<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
最後の決断
 人事の季節が近づくと鬱になるといった建設会社の社員がおりましたが、最近こんな話を耳にしました。

 ……六月の中旬、四十代半ばで小学校低学年の二人の子供をもつサラリーマンに「月末までに東京本社から関西支社へ着任せよ」との辞令がおりました。
 転勤までの準備期間は、わずか二週間しかありません。
 首都直下型大地震が懸念される昨今、東京を脱出して西日本へ避難する絶好のチャンスなのかもしれませんが、奥さんのほうは子供の転校と転居を固く拒否していますので、彼は単身赴任か、それとも転職かの決断を迫られることになりました。
 が、これは一種のリストラか、あるいは人事の名をかりたイジメなのかもしれません。あまりにもシビアな話です。

 わたしは以前『人間は生涯に三度は神経がすりきれるような決断を迫られるときがあり、またその三度が人間の神経の限界だ』という一文を読んだことがあります。
 その伝でいえばわたしの場合は「講釈師という職業の選択」「断酒」という二つの決断を経験してきておりますが、まだ一つ残されているということになります(あるいは無意識のうちに、すでに決断してしまっているのかもしれませんが)。

 わたしはその最後の決断を「パソコンとの決別」に使いたいのです。
 パソコンがなければ今の世の中は渡っていかれませんから、そのくらいのことはわかりますから、なまじのメカのプロよりも信頼がおける神田○司(あえて名を伏す。坂本龍馬の講談を得意とする講釈師)に操作方法を教わり、トラブルにも対処してもらいながら、何とか続けていますが、まさに四苦八苦。
 パソコンはたしかに便利な物ではありますが、こうして自分一人では扱えずに、おまけにコンピューターウィルスに代表されるハイリスクなパソコンを、どうしてもやめられない意志の弱さが、わたしの鬱の元なのです。
 パソコンをやめたら台本は手書きにすればよいのです。昔の生活に戻るだけのことなのです。
 でも、まだ、やめる決断がつかないのであります(涙)。


《自宅講談会六畳庵ご案内》
7/3(日)16(土)17(日)18(月祝)30(土)31(日)14時(注3(日)は15:30)2000円
・愛山二席。終演後は茶話会です。よろしければ、ぜひ。(問)03ー3430ー6615愛山工房
[PR]
by aizan49222 | 2011-06-28 14:13 | 愛山メッセージ
「神田愛山独演会IN大阪」「久留米十畳庵」読み物解説
(各会のお問い合わせは03ー3430ー6615愛山工房)

「神田愛山独演会IN大阪」
・7/22(金)18:45
・薬業年金会館5F和室(地下鉄谷町線谷町六丁目駅4号口隣)
・2500円(ブログプリント持参割引有り)
・「前講」旭堂南海・「(大岡政談)伊勢の初旅」講談ショートショート二題「やかましい休日」「キッチンドリンカー」神田愛山
…自主制作CD販売

「(大岡政談)伊勢の初旅」は典型的な世話物で、わたしは三代目神田ろ山先生に教えていただきました。高調子の陽気な先生で、この講談は悲惨な読み物なのですが、ろ山先生が演じられますと、とても明るくなります。で、教わりました。落語の「唐茄子屋政談」に似ています。ぜひ聴き比べてみてください。ろ山先生には結婚披露宴の司会も教わっています。
「やかましい休日」は家でゴロッと横になっているときに訪ねてきた人があり、その瞬間に発想しました。
「キッチンドリンカー」は(あえてネタをバラしておきますが)お客さまをだまします。ですからだまされないようにしてください(さすがにこれ以上は申しあげられません)。


「久留米十畳庵」
・7/23(土)19時
・福岡県久留米市上田宅
・2000円(ブログプリント持参割引なし)
・「(結城昌治原作)替玉計画」神門久子・「(清水次郎長外伝)小政の生い立ち」「(講談私小説)安心できない男」神田愛山

「(結城昌治原作)替玉計画」は結城先生が昭和37年11月「講談倶楽部」に発表なさった短編小説で、わたしが講談にしました。結城先生はご親類の法事に出席されたときにこの作品を発想なさったそうです。今回はわたしのアマ弟子の神門さんに演じてもらいます。
「(清水次郎長外伝)小政の生い立ち」も三代目神田ろ山先生に教えていただきました。実にわかりやすくて面白い侠客伝で、落語の柳家喬太郎さんにも、わたしが教えました。「おまえさんが落語家さんに教えたのかい。そんな腕になったのかい」とろ山先生に笑われそうです。
「(講談私小説)安心できない男」は強迫神経症がテーマですが、すべてわたしの実体験を綴りながら、結末で爆笑をよぶ異色作。講談私小説の最新作です。

