<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
敵前逃亡
 「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会」が大盛況のうちに終わりました。寸評をつけます。

「(徳川四戦記)三方ヶ原軍記」高木洋子……初出演の高木さんは、他の講師にもついておられるようですが、わたしに教わったことにより、講談を習うということがどういうことか、一席の読み物を仕上げていくことがどういうことかが、ハッキリとお解りになったことでしょう。大変に結構でした。

「(結城昌治原作)七人目」露地野一文(神村昌志)……一文さんの講談は実に聴きやすいです。アドリブが効き、クスグリもウケていましたネ。キャリア2年で、これだけやれればたいしたものです。次の課題はオリジナルの新作です。

「(明治白浪女天一坊)爆烈お玉」露地野ぼん子(神門久子)……ぼん子さんは間違いなく、プロの女流二つ目の実力があります。

 ……ある高名な外国のピアニストが、コンサートを前に急病帰国。
 わたしは彼のピアノを聴きそびれてしまいましたが、パンフレットによりますと、彼は長時間の移動が嫌いで、10年前に来日したときにも「もう日本を訪れることはない」といっていたようですから、そんな諸々の心労から倒れてしまったのでしょう。
 出社拒否や不登校と同じく明らかな敵前逃亡だと思います。
 が、わたしにはその彼の気持ちが痛いほどよくわかります。

わたしは幼稚園に通い始めた頃から世の中に対する恐怖心があり、それがそのままわたしの根本精神となってしまいましたから、たとえば「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会」のように、自分が主催してリスクを背負う会などは、失敗することばかりを想定して、その数日前から吐き気をともなう大緊張に囚われ、心身共に萎縮してしまいます。
 そして毎回すっぽかすことばかりを考えますが、実行できずに今日まできています。
 わたしはコンサートをキャンセルしたピアニストよりも度胸がありません。

 で、性懲りもなく、また独演会のご案内です。

「神田愛山独演会」11/26(金)19時
・らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F
 (ビル裏口エレベーターよりお乗りください。降りて左)千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・愛山演題「鼠小僧次郎吉伝(三)箱根の湯治場」他新作一席
[PR]
by aizan49222 | 2010-10-26 17:32 | 愛山メッセージ
言動と行動
 急に寒くなりましたので、冬支度を決意。
 地元と出先のリサイクルショップを巡って、毛糸の帽子、マフラー、セーターを購入。
トータルで1400円。
 また行きつけの衣料品店で1870円の綿パンが半額。大収穫でありました。
……リサイクルショップで、「こんな誰が着たかわからねえような服を買う奴の気がしれねえ」といいながら一生懸命にシャツを選んでいるオジサンがいましたが、その人が何を考えているかは言動ではなく行動でわかるという見本をみせてもらいました。
 言動は主観でいくらでもごまかせますが、行動はごまかすことができません。

 その伝でいえば、講談に対する思い入れを、単に思い入れだけで終わらせずに、わたしのアマチュアのお弟子さんたちが、見事に行動で示してくれます。「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会」は目前です。
 どうか「講談が好きです」「講談を聴きたいと思っています」といっておられる方々、ぜひ会場へ足をお向けください。


「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会」10/24(日)13:30
・らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F
 (ビル裏口エレベーターよりお乗りください。降りて左)千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・「ご挨拶」神田愛山・「(徳川四戦記)三方ヶ原軍記」高木洋子・「(結城昌治原作)七人目」露地野一文(神村昌志)
・「(明治白浪女天一坊)爆烈お玉」露地野ぼん子(神門久子)・「幡随院長兵衛芝居の喧嘩」「決められない男」神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2010-10-22 11:26 | 愛山メッセージ
レーシングカー
 わたしはとても不器用で、歯医者さんにいくたびに「あなたはブラッシングが強すぎます」と指摘されます。
 そしてブラッシングの仕方を教わりますが、どんなに教わっても元の木阿弥。その晩からすぐに強く磨いてしまいます。
 指先の力量のコントロールがつかないのです。

 それで思い出しますのは中学のときの技術の授業です。
 製図をやりましたが、図面の線の太さを変えるために、鉛筆を使いわけますが、わたしはどんな鉛筆を用いようと、力いっぱい線を引きますから、みんな同じ太さになってしまいます。
 また定規に当てて直線を引こうとしても、鉛筆が指に当たってしまい、すぐにグニャッと歪んでしまいます。
 プラモデル作りも、大の苦手で、すこしだけセメダインを使おうとしても、チューブの半分くらいは、いつもグイッと押し出してしまいますし、最後まで完成させた覚えがありません。
 ですから器用に作り上げて、プラモデルを見せびらかしている友だちが羨ましくてたまりませんでした。
 わたしはプラモデルで弟と遊びたかったのですが、不器用なぼくには作れないんだと、子供心にも諦めていました。

