのです。昔の電化製品ならば頭をひっぱたけば直ったのですよ)!

 そこで困ったときの○司頼み。メカのセミプロである後輩講釈師の神田○司クン(あえて名を伏す。幕末と坂本龍馬に詳しく困窮生活アドバイザーでもある(笑))に相談したところ「こちらに問題がない以上は、向こう(ウイルスセキュリティーソフト会社)の問題かもしれませんから、しばらく様子をみてみましょう」とのお言葉。

ユーザーに安心を与えなければいけないセキュリティーソフト会社が、逆にユーザーに不安を与えている現実に愕然としました(わたしのような強迫神経症者は、とくにこうした安全管理に関する問題には敏感です)。
わたしはかねてインターネットはあまりにもリスクが大きくて、それはインターネットから受ける恩恵の比ではないと思っていますから(この逆の考えをおもちの方もいらっしゃいましょうが)今度のアップデートのことで先々埒があかなくなりましたら、インターネットを解約するつもりでおります。
 なかなか実行できないでいたここ数年の念願が叶うよいきっかけになるかもしれません。

……ところが翌日アップデートができたではありませんか!まさしく○司クンの見込み通りで、昨日の出来事は明らかにセキュリティーソフト会社のほうに問題があったのであります(それにしても「昨日はまことに申し訳ございませんでした」と画面でわびても決して罰は当たらないと思うのですがねえ)。
 しかし修復できればそれでわたしの機嫌がなおるというわけではなく、ことほどさように現代文明は胡散臭くて信用できないという、わたしの気持ちに変わりはありません。

 そのうちに人類は文明をもてあますようになり、やがては文明につぶされてしまうでしょう。
 ま、パソコンの手を休めて、わたしとアマ弟子さんの講談でも聴いてください。


「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会」10/23(日)13:30
・らくごカフェ(地下鉄神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F
…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・「ご挨拶」神田愛山・「(露地野ぼん子作)取扱説明書」露地野一文(神村昌志)
・「河村瑞軒」露地野ぼん子(神門久子)
・「(難波戦記)真田の入城」「川柳選者」神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2011-10-13 00:35 | 愛山メッセージ
入門まで(二)
 鬱々とした、本当に鬱々とした学生生活でした。
 入学してからふた月後には、わたしは経済的事情という理由をつけて、両親には無断で、学校に休学願いを提出しました。完全なノイローゼ状態で精神の収拾がつかなくなってしまったのです。
 ですから時の流れを氷結させたかったし、これで何かが変わると思いましたが、何も変わりませんでした。

 ……夏休みの終わりが近づいてきました。
 停留所でバスを待っているわたしを、母親は四階建ての社宅の屋上から見送っています。距離はありますが、彼我に視界を遮る建物はありません。見つからないようにしているのでしょうが、わたしはバス停に立った瞬間から、母親の存在には気がついていました。
 しかし母親が心配するのも無理はありません。
 わたしは帰郷している間、休学したことはもちろん、追いつめられ、悶々としている胸中を一言ももらさずに、ただふてくされ、ごろ寝をしていただけだったのですから……。
 わたしは誰かに道を決めてほしい。先導してもらいたいと、そればかりを考え、いつまで経っても自立できない自分に腹を立てておりました。

 川崎の下宿に帰っても、時々階段を上がってくる野良猫にエサをあげること以外にやることはありません(アンパンをあげたこともありますが、猫はアンパンは食べませんね)。このまま勉強をやり直して、学生生活を続けようという考えと、落語家は断念して、何故一日も早く神田山陽の弟子にならないのだという思いが葛藤して、どうしても行動に移すことができません。
 が、時間だけは容赦なくすぎていきます。相変わらず寄席通いはやまず、故郷から共に上京した高校時代の同級生Aの新宿の下宿を訪れることだけを唯一の楽しみに、方針が定まらず、心の整理もつかないまま、わたしは翌年の四月に復学しました。

 ……通っていた英語の専門学校をやめて、「アルバイトに精を出して資金を貯め、アメリカに渡る」と、Aがわたしに告げました。
 Aは高校の頃から英語が得意で、アメリカでの暮らしに憧れておりましたが、「あの学校の授業では、とても英語の力は身につかない。だから直接アメリカに渡るのだ」と言います。
 わたしよりも先にAの欲求不満が爆発した……というよりも、人生の目的に向かって軌道修正を試み、本格的に行動を開始したといったほうがより適切でありましょう。
 わたしはその頃川崎を移り高校の先輩であるBと、中野の安アパートで共同生活を送っておりましたが(中野と川崎を電車とバスを乗り継いで二往復しただけで引越の荷物を運び終えました)AはBを頼って築地の魚河岸でアルバイトを始めました。Aの目に光がもどりました。
 わたしはまたも敗北感を味わい、自責の念に苛まれました。せっかく復学したというのに、このままいけば留年は間違いありません。去年の繰り返しをしているにすぎないのです……。

 その年も寒さを感じる季節になりました。オイルショックによるトイレットペーパーの買い占めで、世間はだいぶ騒いでおります。南こうせつとかぐや姫の「神田川」が大ヒットをしておりました。
 そんな頃、Aと共に高校時代の親友でありましたCが上京してきました。受験の下見のためです。
 Cは高校卒業後地元で職を得、短大の夜間部に通っておりましたが、これからは心機一転東京の大学で学ぶのだと申します。
 友人たちが皆自分の道を進み始めております。
 彼らの前で、もうこれ以上ぶざまな姿は見せられない!!
 それは突然沸き起こった思いでした。
 わたしは友人たちの行動力を目の当たりにして、ようやく迷いから吹っ切れたのです。
 腹の底から突き上げてくる熱いものを感じました。
 思えばずいぶん長い道のりでした。

 中央線沿線のD(高校は違えど、やはり故郷の友人)の下宿に数人が集まって宴会が始まりました。皆Dのギターに合わせてフォークソングを歌っています。わたしはそのスキをうかがって抜け出し、駅前の公衆電話から山陽に電話をかけました。
「浅草演芸ホールに出ているから、そのうちに訪ねていらっしゃい」
 と山陽は言い、わたしはその通りにしました。

  浅草の寄席の隣の喫茶店弟子入り叶ふコーヒー冷へる

 昭和四十九年二月二十二日、わたしは二代目神田山陽の弟子になりました。二十歳のときでした。
[PR]
by aizan49222 | 2011-10-02 22:27 | 愛山自伝・俳句と短歌