<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
コタン講談会
 今度の角界の騒動で「谷風の情相撲」ができなくなってしまいました。これは落語の「佐野山」と同じですが、寛政時代の名横綱谷風は独断で病気の父親をもつ貧しい力士の佐野山に勝ちを譲って多額の懸賞金を受け取らせ、佐野山はその金を元手に廃業後故郷で料亭を開き、父親の看病ができたという一席で、わたしは講談に馴染みの薄いお客さんを前にしたとききには必ずこの読み物を演じてきました。大変にわかりやすく、またよくウケる講談で、前座の頃から「谷風の情相撲」にはお世話になってきました。

 しかしいかに情とはいえ相手に勝ちを譲るわけですから、こういうご時世では、あまりにも生々しくて、もうやれないでしょう(気にしないで演じる豪の者もおりますが、ま、それはそれ)。
 まったくありえない荒唐無稽な滑稽講談として、今までは「谷風の情相撲」を聴いていただきましたが、もはやそれもかなわぬ夢になりました。

 釈界(講談会)は思わぬ余波を受けましたが、しかし「谷風の情相撲」以外の相撲講談ならば(ウケるウケないはべつにしても)やれます。
 で、今度のコタン講談会で「越の海の出世相撲」をやります。
 この読み物は何ともバカバカしく、古きよき時代の相撲講談としてお楽しみいただけます。
 師二代目山陽が落語の席で、よくやっておりました。

そしてもう一席は「(講談私小説)角袖」で、昨年の暮れにネタ下ろししたものの改訂版です。
 無名の講釈師品川陽吉の日常を聞いてあげてください。
 またわたしにしてはとても珍しいことですが、終演後は懇親会を開きます(別途料金)。
 どうかライブハウスでの講談をお楽しみください。


「第14回コタン講談会」3/4(金)19:30
・ライブハウス四谷コタン(新宿区若葉1ー9金峰ビル101)
・2000円+ワンドリンクオーダー制(ブログプリント持参割引なし)
・四ッ谷駅(四ッ谷見附交差点側)を出て新宿通りを上智大学とは反対方向に直進5分ほど歩くと左側にジョナサンあり左折初角を右折突き当たりを左折15m先左側ビル~
・「前講」神門久子・「(寛政力士伝)越の海の出世相撲」「(講談私小説)角袖」神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2011-02-27 21:30 | 愛山メッセージ
3~4月出演スケジュール
(一般入場可能会限定・諸般の事情による変更はご容赦願います)問03ー3430ー6615愛山工房

「第14回コタン講談会」
・3/4(金)19:30

・ライブハウス四谷コタン(新宿区若葉1ー9金峰ビル101)
・2000円+ワンドリンクオーダー制(ブログプリント持参割引なし)
・四ッ谷駅(四ッ谷見附交差点側)を出て新宿通りを上智大学とは反対方向に直進5分ほど歩くと左側にジョナサンあり左折初角を右折突き当たりを左折15m先左側ビル~
・「前講」神門久子・「越の海の出世相撲」「(講談私小説)角袖」神田愛山

「黒門町本牧亭講談定席」
・3/12(土)13(日)4/9(土)10(日)12:30

・日本料理本牧亭(黒門小学校そば・台東区上野1ー11ー9イマスサニービル1F)
・2300円(ブログプリント持参割引有り)
・愛山他日本講談協会会員交互出演

「講談・落語たっぷり会」
・3/15(火)4/28(木)12:45

・お江戸日本橋亭(三越前駅A10出口中央通神田駅方向初角右数分・中央区日本橋本町3-1-6)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・神田愛山・宝井琴調・立川談幸・三遊亭竜楽(3/15トリ竜楽「愛宕山」4/28トリ琴調「黒い花」)

「講談広小路亭」
・3/18(金)4/18(月)11:50

・お江戸上野広小路亭(上野広小路交差点角・台東区上野1ー20ー10)
・2000円(ブログプリント持参割引なし)
・愛山他日本講談協会会員交互出演

「松丘亭寄席」
・3/23(水)4/27(水)19:00

・多磨墓地永福寺(西武多摩川線多磨駅下車線路沿いに白糸台方面へ5分線路そば)
・500円以上(ブログプリント持参割引なし)
・神田愛山・林家時蔵・柳家蝠丸・瀧川鯉昇・三遊亭右左喜

