初代と二代目のベラ
《許せるものと許されないもの》
 建設会社の談合は必要悪として許されるべきですが、不必要悪である国家公務員の天下りを許してはなりません。

《二人の、あなた》
 客席でずっとスマホをいじっているサラリーマンのあなた、そんなにスマホをやりたいなら講釈師場でやらずに喫茶店でおやりなさい。あまりにも無礼ですよ。
 客席最前列の座椅子に座り、高座に紙を置いてメモをとっているおじさんのあなた、高座は神聖なものであって机ではないのですよ。
 二人の、あなた。こんなことはいわれなくてもわかりそうなものでしょう。
 ……客席のマナー破りは、ぜひお客さん同士で注意し合ってください。
 よく逆恨みを怖れて何もいわず、我々に「ああいう客は困る」とクレームをつけてくる人がいますが、我々にいわれても困ります。我々がいちばんの被害者なのですから(笑)……。
 客席のマナー破りを現行犯として注意できるのは同席しているお客さんをおいて他にはありません。
 お互い協力し合ってマナー破り犯一掃といきましょう。

《初代と二代目のベラ》
 お客さんからロシアンブルーの猫のぬいぐるみを頂戴して、わたしは二代目ベラと名づけ、このことを知った真紅や貞寿がSNSに書き込んで、すこし騒がれたそうですが、どうして二代目なのかがわからないという方もいらっしゃるようです。
 そういう方はわたしの書いた私小説「ベラ」をお読みください。初代ベラのことがよくわかります。
 今度の愛山・喬太郎二人会で販売いたします(笑)。

『神田愛山・柳家喬太郎二人会』
12/26(火)18:00
お江戸両国亭(JR両国駅東口歩8分・大江戸線両国駅A5歩6分・京葉道路沿い・墨田区両国4ー30ー4)
2000円(全自由席・予約不可・ブログプリント持参割引なし)
じゃんけん・神田春陽
「蜀山人」神田愛山
「縁切榎」柳家喬太郎
(仲入り)
「おたのしみ」柳家喬太郎
「(岡本綺堂原作)妖婆(ようば)」神田愛山
※「ベラ 私小説掌編集」神田愛山著・B6版76頁(「ダンボールの位牌」「出身地」「ベラ」の三篇)1000円(税別)
出版社へ直接注文も可
サイバー出版センター
TEL(03)3797ー3182
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


[PR]
by aizan49222 | 2017-12-21 13:54 | 愛山メッセージ


<< 1~2月スケジュール 今年詠んだ俳句と短歌と狂歌 >>