以上二つの会、ぜひともご来場賜りますよう伏してお願い申しあげます。
[PR]
by aizan49222 | 2011-06-20 23:26 | 愛山メッセージ
散歩コース
  わたしは以前から歯医者さんにグラグラしている下の前歯を左右隣の歯にボンドでくっつけて支える処置をほどこしてもらっておりますが、その日の朝、片側のボンドがはがれかかってきたような感触があり、鏡を見て確認しても、これはいつもの気のせいで、多分大丈夫だろうとは思ったのですが、結局受診しました。

 ことほどさようにもってうまれた得体の知れない罪悪感からくるものか、それともわずかな危険をも見逃さずに排除しようとする強迫観念からくるものか、とにかくわたしは臆病なのです。
 そしてこの何事にも臆する心が、わたしの人格の中心にあるのかもしれません。
 歯医者さんのあと、わたしはそのままいつものコースを散歩することに決めました。
 まず歯医者さんから20分ほど離れたペットショップにいってネコを見たあとは、さらに30分歩いて私鉄の駅の近くにある安物衣料品店を冷やかし、駅構内のベンチに座って一休みします。
 コーヒーと洋風の食べ物が売り物のファーストフード店が改札口の真ん前に二軒並んでいますが、わたしは誰かについてきてもらわないと、この種の店に入ることができません。
 というのも「いらっしゃいませ。コーヒーとナンタラカンタラをチョイスなさってセットになさいますと、カンタラナンタラになり、お得になります。いかがなさいますか」と、説明というよりは、ただ一気呵成に喋っているだけという店員の言葉が理解できないからなのです。
 緊張のあまり返事ができません。
 だからどうしてもわたしと店員の間に立って意思の疎通を図ってくれる通訳が必要になるわけです。
 それにたえずせかされているという店内の感じが、わたしの性に合いません。

  ……その駅構内のベンチに、今年に入ってから女性ホームレスの姿を見かけるようになりました。
 キャリーバックを引きずり、花柄のバックを持って、時々ノートに几帳面な細かい字で書き物をしています。
 年齢不詳ですが、ひょっとするとわたしと同世代かもしれません。何となくそんな気がするのです。
 彼女は誰にも迷惑をかけることなく、いつも顔を伏せてひっそりとしています。
  時々一点を見据えていますが、しかし見据えているように見えるだけで、実際は何も見ていないのかもしれません。
 が、もし見ているとすれば、わたしは彼女にどう見られるのでしょうか……。
  わたしはそういうことが気になるのです。

  この日の散歩で、わたしは今度の自主制作CDに入れようと思っている講談私小説「ベラ」を頭の中で稽古しました。
  さまざまなことを構想するのも、この散歩の道々です。
  そして必ず甘味を買って帰ります。
[PR]
by aizan49222 | 2011-06-12 20:56 | 愛山メッセージ
諸々(各会のお問い合わせは03ー3430ー6615愛山工房まで)
《脳内被災》東日本大震災で直接被災してはいなくても、一連の報道で気分が滅入ったり、また落ち込んでしまったりした人を「脳内被災」といった方がおられましたが、まことに的を得た表現だと思います。
 この大震災で神経を病んでしまわれた方は多数いらっしゃいましょうが、肉体の病とは違い、神経症はなかなか世の理解を得られません。そう思っていれば、まず間違いはありません。

《6月の六畳庵》19(日)16時決定。25(土)内定。愛山二席。

《大阪独演会》7月開催を決定し、そのプログラムを作り、大阪で配布宣伝してくれる知人に郵送してしまった後で気がつきました。何とその読み物は去年やっていたのです!慌てて作り直して再度送りましたが、最近こういうことが本当に多くて困ります。年ですな。その苦心のプログラムが下記の如し。

「神田愛山独演会IN大阪」7/22(金)18:45
・薬業年金会館5F和室(地下鉄谷町線谷町六丁目駅4号口隣)
・2500円(ブログプリント持参割引有り)
・「前講」旭堂南海・「(大岡政談)伊勢の初旅」講談ショートショート二題「やかましい休日」「キッチンドリンカー」神田愛山
…自主制作CD販売

《久留米十畳庵》7/23(土)19時
・福岡県久留米市上田宅・2000円…
・「前講」神門久子・愛山二席

《神田愛山講談サマースクール》
7~8月のご都合のつかれる2日間で(日時をご指定下さい)愛山直伝の講談を一席学んでいただこうという趣向です。1回目は愛山が10分以内の読み物を演じ(読み物の選定はおまかせいただきます)実演の際の注意事項を申しあげますので、それを録音して覚えていただき、2回目に仕上げます。場所は愛山宅。費用は2回で2万円。優秀な方は秋の「神田愛山とアマ弟子の会」の高座に上がっていただきます。ただし現在他の師や教室で習っておられる方の受講はお断り申し上げます。
[PR]
by aizan49222 | 2011-06-06 21:00 | 愛山メッセージ