<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
神田愛山独演会
 本牧亭閉鎖がマスコミで報じられますと、こういう風に講釈場が閉鎖にでもならない限り、まったく講釈場には姿を見せない人たちが多数来場しました。予想通りです。
 いつもとは違う客席の雰囲気に唖然とするご定連もおられましたが、でも、ま、人が多いほうがお弔いはにぎやかですから、べつに悪いことではないでしょう。
今後の本牧亭は会場を借りて主催興行を続けますが(伝統の漂流です)わたしの独演会も日にちが迫ってまいりました。
今回は次郎長伝の四席目(次郎長の啖呵が聞けます。啖呵こそ侠客伝の醍醐味!)と現阿久鯉の前座時代を描くドキュメント爆笑講談「小松の嫁入り」の二席。

……おっと新作CDも販売いたします。わたしの自主制作CDは、わたしの独演会でしか販売いたしませんが(通販はやりません)らくごカフェさんにだけは置かせてもらっています。
 独演会以外に、わたしのCDが入手できるのは全国で唯一らくごカフェさんだけというのも、わたしの分相応というところでしょう。
 いかにも恥ずかしそうに、わたしのCDはうつむいているはずです。ぜひ見つけてあげてください。


「神田愛山独演会」9/30(金)19:00
・らくごカフェ(地下鉄神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F
 …ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・愛山演題「清水次郎長伝(四)増川の仙右衛門の仇討ちと武居の安五郎への掛け合い」「小松の嫁入り」

販売CD……神田愛山自選講談集(14)「姐妃のお百~海坊主の祟り」露地野ぼん子作「取扱説明書」2000円
神田愛山自選講談集別巻7 清水次郎長伝(二)「心中奈良屋」清水次郎長伝(三)「法印大五郎」2000円
[PR]
by aizan49222 | 2011-09-25 22:23 | 愛山メッセージ
入門まで(一)
 昭和四十七年春、わたしは駒沢大学に入学しました。芸人志望の決断もつかず、そうかといって地元で就職する気もありませんでしたから、進学する以外に進むべき道はなかったのです。
 東京へ出れば何とかなるという甘い気持ちもありました。

 下宿は川崎で、近所に父方の叔父が住んでいるところから父親が決めました。近くに川崎大師があります。
 一階は大家と倅夫婦の住居。外側に張り出された階段を上がり、下宿人が住む二階は三室で、わたしは角部屋、四畳半一間で一万五千円の家賃。扇風機もコタツもありません。ラジオと文机だけが唯一の財産で(ラジオからはよく吉田拓郎さんの「旅の宿」が流れてきましたし、眠れぬままにニッポン放送のオールナイトニッポンも聞きました)トイレも流しも共同でした。

 しかしわたしはこの下宿で一人暮らしを始めてから、己の未熟さを痛感することになってしまいました。
 たかだか一週間でホームシックとなり、実家へ帰ってしまいましたし、すこしも親離れしておらず、大人ぶっていた自分がいやになってしまったのです。毎日が不安で、酒とタバコを覚えたのもこの頃です。

 駒沢大学落語くらぶに所属しましたが、それは部活でもしないと、まったく学校に行かなくなってしまうからで、わたしはその生活のほとんどを寄席通いに費やしておりました。
 浅草演芸ホールに新宿末広亭は入替なしですから、昼の前座さんから夜トリまで昼食抜きで聴きつづけました。東宝名人会は他の寄席ではお目にかかれない出演者が揃いましたし、マニアックな池袋演芸場と都会的な上野鈴本にも足を運びました。

 楽屋口で待ち受けて憧れの的である落語の師匠に弟子入りを乞おうとしましたが、いざその場面になりますと、まるで金縛りにあったかのように足がすくんで、どうしても前に進みません。何度試みてもダメでした。
 そしてそのたびに身を切られるような挫折感を味わってしまうのです。
 今冷静に振り返ってみれば、寄席通いをする間に知り合った若手落語家さんたちと酒を飲み、話を聞き、その生存競争の激しさと、洒落のきつさをみるにつけ「お前の性格では、とても落語家は無理だ」と強い内的禁止がかかってしまったものと思われます。

 ……川崎の下宿から学校へ向かうには、まずバスで川崎駅まで行き、それから南武線で武蔵小杉、東横線に乗り換えて田園調布からさらにバスに乗らなければなりません。
 この道のりが何とも煩わしく、わたしはこの煩わしさを登校拒否の理由にしていました。
 そしてその日も川崎駅から南武線には乗らずに、上りの京浜東北線の電車に乗ってしまったのです。
 ……初めて訪れた改築間もない上野本牧亭の昼席は若手講談会でした。客入りは薄く(その定連たちが昔の講釈師の噂話をしていたことは忘れられません)落語界にくらべると、とても若手とはいえないような年齢の出演者で、わたしは愕然としました。

