<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
擦過傷
 行きつけのスーパーで2割引きのマグロのたたきを買い、やれ嬉しやと冷蔵庫に入れておきましたが、夜食の時間に取り出してみると、すでに腐っておりました。
 わたしのアパートはスーパーから歩いて10分の距離ですが、リックサックに入れてきて、6月の蒸し暑さでダメになつたのだろうと、そのときはそう思いました。

 しかしどうも気になります。
 そしてそのことが気になると、かねて薄々気にかかっていた、冷蔵庫を開けたときの生暖かさと異臭や、牛乳パックがいつもカサカサに乾いている感じが、さらに気になるようになりました。

 そこでモノは試しに冷凍庫を開けてみると、なんと氷が溶けているではありませんか!
 わたしは驚いて冷蔵庫内の温度をチェックしました。
 そしてそこで初めて気がつきました。
 わたしは冷蔵庫を霜取り設定にしたまま二週間も忘れていたのです!

 だいぶ物忘れが激しくなってきたようです。

 今日も床屋のお兄ちゃんに「おケガなさいましたね。右のコメカミ近くに4か所ほどの擦過傷がありますよ」といわれましたが、まったく身に覚えがありません。
 しかしたしかに転んだあとのような擦過傷があります。現実は事実です。でも覚えがないものは覚えがない……。
「寝ている間にかきむしったのかもしれませんよ」
と、お兄ちゃんはいいましたが、案外それが正解かもしれません。

……わたしは公私にわたる自分の不甲斐なさに腹を立て、無意識のままに、寝ている間も髪の毛をかきむしっているのかもしれません。
[PR]
by aizan49222 | 2010-06-25 16:39 | 愛山メッセージ
夏の早耳情報(Ⅱ)
「神田愛山・宝井琴調夏の会」8/20(金)19時
・らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F・千代田区神田神保町2ー3)
・2千円(ブログプリント持参割引有り)
・「おたのしみ」琴調・「河村瑞軒」愛山
 (仲入り)これよりミステリーと怪談…「(結城昌治原作)骨の音」愛山・「(牡丹燈籠)お札はがし」琴調


毎度申しあげるとおりに、講談とは形式的には男性の骨格美であり、その根底にはダンディズムが流れます。
 ダンディズムとは「男が格好いいと思う精神のあり方」のことで(わたしはクールな自己犠牲に強く惹かれます)女流講談とは似て非なるものですが、
今や世間的には講談といえば女流講談と思われてしまっているようです。
 講談が女の職業となってしまったのです。

 しかし、すくなくとも、わたしと琴調がいる限りにおいて、伝統芸である講談は滅びていません。
わたしと琴調は伝統芸である講談の最後の継承者であり、またその臨終を看取る役目を背負わされていると思っています。

 この「神田愛山・宝井琴調夏の会」には前座も、ゲストも出しません。
 文字通り二人だけの会です。
 どうか伝統芸としての講談を心ゆくまでお楽しみください。
 古きよき時代の講釈場の夜講に、皆様方をお誘いいたします。
[PR]
by aizan49222 | 2010-06-16 17:43 | 愛山メッセージ
7~8月スケジュール
(一般入場可能会限定・諸般の事情による変更はご容赦願います) 問03-3430-6615 愛山工房

7、8月限定夏の特別企画「神田愛山講談サマースクール」
7~8月のご都合のつかれる2日間で(日時をご指定下さい)愛山直伝の講談を一席学んでいただこうという趣向です。
1回目は愛山が10分以内の読み物を演じ(読み物の選定はおまかせいただきます)
実演の際の注意事項を申しあげますので、それを録音して覚えていただき、2回目に仕上げます。
場所は愛山宅。費用は2回で2万円。
優秀な方は「神田愛山とアマ弟子の会」の高座に上がっていただく可能性もあります。

「桂文雀真打昇進披露落語会」7/10(土)13:30
・駒沢大学中央講堂・入場無料~神田愛山・桂竹丸・三遊亭遊馬・桂文雀

「黒門町本牧亭講談定席」7/11(日)8/14(土)15(日)12:30
・日本料理本牧亭(黒門小学校そば・台東区上野1ー11ー9イマスサニービル1F)
・2300円(ブログプリント持参割引有り)
・愛山他日本講談協会会員交互出演

「講談新宿亭」7/12(月)昼の部12:30・夜の部17:30
・新宿永谷ホール(西武新宿駅より職安通り方向グリーンプラザそば・新宿区歌舞伎町2ー45ー5)
・1500円(ブログプリント割引なし)
・愛山他日本講談協会会員交互出演(愛山夜の部トリ「講談私小説(三)ママ」)

