<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
緊急早耳情報!
「神田愛山独演会IN大阪」4/15(金)18:45
・薬業年金会館5F和室(地下鉄谷町線谷町六丁目駅4号口すぐ)
・2500円(ブログプリント持参割引有り)
・愛山演題「め組の喧嘩」「強迫神経症の講釈師(仮題)」
…年に一度のペースで、すっかり恒例になりました大阪での独演会。今回のメニューは威勢のいい「め組の喧嘩」と新作ネタ下ろしでご披露する「強迫神経症の講釈師」(今、アイデアがかたまりつつあります。どうかお楽しみに)前講は旭堂南海さんで、自主製作CDの販売もいたします。

「第5回(富山県)高岡講談会~神田愛山とアマ弟子(地元出身)の会」4/17(日)13:30
・高岡文化ホール(多目的ホール・高岡市中川園町13ー1・越中中川駅徒歩3分)
・1500円(高校生以下500円・ブログプリント持参割引なし)
・「(清水次郎長伝)心中奈良屋」神田愛山・「(清水次郎長外伝)小政の生立ち」「(赤穂義士外伝)忠僕元助」神門久子・「(三河義士伝)敵の倅」神田愛山
…まずアマ弟子の神門さんと清水次郎長伝の競演。そして神門さんが本寸法の義士伝を演じられたあとのわたしの「敵の倅」は大好評をいただいております異色の義士伝で、吉良方の視点で申し上げます。今回の高岡講談会は企画で勝負!

「神田愛山・旭堂南海二人会~悪党物語(ピカレスクロマン)」
・4/22(金)19時・4/23(土)13時
・カメリアプラザ6F和室(亀戸駅北口2分・江東区亀戸2-19-1)
・各3000円(二日間通し券5000円・ブログプリント持参割引なし)
・愛山演題22日「(徳川天一坊)越前閉門」23日「(徳川天一坊)網代問答」
・南海演題22日「(浪花五人男)雁金文七、頭角現す」23日「(浪花五人男)勢揃い」
…旭堂南海さんとの初めての二人会です。両日共悪党物語を長講一席ずつ。江戸と上方の本格講談の聴き比べと申せましょう。
しかも講談の会の前座が浪曲の玉川奈々福という前代未聞の趣向。彼女の演題は22日が「(左甚五郎旅日記)掛川宿」23日が「団十郎と馬の足」(曲師・沢村豊子)全自由席ですが(60席)お聴き逃しなさらぬように、
できるだけご予約願います。03ー3430ー6615愛山工房
[PR]
by aizan49222 | 2011-01-29 21:01 | 愛山出演スケジュール
今年初めての独演会へのご案内
 正月早々風邪でひどいめにあいましたが、一週間が経ち、風邪がぬけてきたのを見計らって、かねて懸案でありました鼠小僧次郎吉伝(四)「蜆売り」の台本に手をつけ、書き終えました。
 これからはこの台本を読み込み、血と肉を与え、稽古をして、やがて高座にかける作業が待っていますが、鼠小僧次郎吉伝は今回で最終回とします。

 あるアマチュア講釈師に「四席で鼠小僧の最後までを読み終えることができるのですか」との質問を受けましたが、ご指摘通りに、とても最後まではいきません。
 しかしわたしの感性では、これが限界なのです。

 わたしは講談をできるだけ長編化させるという目的だけのために(このことを旧世代の講談評論家は、よくいっておりました)わたしが面白いと思わない箇所を、無理に高座にはかけません。
 ですからわたしの鼠小僧次郎吉伝は全四席でよいのです。

 それにしてもわたしが初めて独演会なるものを開きましたのは、まだ二つ目で一陽と名乗っていた昭和61年2月(於上野本牧亭)のことですから、まことに早いもので丸25年の歳月が流れたことになります。

 神田愛山が、神田愛山であることを試されるわけですから、その日の高座の出来不出来に客入りも気になり(わたしは交際下手ですから、集客力もなく、本当に高座だけが勝負となります)独演会には身を斬られる辛さがあります(現に独演会をやらない仲間もいます)。
 しかしただ腕をこまねいて斬られていても仕方がありません。
 一寸の虫にも五分の魂があり、その五分の魂を鑑賞していただくのが、わたしの独演会です。
 どうか、どうか、ぜひともお出でを願います。膝を正してご挨拶申し上げます。



「神田愛山独演会」1/28(金)19時
・らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F
 (ビル裏口エレベーターよりお乗りください 降りて左)千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・愛山演題「鼠小僧次郎吉伝(四)蜆売り」他新作一席

(木戸にて自主製作CD販売各2000円・パソコンで記録したディスクのためプレイヤーの仕様によっては再生できない場合がございます)

神田愛山自選講談集(11)「幡随院長兵衛の生い立ち」「高齢化社会」
神田愛山自選講談集別巻(5)鼠小僧次郎吉伝(二)「松山の身請け」鼠小僧次郎吉伝(三)「箱根の湯治場」
[PR]
by aizan49222 | 2011-01-22 20:18 | 愛山メッセージ
愛山自主制作CD発売!
神田愛山自選講談集(11)「幡随院長兵衛の生い立ち」「高齢化社会」

神田愛山自選講談集別巻(5)鼠小僧次郎吉伝(二)「松山の身請け」鼠小僧次郎吉伝(三)「箱根の湯治場」

(通販はいたしません。愛山主催会のみにて販売)




