<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
5~6月 出演スケジュール
(一般入場可能会限定・諸般の事情による変更はご容赦願います)問03ー3430ー6615愛山工房


「(愛山自宅講談会)六畳庵」5/1(日)~8(日)14時(原則)
・狛江愛山宅・2000円(ブログプリント持参割引なし)愛山二席(原則)催行客数2名より

「講談新宿亭」5/11(水)昼の部12:30・夜の部17:30
・新宿永谷ホール(西武新宿駅より職安通り方向グリーンプラザそば・新宿区歌舞伎町2ー45ー5)1500円(ブログプリント持参割引なし)愛山他日本講談協会会員交互出演(愛山夜の部トリ「講談私小説(七)出身地」)

「黒門町本牧亭講談定席」5/14(土)15(日)6/11(土)12(日)12:30
・日本料理本牧亭(黒門小学校そば・台東区上野1ー11ー9イマスサニービル1F)2300円(ブログプリント持参割引有り)愛山他日本講談協会会員交互出演

「講談広小路亭」5/18(水)6/20(月)11:50
・お江戸上野広小路亭(上野広小路交差点角・台東区上野1ー20ー10)2000円(ブログプリント持参割引なし)愛山他日本講談協会会員交互出演

「講談・落語たっぷり会」5/20(金)6/24(金)12:15
・お江戸日本橋亭(三越前駅A10出口中央通神田駅方向初角右数分・中央区日本橋本町3-1-6)2000円(ブログプリント持参割引有り)神田愛山・宝井琴調・立川談幸・三遊亭竜楽(5/20トリ談幸「質屋庫」6/24トリ愛山「笹川繁蔵相撲の啖呵」)

「松丘亭寄席」5/25(水)6/22(水)19:00
・多磨墓地永福寺(西武多摩川線多磨駅下車線路沿いに白糸台方面へ5分線路そば)500円以上(ブログプリント持参割引なし)神田愛山・林家時蔵・柳家蝠丸・瀧川鯉昇・三遊亭右左喜

「神田愛山独演会」5/27(金)19:00
・らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F・千代田区神田神保町2ー3)2千円(ブログプリント持参割引有り)愛山演題「清水次郎長伝(一)次郎長の生い立ち」「(二)心中奈良屋」他新作一席…自主制作CD販売

「第15回コタン講談会」6/3(金)19:30
・ライブハウス四谷コタン(新宿区若葉1ー9金峰ビル101)2000円+ワンドリンクオーダー制(ブログプリント持参割引なし)四ッ谷駅(四ッ谷見附交差点側)を出て新宿通りを上智大学とは反対方向(新宿方向)に直進5分ほど歩くと左側にジョナサンあり左折初角を右折突き当たりを左折15m先左側ビル~「前講」神門久子・「高齢化社会」「怪談小夜衣草紙」神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2011-04-26 16:11 | 愛山出演スケジュール
講談教室と講談作家教室のご案内
「講談教室」全4回・稽古代3万円・於愛山宅~初回に愛山が演じた読み物を録音していただき、残りの3回で仕上げます。稽古日時は、あなたのご都合次第ですが、3か月以内に終了させていただきます。なお他の師や教室でお習いの方は原則としてお断り申し上げます。

「講談作家教室」判定料1万円・2回受講料2万円・於愛山宅~これは面白い講談になると愛山が判断した400字詰20枚以内の作品を(判定料1万円)その後2回の読み直しで仕上げます(受講料2万円)。完成作は愛山が高座で演じます。受講日時は、あなたのご都合次第ですが、3か月以内に終了させていただきます。

(申込)03ー3430ー6615愛山工房
[PR]
by aizan49222 | 2011-04-24 19:24 | 講談教室と講談作家教室
「神田愛山・旭堂南海二人会~悪党物語」
 上方の旭堂南海さんとの二人会です。
 テーマは「悪党物語」
 このピカレスクロマンこそ、わたしの唱える講談ダンディズムの神髄となります。

 南海さんの「雁金文七」……上方世話講談に負けないように、わたしは久しぶりに「徳川天一坊」を高座にかけます(天一坊は太田博之さんのハマリ役だと思っています。ちなみに天一坊の参謀山之内伊賀亮は山形勲さんが一番よろしい)。
 とにかく天一坊は八代将軍吉宗公の御落胤を騙り、徳川の天下を手中にしようとした大悪党です(これはある実話を元にして江戸時代の講釈師が噺を広げた読み物です)。
 この「徳川天一坊」は金襖(きんぶすま)物と呼ばれ、筋立てが実によくできておりますし、古典講談の中では最高難度の読み物です。
 しかも二日続けて長講で申し上げます。
「東西の講釈師が本寸法の芸で長講連続で対決する、こういう会を待っていたのです」
 と、問い合わせをいただいた未知のお客さんにいわれました。
 この会に興味関心を抱かない人は、そもそも伝統芸である講談とは無縁の人たちなのです。

 この会をプロデュースした女流浪曲師玉川奈々福さんが前座をつとめるのも面白い趣向です。
 寄席演芸の中で末代までの語り草にさせてみせます。
 躊躇なさることなく、ぜひともご来場くださいませ。