 しかし数日前から、子供の頃の憧れであったシルバーのレールの上を走るレーシングカーを何とか組み立ててみたいものだという激しい欲望にとりつかれてしまいました。
 この年齢になって、子供の頃の悔しい思いに対するリベンジをはたそうとしたのかもしれません。
 で、意を決して新宿の量販店に出かけてみましたが、店員の話では、わたしが欲している物は、プラモデルではなくラジコンの部類に属する物であると判明。
 早速教わった売り場に行ってみたところ、わたしが思い描いていた往年の物とはずいぶんイメージが違っておりましたが、たしかにレーシングカーもどきの製品が一種類だけありました。
 が、予想以上の高値でありましたし、箱に表記されている説明を読んだだけでは、その製品だけを買へば仕上がるのか、それとも何か別売りの物が必要なのかも理解できませんし「6才児上用」との活字を見た瞬間、店員に尋ねてみようという気持ちも萎えてしまいました(笑)。


 ……文化祭の季節となり「神田愛山とアマ弟子(露地野一門会)の会」が近づいてまいりました。ご尊来のほど伏してお願い申し上げます。

「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会」10/24(日)13:30
・らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F(ビル裏口エレベーターよりお乗りください。降りて左)千代田区神田神保町2ー3)
・2000円(ブログプリント持参割引有り)
・「ご挨拶」神田愛山・「(徳川四戦記)三方ヶ原軍記」高木洋子・「(結城昌治原作)七人目」露地野一文(神村昌志)・「(明治白浪女天一坊)爆烈お玉」露地野ぼん子(神門久子)・「幡随院長兵衛芝居の喧嘩」「決められない男」神田愛山
[PR]
by aizan49222 | 2010-10-17 21:25 | 愛山メッセージ
信号機トラブル
 それぞれのリズムがありますから、芸人の楽屋入りの時間は様々ですが、わたしは神経の切り替えにだいぶ時間を要しますので、楽屋入りはかなり早いのですが、その日は平素にくらべて、さらに早くアパートを出たといいますのに、小田急線信号機トラブルに巻き込まれてしまい、電車が90分も動かないという状況に追い込まれてしまいました。
 信号機もトラブりましたが、わたしの神経もトラブりました。
 まず携帯で楽屋の前座さんに第一報を入れ(このときには腹の底から突き上げてくる焦燥感がありました。ペリーの黒船に驚いた江戸庶民と同じ驚きです)その後何本かのメールを入れました。
「まだ動かない」(焦燥感を抑えるのに懸命です。両手両膝が震えてきました)
「復旧の見込み立たずとのアナウンスあり」(徐々に諦めの境地に達しています。胃が熱くただれているような感じです)
「高座は絶望だけど、とにかく向かうよ」(万策尽きて、もはや手の打ちようがないと、気分は落ち着きました。マイナスの安定です)
 やがて電車は動き出しましたが、兄弟子が二度上がりをして時間をつないでくれても、やはりわたしは本牧亭の高座には間に合いませんでした。
 わたしが楽屋に入りますと、すでにトリの妹弟子が高座に上がっています。わたしは関係者たちに詫びをいれました。
 が、わたしが到着予定時間を知らせておきましたので、楽屋では、わたしがトリのあとに上がる段取りをつけていてくれたのです。
 わたしは大トリとして講談私小説「酒の染み」を演じて事なきを得ましたが、まさにこの日ばかりは「携帯さんよ有難う」でありました。



早耳情報「神田愛山講談忘年会」12/25(土)13時
・5000円・らくごカフェ~愛山二席・アマチュアへの公開稽古・懇親会・CD(一席入り・参加者限定製作)ワンドリンク軽食付
・完全予約制(定員20名)…わたしの稽古を受けたいというアマチュア講釈師の方を含めて、どうかお早めにご予約下さい。なお当日お持ち帰りいただきますCDは後日CD化はいたしません。あくまでもその日だけのものです。
・03ー3430ー6615愛山工房
[PR]
by aizan49222 | 2010-10-12 10:46 | 愛山メッセージ
某月某日
 8時起床(朝型の生活に切り替えて5年。芸人としてはまったく不健康です。今夏は6時に起きてアパートの庭の草むしりもやりました)。
 朝食はパンにコーヒーにバナナ。すこしも虚しいとは思いません。これで充分なのです。数分で終了。
 掃除(5年前は年に2、3回しかやりませんでしたから、いつもホコリが初霜状態でした。今は月に2、3回)。

