平成確定申告の乱
《平成確定申告の乱》
 国税局がソフトタンク社(仮名)の所得隠しを指摘したそうですが、国税局を管轄している国税庁の長官は財務省理財局長であった当時学校法人森友学園への国有地売却問題をめぐって「記録は破棄した」と事実確認を拒み続けてきたのですよ。
 おまけに疑念を晴らさなければいけない記者会見さえ休んでいます。
 そういうことを国税局はわかっているのでしょうね。
 わかっているなら法人の所得隠しを調べる以前の優先順位として、どうして国税庁長官の不正を内部調査し、公表しないのですか!?
 自分たちの臭いものにはフタをし、国民の臭いものだけは暴くなどということは、あまりにも片手落ちなのではありませんか!?
 あまりふざけた真似はしないほうがよろしいですよ。
 ……ですから来年の確定申告での申告者は関連書類を提出する必要はありません。
 「記録は破棄した」といい、税務署の調べを拒否すればよいのです。
 それで税務署に何かいわれたら「佐川を出せ!佐川に説明させろ!」と主張すればよいのです。
 今から各税務署に電話攻勢をかけたら、より効果的かもしれません。
 権力に対する庶民のささやかな抵抗を試みる千載一遇のチャンスです。
 すなわち「平成確定申告の乱」です。まさに風雲急を告げています(笑)。

《ヤマト運輸よ!》
 ヤマト運輸がドライバー不足で、受取人不在再配達の手間が大変と社会問題になっていますから、わたしの在宅時に間違いなく届くように、差出人に4日後の午前中という条件を出して送ってもらったところ、その日の12:30まで待ちましたが……届きません。
 結局夕方に帰宅しましたら郵便受けに不在連絡票が入っていました。
 これでは何のために余裕をみた日時指定にしたのかわかりません。
 まったく人をバカにした会社です。今後この会社に協力はしません。

《赤穂義士伝の季節》
 今月の講談カフェ昼席でのわたしは赤穂義士伝のネタ出しをしております。
 わが一門に伝わる「赤垣源蔵徳利の別れ」は赤穂義士伝のエキスであり「勝田新左衛門」は重厚な中に軽妙さを求められる難しい読み物です。
 冬は義士と鍋です(笑)。
 ぜひお運び願います。

『講談カフェ昼席』

12/12(火)12/19(火)13:15
らくごカフェ(神保町駅A6・神保町交差点古書センタービル5F…ビル裏口エレベーターより・降りて左・千代田区神田神保町2ー3)
2000円(ワンドリンク付・ブログプリント割引なし)
12/12(火)いちか・神田真紅・神田あおい・神田織音(仲入り)「(赤穂義士銘々伝)赤垣源蔵徳利の別れ」神田愛山
12/19(火)みのり・神田こなぎ・一龍斎貞寿・神田春陽(仲入り)「(赤穂義士銘々伝)勝田新左衛門」神田愛山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


[PR]
by aizan49222 | 2017-12-05 11:15 | 愛山メッセージ


<< 神田愛山・柳家喬太郎二人会 《早耳情報》 >>