「神田愛山・旭堂南海二人会~悪党物語(ピカレスクロマン)長講一席二日連続公演」
4/22(金)19:00
4/23(土)13:00

・亀戸・カメリアプラザ6F和室(総武線亀戸駅北口歩2分・江東区亀戸2ー19ー1)
・各3000円(二日間通し券5000円・ブログプリント持参割引なし)60席限定
 あらかじめご予約ください(03ー3430ー6615愛山工房)
・神田愛山「徳川天一坊」より22日「越前閉門」23日「網代問答」
・旭堂南海「浪花五人男」より22日「雁金文七、頭角現す」23日「浪花五人男勢揃い」
・前座・玉川奈々福(浪曲)22日「左甚五郎旅日記掛川宿」23日「団十郎と馬の足」(曲師・沢村豊子)
[PR]
by aizan49222 | 2011-04-17 22:20 | 愛山メッセージ
読み物解説「神田愛山独演会IN大阪」と「(富山県)高岡講談会」
「神田愛山独演会IN大阪」
・4/15(金)18:45
・薬業年金会館5F和室(地下鉄谷町線谷町六丁目駅4号口隣)
・2500円(ブログプリント持参割引有り)
・「前講」旭堂南海・「め組の喧嘩」「安心できない男」神田愛山…自主制作CD販売(各2000円・割引なし)

 「め組の喧嘩」は寛政力士伝ですが、お裁き、世話、啖呵の要素がからみあい、いかにも江戸の講談の匂いが漂います。
 「安心できない男」はAXNミステリーで放送中の「名探偵モンク」に大いに刺激されました。わたしもモンク同様持病である強迫神経症という重いテーマを、あえてコメディタッチにした一席を物したかったのです。過去に「気になる男」を創っていますが「安心できない男」を、わたしのメンタル講談の代表作にしたいと思っています。

第5回「(富山県)高岡講談会~神田愛山とアマ弟子(地元出身)の会」
・4/17(日)13:30
・高岡文化ホール(多目的ホール・高岡市中川園町13ー1越中中川駅より歩3分)
・1500円(高校生以下500円・ブログプリント持参割引なし)
・「(清水次郎長伝)心中奈良屋」神田愛山・「(清水次郎長外伝)小政の生い立ち」「(赤穂義士外伝)忠僕元助」神門久子・「(三河義士外伝)敵の倅」神田愛山
…この会の収益の一部を義援金として送らせていただきます

 「心中奈良屋」は侠客伝というよりも世話講談で、次郎長が心中者を助けたおかげで長生きをするというおめでたい一席。
「小政の生い立ち」は、実にほのぼのした侠客伝に仕上がっています。次郎長と石松の道中記。
 「忠僕元助」は、わたしの師二代目神田山陽の十八番で、片岡源五右衛門と奉公人の主従愛がテーマになっています。
 「敵の倅」は吉良方の義士伝です。赤穂義士伝があるならば三河義士伝があってもいいと発想しました。古典ではありませんが、わたしが資料を集めて構築した読み物。大好評をいただいている一席です。「忠僕元助」と対比させてお聴きください。
[PR]
by aizan49222 | 2011-04-11 13:59 | 愛山メッセージ
「神田愛山独演会IN大阪」と「(富山県)高岡講談会」
 大震災後、わたしは自分が主催する会を二つ自粛し、出演するはずでした寄席も休止となりました。
わたしは微力ながらも知人に頼んで被災地に救援物資を送りましたが、知人が救援物資を受け取りにきた瞬間、わたしはまるで出征兵士を見送っているかのような錯覚にとらわれてしまいました。
 またチャリティー講談会ではトリをつとめました。
 わたしはこの大震災でさまざまな経験をして、さまざまなことを考えましたが、どうやら「神田愛山独演会IN大阪」と「(富山県)高岡講談会」が、わたしの講談人生再出発の第一歩となりそうです。
 渾身の高座をお目にかけますので、ご来場のほど伏してお願い申し上げる次第です。


「神田愛山独演会IN大阪」
4/15(金)18:45薬業年金会館5F和室(地下鉄谷町線谷町六丁目駅4号口隣)2500円(ブログプリント持参割引有り)「前講」旭堂南海・「め組の喧嘩」「安心できない男」神田愛山…自主制作CD販売

第5回「(富山県)高岡講談会~神田愛山とアマ弟子(地元出身)の会」
4/17(日)13:30高岡文化ホール(多目的ホール・高岡市中川園町13ー1越中中川駅より歩3分)1500円(高校生以下500円・ブログプリント持参割引なし)
「(清水次郎長伝)心中奈良屋」神田愛山・「(清水次郎長外伝)小政の生い立ち」「(赤穂義士外伝)忠僕元助」神門久子・「(三河義士外伝)敵の倅」神田愛山…この会の収益の一部を義援金として送らせていただきます。
[PR]
by aizan49222 | 2011-04-07 10:29 | 愛山メッセージ
ゴールデンウィークは(愛山自宅講談会)六畳庵
 3/27・28・30日の六畳庵はトータル6名様のお出でをいただきました。
 まことに有難うございます。
 やはり自分のやれることを普通にやる以外にはないようです。
 お客さんとの終演後のお茶飲み話に、わたしの気も晴れます。
 どうやらこの会がわたしの原点になりそうです。
 が、六畳庵は本当にわたしのアパートの六畳間で開く会です
 (洒落だと思っていらっしゃる方がずいぶん多いのですが、これが講釈場のルーツです)。
 お申し込みをいただきました方に地図を送付し、何とか自力で拙宅までたどり着いていただきます(笑)。


開催予定日4/29・30・5/1・3・4・5~14時・2000円
・愛山二席…催行人数2名様より・(問・予約)03ー3430ー6615愛山工房

[PR]
by aizan49222 | 2011-04-01 10:54 | 愛山メッセージ