  張扇薄き座布団下足札上野の昼の気怠き釈場

 わたしは寄席の高座を聴くだけで、弟子入りの承諾をもらっている山陽とは、上京してからも一切連絡をとってはいませんでした。
どうしても自分の人生を決めることができなかったのです。
赤面のあまり自分の過去に五寸釘をぶち込んでやりたくなります。
[PR]
by aizan49222 | 2011-09-19 12:58 | 愛山自伝・俳句と短歌
愛山自主制作CD新発売!
神田愛山自選講談集(14)「姐妃のお百~海坊主の祟り」露地野ぼん子作「取扱説明書」2000円

神田愛山自選講談集別巻7 清水次郎長伝(二)「心中奈良屋」清水次郎長伝(三)「法印大五郎」2000円

愛山主催会のみにて発売。通販はいたしません。パソコンで記録したディスクのためプレイヤーの仕様によっては再生できない場合がございます。
[PR]
by aizan49222 | 2011-09-15 16:37 | 愛山自主制作CD情報
諸々
《熱中症》先日高座に座った瞬間に左足の指が吊り、その翌日は昼寝から目覚めた途端に右足の土踏まずが吊りました。「足が吊るのも熱中症の症状」という楽屋雀の言を信用すれば、猛暑日にもエアコンをつけなかった報いが、ここにきて表れたわけですが、それもこれも東京電力様の節電要請に協力したが故のこと。名誉の病であります。

《対象外》ある貸しホールがオープンすると聞き、早速見学にいこうとしたのですが、そのホールは(貸し出しを)「演芸全般の若手を対象に」とあり、わたしのキャリアでは対象外になってしまいますので(と思いますが)諦めましたが、考えてみればわたしはいつも対象から外される人生を歩んできたようです(涙)。

《返信メール》メールの返事を出さない人は、すぐに返信しなければ相手に見捨てられてしまうという恐怖心をもたない人ですね。つまり淋しくない人たちです。
 しかしわたしは見捨てられ感の固まりですから、この人たちが返信をよこさないのは、わたしを見捨てようとしているからだという強い恐怖心に囚われてしまい、この人たちに見捨てられまいとして、また卑屈なメールを出してしまうのです。
 そして返事は……やはり返ってきません。(携帯を新機種に変えてからメール添付写真の送受信をやめました。料金形態が不鮮明であるからです。ご協力をお願いいたします)

《公開稽古》9/17(土)14時から拙宅で公開稽古を行います。これはわたしがアマ弟子さんに稽古をつける様子を、すべて見て、そして聴いていただこうという企画で、わたしが高座でどんなことを考えて演じているのかがおわかりになると思いますし、また講談を演じてみたいという方にも参考になるはずです。演題は「(露地野ぼん子作)取扱説明書」です。2000円。(問)03ー3430ー6615愛山工房


「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会」10/23(日)13:30
・らくごカフェ(地下鉄神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターよりお乗りください 5F降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・「ご挨拶」神田愛山・「(露地野ぼん子作)取扱説明書」露地野一文(神村昌志)・「河村瑞軒」露地野ぼん子(神門久子)
・「(難波戦記)真田の入城」「川柳選者」神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2011-09-08 16:19 | 愛山メッセージ
猛暑疲れ
 この一週間ほど思うように両足が上がらず、首筋から右肩腕にかけて、かなりの痛みが出ています。
 今日も二席稽古したあと右膝が萎えて立ち上がれませんでした。

 過日三年に一度の東京ガスの点検を受けましたところ、瞬間湯沸かし器の元栓部分に検査機を当てないとわからないほどの微量のガス漏れが発見され、もう一カ所の不具合と合わせて一時間後に緊急修理!
 しかし早期発見の喜びがわいてきません。猛暑疲れで感情の流れも停滞してしまっているのです。

 今夏は六日しか市民プールに行けませんでした。
 この数字は昨夏の半分以下で、泳ぎに行こうとの気力がおきないのです(六日も行けば充分ですか(笑))。

 そして台風がやってきます。
 わたしは外出に備えて100円ショップでレインコート上下を買ってきました。
 家で試着しましたら、たちまちのうちに第一ボタンが取れてしまいましたが(笑)着物が入ったリックサックを雨から守るために羽織るだけですから、とくに支障はありません(本当はランドセルカバーが最適なのですが、五十七才用の物はありませんでした(笑))。

 また現在夜の十一時ですが、雨戸を締め切っておりますから、ただでさえ蒸すというのに、部屋の中はサウナ状態です。
 このままでは命に関わります。
 ですから東京電力様、お願いです。27°設定で風量微の冷房を、何卒お許しくださいませ。
[PR]
by aizan49222 | 2011-09-02 10:21 | 愛山メッセージ