 稽古。「荒茶の湯」(同期の宝井琴調さんは真打に昇進して数年、宝井琴童と名乗っておりましたが、その頃に譲り受けた読み物です)「左甚五郎水呑みの龍」(小~中学生用に講談本からおこしました。が、まだ演じてはおりません)わたしにとっての壁に向かっての稽古は、あくまでも不安の解消のためであり、高座に上がり、お客さんに向かって演じるときが、本当の稽古となります。

 昼食は月見力うどん(いちばん最後に飲み込む汁のしみた生卵は最高の味ですね。デザートの蜂蜜入りヨーグルトも超美味)。

 ……と、ここまでが現時点で、ちなみにわたしのこれからの予定は、まず歩いて40分のホームセンターで「講談・落語たっぷり会」11~12月分のチラシを大量コピーして、同じフロアーのペットコーナーの猫たちにご挨拶。
 次に郵便局に寄って、今度のたっぷり会で配布するチラシを前座さんに送り、駅前の回るお鮨屋さんでお客さんにご馳走になって帰宅したあとは、入浴後、ケーブルテレビAXNミステリーで放送中の「名探偵モンク」を観ます。
 ……この番組の主人公のモンクは重度の強迫神経症に冒されており、サンフランシスコが舞台のコメディですが、わたしのようなモンクと同病の者も、また強迫神経症者を家族にもつ人も、みんながこの番組を観るべきです。そうすればモンクと一緒に強迫神経症を抱えて生きていこうという気になれます。笑いのうちに励まされます。もちろんミステリーとしても一級品です……。
 そして吉村昭の「落日の宴」を読み、将棋ゲームを楽しんでから、無名の講釈師は床につきます。
[PR]
by aizan49222 | 2010-10-08 12:58 | 愛山メッセージ
神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会
 五年に一度のこの時期に、国政調査の調査票の記入のしかたという説明書をいくら読み返してみても、今まで講釈師というわたしの仕事に該当する事業項目はありませんでしたが、今年もまた同じことでした。
 これはずいぶん失礼な話であります。
 ですから調査票の中でも、こと職業に関する限り記入に困る箇所があり、これまでは独自の判断で書いてきましたが、今年は問い合わせの電話をかけてみました。
 すると電話に出た女性は、わたしの「わが国には寄席の芸人という職業もあるのですがね」という言葉に「あっ」といって驚き、わたしの「我々はいつも同じところで仕事をしているわけではありません。だから従業地の住所などは多すぎて、とても調査票には書けませんよ。一体どうすればよろしいのですか」という質問に答えられず、「少々お待ち下さい」といって電話を保留にすると、誰かに相談をして、やっと「芸人の方の従業地は自宅ということにさせていただいております」と答えてきました。
 それならばそうとどうして最初から芸人の従業地は自宅であるとガイドブックに説明されていないのでしょうか。まったく不親切な話です。

 ……と、こう思った瞬間、こうして国政調査でさえ不明ゾーンにされてしまっている講談を聴き続けてくれているご定連たちに対して、改めてつくづく感謝したい気持ちになりました。
わたしが教えたアマ弟子さんたちの発表会にも、ぜひお出でください。
もちろんわたしも二席読みます。


「神田愛山とアマ弟子(露地野一門)の会」10/24(日)13:30(13時開場)
・らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F
 (ビル裏口のエレベーターからお乗りください。5F降りて左)千代田区神田神保町2ー3)2千円(ブログプリント持参割引有り)

「ご挨拶」神田愛山
「(徳川四戦記)三方ヶ原軍記」高木洋子…高木さんは愛知県在住。
 アマの方には難しすぎる軍談・修羅場を、本番でどうこなすか?
「(結城昌治原作)七人目」露地野一文(神村昌志)…神村さんはだいぶ舞台度胸がついてきました。
 次回は念願のオリジナルの新作を創りましょう。
「(明治白浪女天一坊)爆烈お玉」露地野ぼん子(神門久子)…神門さんはヘタをするとプロの女流を喰ってしまいますよ。
「幡随院長兵衛芝居の喧嘩」「決められない男」神田愛山…芝居の喧嘩は師二代目山陽が、よく落語の席でやっていました。
 決められない男はメンタル講談です。


(追)わたしが国政調査の書類を受け取ったときに、書き上げた調査票を渡す約束をした日時に、その約束をした調査員、非常勤の国家公務員の方は現れませんでした。わたしのような庶民は、こういうことを「見事にすっぽかされた」と申しますが、ひょっとするとわたしは本当に国政調査の調査対象から外されたのかもしれません(笑)。
[PR]
by aizan49222 | 2010-10-02 18:35 | 愛山メッセージ