「神田愛山独演会」
・3/25(金)19:00

・らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F・千代田区神田神保町2ー3)
・2千円(ブログプリント持参割引有り)
・愛山演題「清水次郎長伝(一)次郎長の生い立ち」他新作一席…自主制作CD販売

「神田愛山独演会IN大阪」
・4/15(金)18:45

・薬業年金会館5F和室(地下鉄谷町線谷町六丁目駅4号口隣)
・2500円(ブログプリント持参割引有り)
・「前講」旭堂南海・「め組の喧嘩」「安心できない男」神田愛山…自主制作CD販売

第5回「(富山県)高岡講談会~神田愛山とアマ弟子(地元出身)の会」
・4/17(日)13:30

・高岡文化ホール(多目的ホール・高岡市中川園町13ー1越中中川駅より歩3分)
・1500円(高校生以下500円・ブログプリント持参割引なし)
・「(清水次郎長伝)心中奈良屋」神田愛山・「(清水次郎長外伝)小政の生い立ち」「(赤穂義士外伝)忠僕元助」神門久子・「(三河義士外伝)敵の倅」神田愛山

「神田愛山・旭堂南海二人会~悪党物語(ピカレスクロマン)長講一席二日連続公演」
・4/22(金)19:00
・4/23(土)13:00

・亀戸・カメリアプラザ6F和室(総武線亀戸駅北口歩2分・江東区亀戸2ー19ー1)
・各3000円(二日間通し券5000円・ブログプリント持参割引なし)60席限定
 あらかじめご予約ください(03ー3430ー6615愛山工房)
・神田愛山「徳川天一坊」より22日「越前閉門」23日「網代問答」
・旭堂南海「浪花五人男」より22日「雁金文七、頭角現す」23日「浪花五人男勢揃い」
・前座・玉川奈々福(浪曲)22日「左甚五郎旅日記掛川宿」23日「団十郎と馬の足」(曲師・沢村豊子)

「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会」
・4/24(日)13:30

・らくごカフェ・2千円(ブログプリント持参割引有り)
・「ご挨拶」神田愛山・「(結城昌治原作)雪の降る夜」露地野一文(神村昌志)・露地野一門に刺客現る!「女形」居田政則・「(赤穂義士外伝)忠僕元助」露地野ぼん子(神門久子)・「(いざ鎌倉)鉢の木」「おひなさま」神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2011-02-23 15:53 | 愛山出演スケジュール
神田愛山・柳家喬太郎二人会
  大変お待たせをいたしました!10ヶ月ぶりの柳家喬太郎さんとの二人会です。
  この会は喬太郎さんに好きなようにやっていただきますし、わたしも好きなようにやります。
  それがお互いの本領発揮につながればと思っています。
  わたしと喬太郎さんをよく知るある人から、
「あなたと喬太郎さんのカラーはまるで違うけど、でも根っこは同じような気がします」
 といわれたことが、この会の立ち上げにつながりました。もう10年は続けているでしょう(初期の資料紛失。曖昧な記憶で申し訳なし)。
 ……19時開演にしたいのですが、諸々の事情があり、どうしても18時開演になってしまいます。前座、二つ目さんに時間をつないでいただき、実質的な二人会は18:30からとなります。それで何卒ご容赦ください……。
 ところでわたしの「雪の降る夜」ですが、これを結城昌治先生が週刊小説に発表なさったのがわたしが講釈師になるひと月前の昭和49年1月のことで、その頃はまだ珍しかったコンビニで立ち読みしたわたしは結城節に唸り、この作品を何とか講談にしたいと思っておりましたが、新作を演じる自信がなく、20年ほど前に先生にお断りをして舞台設定を江戸時代に変えて講談化に成功しました。
 が、今回は原作通りに現代の話のままに演じます。ですから初演です。
 永年の課題にピリオドが打ててホッとしています。今ならば現代物でやれるはずです。
 しかしこの読み物を時代物と思っておられるご定連は驚かれるかもしれません。
  それでは当日お会いいたしましょう。