バックナンバー情報

・(自主製作CD・自宅収録・各2千円・パソコンで記録したディスクのためプレイヤーの仕様によっては再生できない場合がございます)


「神田愛山自選講談集」

(1)「(寛政力士伝)谷風の情相撲」「(講談私小説)酒の染み」

(2)「蜀山人」「気になる男」

(3)「(難波戦記)真田の入城」「あの時の男」

(4)「(赤穂義士銘々伝)大高源吾」「(講談私小説)真剣師」

(5)「(赤穂義士銘々伝)二度目の清書」「(露地野裏人作)温かい年賀状」

(6)「般若のお作」「(露地野ぼん子作)修学旅行」

(7)三家三勇士「三十三間堂通し矢」講談私小説「強制送還」

(8)「小夜衣草紙」「やかましい休日」

(9)「秀吉と曽呂利」講談私小説「影法師」

(10)「(赤穂義士銘々伝)勝田新左衛門」「(露地野裏人作)初夢の女」

(11)「幡随院長兵衛の生い立ち」「高齢化社会」



「神田愛山自選講談集別巻」

(別巻1)「天保水滸伝(一)繁蔵相撲の啖呵」「天保水滸伝(二)鹿島の棒祭り」

(別巻2)「天保水滸伝(三)ボロ忠売り出し」「(四)笹川の花会」

(別巻3)「天保水滸伝(五)「潮来の遊び」天保水滸伝(六)「平手造酒の最期」

(別巻4)天保水滸伝(七)「三浦屋孫次郎の義侠」鼠小僧次郎吉伝(一)「小仏峠」

(別巻5)鼠小僧次郎吉伝(二)「松山の身請け」鼠小僧次郎吉伝(三)「箱根の湯治場」
[PR]
by aizan49222 | 2011-01-16 21:24 | 愛山自主制作CD情報
A4サイズ
 今年初めての買い物に出かけ、1/28の「神田愛山独演会」のチラシを郵送するB5サイズの封筒を購入しようと、馴染みの大型スーパーの文房具売り場に立ち寄りましたところ、何と去年まではたしかにあったB5サイズの封筒が姿を消して(売り切れていたわけではありません)A4サイズの封筒しかありませんでした。

 かねて公式書類はA4サイズになったとは耳にしておりましたが、何も売り場に置かなくなるほどB5サイズをいじめることはないでしょう。
 わたしはA4サイズが大嫌いなのです。
 B4のように大きくもなければ、B5のように身が引き締まったスッキリ感もありません。
 A4は実に中途半端で曖昧なサイズなのです。

 しかしこうしたどっちつかずの日和見主義的なサイズが公式書類に取り入れられたというのは、今の世の中に確とした基準がないからでしょう。責任の所在を明確にしたくないからでしょう。
 そしてそれはわたし自身の不決断で煮え切らない態度にも、よく似ています。
 わたしがA4サイズを激しく嫌うのは、ひょっとするとA4サイズにわたし自身のサイズをみているからなのかもしれません。

 ……結局B5サイズの封筒は100円ショップで入手しましたからご安心ください(誰も心配してはいないでしょうが)。
[PR]
by aizan49222 | 2011-01-08 17:03 | 愛山メッセージ
去年今年
 明けましておめでとうございます。

 昨年末の大掃除で、一生懸命窓ガラスを拭いたところ、いちばんきれいになったのは雑巾でした(笑)。
 昨年一年間で、わたしの講談を54席も聴いてくれた方がいらっしゃいます(その54席の読み物リストを見せていただきました)。
 まことに芸人冥利につきますが、早速年明けの宣伝をさせていただきます。


「神田愛山独演会」1/28(金)19時
・らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F
 (ビル裏口エレベーターよりお乗りください 降りて左)千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・愛山演題「鼠小僧次郎吉伝(四)蜆売り」他新作一席
…名作「蜆売り」に挑戦して、鼠小僧は今席で終了。恒例の自主制作CDも販売いたします。
初席のご祝儀代わりのご来場を伏してお待ち申し上げます。

「神田愛山・宝井琴調冬の会」2/18(金)19:00
・らくごカフェ
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
~「蜀山人」愛山・「山内一豊の妻」琴調(仲入り)「肉付きの面」琴調・「め組の喧嘩」愛山
…今回の読み物は古典の名作を揃えました。わたしと琴調さんの会に興味、関心を示さない方は一過性の、そもそも講談とは縁なき衆生なのです。

「神田愛山・柳家喬太郎二人会」2/24(木)18時
・お江戸両国亭(JR両国駅東口・大江戸線A5出口・本所警察隣・墨田区両国4ー30ー4)
・2000円(全当日自由席・ブログプリント持参割引なし)
~「大久保彦左衛門将棋のご意見」愛山・「抜け雀」喬太郎(仲入り)「おたのしみ」喬太郎・「(結城昌治原作)雪の降る夜」愛山
…前座、二つ目さんに時間をつないでもらって、6:30からが、文字通りの二人会になります。
「この会は演芸ファンの宝物ですね」といってくださったご定連がいらっしゃいますが、まったくその通りだという自負があります。

 とにもかくにも本年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by aizan49222 | 2011-01-01 16:01 | 愛山メッセージ