「講談・落語たっぷり会」7/13(火)8/19(木)12:45
・お江戸日本橋亭(三越前駅A10出口中央通神田駅方向初角右数分・中央区日本橋本町3-1-6)
・2千円(ブログプリント持参割引有り)
・神田愛山・宝井琴調・立川談幸・三遊亭竜楽(7/13トリ愛山「小夜衣草紙」8/19トリ談幸「佃祭」)

「講談広小路亭」7/20(火)8/18(水)11:50
・お江戸上野広小路亭(上野広小路交差点角・台東区上野1ー20ー10)
・2千円(ブログプリント割引なし)
・愛山他日本講談協会会員交互出演

「松丘亭寄席」7/28(水)8/25(水)19時
・多磨墓地永福寺(西武多摩川線多磨駅下車線路沿いに白糸台方面へ5分線路そば)
・500円以上(ブログプリント割引なし)神田愛山・林家時蔵・柳家蝠丸・瀧川鯉昇・三遊亭右左喜

「神田愛山独演会」7/30(金)19時
・らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F・千代田区神田神保町2ー3)
・2千円(ブログプリント持参割引有り)
・愛山演題「鼠小僧次郎吉伝(一)小仏峠」他新作一席

「講談倶楽部」8/11(水)12(木)12時
・お江戸両国亭(JR両国駅東口・大江戸線A5出口・本所警察隣・墨田区両国4ー30ー4)
・各2千円(ブログプリント持参割引有り)
・8/11(水)貞鏡・すず・一龍斎貞寿・神田あおい・(二つ目昇進)宝井琴柑・「お題講談」神田陽司
  (仲入り)神田阿久鯉・「(講談私小説『母の最期』上)親父のため息」神田愛山
・8/12(木)貞鏡・すず・一龍斎貞寿・神田紅葉・神田織音・宝井琴柑・「(講談私小説『母の最期』中)ダンボールの位牌」神田愛山
  (仲入り)「(講談私小説『母の最期』下)出身地」神田愛山

「神田愛山・宝井琴調夏の会」8/20(金)19時
・らくごカフェ
・2千円(ブログプリント持参割引有り)
・「おたのしみ」琴調・「河村瑞軒」愛山
  (仲入り)これよりミステリーと怪談…「(結城昌治原作)骨の音」愛山・「(牡丹燈籠)お札はがし」琴調
[PR]
by aizan49222 | 2010-06-10 13:52 | 愛山出演スケジュール
夏の早耳情報
「神田愛山独演会」7/30(金)19時
・らくごカフェ(神保町駅A6出口・神保町交差点岩波ブックセンター隣・古書センタービル5F・千代田区神田神保町2ー3)
・2千円(ブログプリント持参割引有り)
・愛山演題「鼠小僧次郎吉伝(一)小仏峠」他新作一席

「神田愛山独演会」では、今回より鼠小僧次郎吉伝をネタ下ろしいたします(全四席の予定)。

 不正を働きながらも恵まれる者を憎む次郎吉に、わたしは強く惹かれました。
 そしてこの平成の時代にこそ、彼のような人物に活躍してもらいたいものだと痛感いたします。鼠小僧を悪人だと思う人は、そもそも講談とは縁のない人たちです。

 また自主制作CDも木戸で販売いたします。この会が、わたしの新作CDの発売日となります。ふだん持ち歩いているわけではありませんので、念のため。
 なおらくごカフェマスターのご厚意により、これまでに制作した各巻を数枚ずつ店内に置かせてもらっています。わたしのCDが手に入るのは、今の日本では、このお店だけですので、これまた念のため。


「講談倶楽部」8/11(水)12(木)12時
・お江戸両国亭(JR両国駅東口・大江戸線A5出口・本所警察隣・墨田区両国4ー30ー4)
・2千円(ブログプリント持参割引有り)
・8/11(水)貞鏡・・すず・一龍斎貞寿・神田あおい・(二つ目昇進)宝井琴柑・「お題講談」神田陽司
 (仲入り)神田阿久鯉・「(講談私小説『母の最期』上)親父のため息」神田愛山
・8/12(木)貞鏡・すず・一龍斎貞寿・神田紅葉・神田織音・宝井琴柑・「(講談私小説『母の最期』中)ダンボールの位牌」神田愛山
 (仲入り)「(講談私小説『母の最期』下)出身地」神田愛山

母親の死に題材を得た講談私小説は三席あります。これまで単発的に演じてきましたが、こうして二日にわたって三部作を一挙に演じるのは初めての試みです。お盆にふさわしい読み物だと自画自賛。前回同様超党派メンバーによる会ですが、陽司の「お題講談」は必聴です。お客さんからもらったお題を、その場で講談に仕立てます。お題をもらってから講談にするまで時間をおきません(時間をおけば、わたしにもやれます)。まさにこの男ならではの離れ業で、東京に残る人も、東京へ遊びにくる人も、お盆はぜひ講談倶楽部へご来場ください!
[PR]
by aizan49222 | 2010-06-06 15:30 | 愛山メッセージ