「神田愛山・柳家喬太郎二人会」2/24(木)18時・お江戸両国亭(JR両国駅東口・大江戸線A5出口・本所警察隣・墨田区両国4ー30ー4)2000円(全当日自由席・ブログプリント持参割引なし)~「大久保彦左衛門将棋のご意見」愛山・「抜け雀」喬太郎(仲入り)「おたのしみ」喬太郎・「(結城昌治原作)雪の降る夜」愛山
[PR]
by aizan49222 | 2011-02-19 17:01 | 愛山メッセージ
相撲講談
 今度の角界の騒動で、相撲講談が演じ辛くなってきておりますが、わたしは偶然にも2/18「愛山・琴調二人会」4/15「神田愛山独演会IN大阪」での「め組の喧嘩」そして3/4四谷コタン講談会での「越の海の出世相撲」と、今度のことが表沙汰になる前から、すでに相撲講談のネタ出しをしております(共に寛政力士伝)。
 楽屋でも、もう相撲ネタはやれなくなったという者と、いやこういうときだからこそ一生懸命やろうという者と、やれなくなったら困るなという者に別れておりますが、わたしは、わたし自身相撲が好きだった子供の頃に立ち返り、古きよき時代の相撲噺を雑念を払ってお届けするつもりでおります。相撲講談の運命はお客さんが決めてくれることでしょう。

 ご来場のほど伏してお願い申し上げます。


「神田愛山・宝井琴調冬の会」2/18(金)19:00
・らくごカフェ(神保町交差点岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F(ビル裏口エレベーターよりお乗りください)
 千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・「蜀山人」愛山・「山内一豊の妻」琴調(仲入り)「肉付きの面」琴調・「め組の喧嘩」愛山
この会が存続の危機にさらされたら、それはそのまま伝統芸(ダンディズム)である講談の終焉につながります。わたしと琴調さんで守る「最後の講釈場」です。

「第14回コタン講談会」3/4(金)19:30
・ライブハウス四谷コタン(新宿区若葉1ー9金峰ビル101)2千円+ワンドリンクオーダー制(ブログプリント持参割引なし)
 四ッ谷駅(四ッ谷見附交差点側)を出て新宿通りを上智大学とは反対方向に直進5分ほど歩くと左側にジョナサンあり
 左折初角を右折突き当たりを左折15mほど先左側ビル~
・「前講」神門久子・「越の海の出世相撲」「(講談私小説)角袖」神田愛山
都心のライブハウスでの講談会は、とてもアンティークな匂いが漂います。異次元の空間です。

「神田愛山独演会IN大阪」4/15(金)18:45
・薬業年金会館5F和室(地下鉄谷町線谷町六丁目駅4号口隣)2500円(ブログプリント持参割引有り)
・「前講」旭堂南海・「め組の喧嘩」「強迫神経症の講釈師」神田愛山…自主制作CD販売
二十代の頃のわたしは大阪のお客さんが苦手だったのですが、今のわたしは大阪のお客さんとの再会が楽しみです。お互いが変わったのでありましょう。
[PR]
by aizan49222 | 2011-02-12 12:15 | 愛山メッセージ
清水の頃・中学時代(二)
 クレージーキャッツのあとを追うようにして、ザ・ドリフターズが人気者となりました。わたしは音楽コントが大好きで、早速「ズッコケちゃん」のレコードを買いました。コミックバンドに強い憧れをもち、自分がもしコミックバンドを結成したらと、ザ・フールという名前まで考えました。

 その頃の静岡はNHK総合に教育、そして民放が一局しか入りませんでしたが、わたしは時には学校をサボってまでも、テレビの演芸番組を見続けました(このことが今のわたしの貴重な財産となっています。


  炬燵入り円生聴きたくなりにけり


 落語もずいぶん聴きましたが、その頃わたしが聴いた師匠連は、ほとんどの方が鬼籍に入られておられます。子供心にも円生師匠の至芸には感動を覚えて「円生は上手すぎるから嫌いだ」といった父親の言葉は忘れられません。柳家金語楼先生の新作落語集が三冊出て、わたしのバイブルとなりました。

 一方、本で覚えた落語をクラス会などで演じることは続けており、「おまえが落語をやってる佐藤か!もっと真面目な男かと思ってた」と、技術の先生にいわれたことがあります。

 講談は後にわたしの師になる二代目神田山陽を聴きました。実にわかりやすく、落語のように面白い講談でした。テレビで「井伊直人」ラジオで「河村瑞軒」「忠僕元助」「応挙の幽霊」等……。あとはわたしと同期の宝井琴調さんの師匠である馬琴先生。

 東京ぼん太先生にすっかりハマってしまったキッカケは、同じ栃木県の出身であるということと「まあいろいろあらあな」という歌が大ヒットしたからです。この曲はお笑いタレントにしては珍しくシリアスで、お笑いといえば一段低く見られてしまうようなその頃の風潮の中、お笑いタレントでありながらスターダムにのし上がったぼん太先生に、わたしは夢中になりました。

 ぼん太先生のトレードマークである唐草の背広にあやかって、唐草の服を作ってくれと、子供のようなダダをこねて母親を困らせたり、その歌詞をすべて暗記するほどに、LPレコードを何度も何度も聴き直し、漫画雑誌の少年キングに連載されていたエッセイをむさぼるように読み、主演映画も観ましたし、ファンレターも書きました(サイン入りのポスターが同封されたご返事をいただき、わたしは父親の顰蹙の目を意識しながらも、そのポスターを机の横の壁に貼ったものです)。

 それから星移り、時変わり十数年の歳月が流れ、何という定めか(古典の講談口調)!わたしは千葉県のクラブでぼん太先生の司会をつとめましたが、控え室でご挨拶をさせていただいたときには足が震えておりました。
 まずヒット曲「東京の田舎っぺ」を歌って、ぼん太先生のショーは始まりました。この思い出はわたしの宝物です。

 昨日までグループサウンズの話をしてキャーキャー騒いでいた女の子が、ある日突然朝の教室で「欽チャンに二郎さん」といい出しました。お笑いの世界から若い女の子たちのアイドルとなったコント55号の登場です。
 そのコントは今までに見たことのない面白さで、その影響を受けたわたしは中学の謝恩会で、友人数人と病院での手術風景のコントを演じましたが(もちろん自分で台本を書いて)終わって下がった舞台の袖で「やはり佐藤はこういうことをやり続けていきたいのか」と、わたしに謝恩会でコントをやることを許してくれた先生にいわれたものです。
[PR]
by aizan49222 | 2011-02-08 20:11 | 愛山自伝・俳句と短歌
70才までの投資
 わたしが二つ目に昇進したのは昭和52年5月ですが、その年の暮れに角袖(着物に羽織る和風コート)を買って以来、33年間同じ角袖で通してきました。
 わたしは正月を含めた冬季に5日ほどしか角袖を着ませんから、ここまで1枚で保たせられたのでしょうが、さすがに数ヶ所虫に喰われたりして、もう1枚購入しようかと、ここ数年悩み始めました。

 しかし自分の芸人人生を70才までと想定すると(芸人に定年制度はありませんから、もちろんそれから先も仕事は続けられますが、まあ大体こんなところでしょう)今までこれ1枚でやってこられたのだから、もう先々のことはいいだろう。若いうちならともかく、今、緊急に必要ではないものを、ことさらに増やすことはないだろうとの思いも強く、決断がつかないままに成り行きの気分に判断をゆだねることにして、去年浅草の古着屋を数件巡ってみましたが、わたしの寸法に合うものはありませんでした。

 わたしはガッカリしてホッとし、この辺の顛末を「角袖」という講談私小説にまとめました。
 と、この一席を聴いたお客さんから、吉祥寺の古着屋で格安の角袖を見つけたとの連絡を受けて、早速出かけてみましたところ、わたしにピッタリの寸法でした。
 おまけにわたしが漠然と考えていた予算の半額です。
 わたしは悩むことなく購入して、その瞬間、これで70才までの投資はすんだと思いました(このことを新しい切れ場にして、そのうちどこかで「改訂版角袖」を高座にかけてみます)。


 ……先日お知らせいたしました「神田愛山・旭堂南海二人会」が、おかげさまで大好評!予約が殺到いたしております(営業上の惹句ではありません)。月末までに締め切るかもしれませんから、本当に1日も早いご予約を願います!

「神田愛山・旭堂南海二人会~悪党物語(ピカレスクロマン)」
4/22(金)19時・4/23(土)13時・カメリアプラザ6F和室
 (亀戸駅北口2分・江東区亀戸2ー19ー1)
・各3000円(二日間通し券5000円・ブログプリント持参割引なし)

・愛山演題22日「(徳川天一坊)越前閉門」23日「(徳川天一坊)網代問答」
・南海演題22日「(浪花五人男)雁金文七、頭角現す」23日「(浪花五人男)勢揃い」
・前座は浪曲の玉川奈々福。22日「(左甚五郎旅日記)掛川宿」23日「団十郎と馬の足」(曲師・沢村豊子)

・全自由席(60席)。予約03ー3430ー6615愛山工房
[PR]
by aizan49222 | 2011-02-04 17:38 | 愛山メッセージ